このページは白鳥川より転送されました。日本語表記規則についてはこちらを参照してください。

グランドゥイン

概要

カテゴリー地名
スペルGlanduin
その他の呼び名白鳥川(Swanfleet river)

解説

シンダール語で「境界の川、辺境川(Border-river)」の意。エレギオンの南の境界であったことからこの名で呼ばれた。
モリアの南方の霧ふり山脈に源を発し、西に流れ、サルバドの近くの平原で大沼沢地ニーン=イン=エイルフとなってミスエイセル(にびしろ川)と合流し、グワスロ(灰色川)となる。
フロド・バギンズ一行は帰りの旅でニーン=イン=エイルフを望む浅瀬を渡っている。

次の日一行は褐色人の国の北部にはいって行きました。そこは青々とした気持ちのいい土地でしたが、今はだれも住んでいませんでした。金色の昼と銀色の夜を伴って九月が始まりました。一行はのんびりと馬を進めてようやく白鳥川に着きました。そして滝の東に昔からの浅瀬があるのを見つけました。川はこの滝のところで急に低地地方に流れ下っていました。はるか西の方は、靄の中に湖沼や小島が横たわり、川はその間をくねりながら灰色川に注いでいました。一面に広がる葦の間には無数の白鳥が宿っていました。*1

終わらざりし物語』によると、上記の引用で「白鳥川」と訳されている原語のSwanfleet riverはriverの頭文字が大文字でないことが示すように、正確には「白鳥の沢(Swanfleet)へ流れ込む川」という意味である。

コメント

コメントはありません。 Comments/グランドゥイン

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: