物凄く久し振りのブログです。

さて、『指輪物語』をTVドラマ化するということについての交渉が始まっていると報じられています。

「ロード・オブ・ザ・リング」テレビドラマ化が進行中! – シネマトゥデイ

実写映画版『ロード・オブ・ザ・リング』はおおむね原作ファンにも評価は高かったですが、やはり映画であるがゆえカットされたシーンがあちこちにあり、「あれが見たかった」「これが見たかった」という人は、ドラマシリーズなら「トム・ボンバディルやホビット庄の掃蕩も見られるかも!」と、すでに期待しているようです。

ですが、私はそんな楽観的にはなれません。

なぜなら、既に映画版が高く評価されている原作を再度TVドラマでやるのですから、視聴者の期待値は高い。しかし視聴者はすでにストーリーを知っている。そのためストーリーを“原作完全再現”ではなく大きく変える可能性もあります。ですがその変えたシナリオが大不評になるかもしれません。どちらにしても原作から変えたら、原作派は不満でしょう。

さらに“現代劇ではない”というだけで撮影に多額のコストがかかります(登場人物や群衆のシーンが多いため衣装やメイク、セットだけですさまじい金額になる)。そうなると、完結する前に「採算が合わない」と、打ち切りになる可能性も高くなります。よくアメリカのドラマでは、“クリフハンガー(「この先どうなるの!?」というところでシーズンが終わる展開)でシーズンが終わった後、そのまま打ち切りになる”というパターンが非常に多いのです。特にSF作品など、撮影に費用がかかる場合は。

またアメリカのTVシリーズでは、“俳優と製作会社でギャラ交渉などの契約がまとまらず、次シリーズから俳優が突然降板する”というパターンもあります。アメリカのドラマで、唐突にキャラが死んだりストーリーから退場したりする時は大抵このパターンです。“同じ役をやり続けるのが嫌になった”、“別の作品にスカウトされた”などといった理由で降板するケースもあります。

そのうえこんな事件もありました。

「クリミナル・マインド」ホッチ役俳優がクビに! 撮影現場での暴行が原因

撮影現場の暴行でなくても、俳優が何らかの事件を起こしてしまったとか、事故に遭ったとか、さらには女性の場合妊娠したためにシリーズを降板というケースは非常に多いのです。そのためシナリオに修正を迫られる必要も多いのです。降板が早めに分かっている場合はマシなのですが、突然降板となると、本当にシナリオが唐突になります。

実は映画『ロード・オブ・ザ・リング』でも、ある俳優がクビになっています。それもなんとアラゴルン役が。

中つ国Wiki スチュアート・タウンゼンド

映画の場合、一度撮影に入ってしまえば俳優を拘束できますし、ある程度は時間も融通が利きます。しかしシーズンごとに判断を迫られるTVシリーズはもっとシビアです。

そんなわけで、少なくとも原作ファンはTVドラマには期待しない方がいいでしょう。そのほうが、成功したときの喜びも大きいですし……。

ちゃんとWikiのメンテナンスは(一応)やっていました。地図や系図がどのブラウザでも表示されないようにするにはどうすればいいかとか、地味にちょこちょこ頑張っていたんですよ。アクセス解析を見ると今ではPCよりもスマートフォンからの閲覧の方が多くなっていて、時代の変化を感じました。私はあまりスマホからのWebアクセスって好きじゃないんですけど、需要には対応せざるを得ず……。

そんなわけで(?)ブログの方はさっぱり放置していたのですが、とりあえずメモがてら、いくつか見つけた記事を張っておきたいと思います。

ロード・オブ・ザ・リングやホビットの登場人物のように「中つ国」のニュージーランドを旅する4つのプラン 15周年を記念して質問に答えると旅程を提案してくれるWebサイトや動画を公開 - トラベル Watch

今更言うまでもなくこのように、中つ国=ニュージーランドということにされてニュージーランド政府観光局は宣伝に使っている訳ですが……。

トールキンの空想の世界に着想を与えたスイスの風景 - SWI swissinfo.ch

中つ国は元来アフロ・ユーラシア大陸にあたるわけで、このように「なんでニュージーランドばかり“中つ国”で有名になっているんだこんちくしょー!」という怨念の籠もった記事もありました。

まあそれはともかく。

発見された「中つ国の建国スケッチ」と、トールキンの執念|WIRED.jp

ついでに動画を色々並べたのでさらに。『ロード・オブ・ザ・リング』1作目公開時、日本では“全3部作”という事実が隠されていたという話ですけど、ちゃんと根拠がありまして、当時の雑誌などを見ると1作目公開前は本当に触れられていませんでした。恐らくヘラルドが、その点についての記述のカットを求めたのでしょう。さらには、

これらの「3年がかりで映画公開するよ」というトレイラーの日本語版も作られなかったんですよね。そのため1作目を見て「え、ここで終わり?」ときょとんとしていた観客が大勢いたのを覚えています。

しかしあれからもう15年になるんですね……あの頃は私も若かった……。

さてそんな中、トールキンの伝記映画が作られるという話も正式に発表されましたが、日本での扱いはどうなるのでしょうか。

あと「私が死んでも中つ国Wikiは存続し続けるようにしたい」という計画ですが、全く目処が立っておりません。現在中つ国Wikiがあるレンタルサーバは名義を他人に譲渡できないし、フリーのWikiサイトでもいい移転先が見つかりませんし……。

J・R・R・トールキン本人が歌い、朗読する「指輪物語」|ギズモード・ジャパン
発見された「中つ国の建国スケッチ」と、トールキンの執念|WIRED.jp

まるで映画の世界!ホビット村にGO!@ニュージーランド
毎日が感動でいっぱい! アウトドア天国ニュージーランドの旅(その2) ホビットの世界へようこそ編 - トラベル Watch

「サウロンの目」の名を冠する脅威のスパイウェアが登場、国家レベルのスパイグループによる犯行の可能性も – GIGAZINE

冥王星、探査から1年でわかった5つの事実

ワーナー・ブラザースがステマ? ゲーム「シャドウ・オブ・モルドール」実況動画に米政府機関が指摘 - ねとらぼ

すっかり多忙で放置しており、中つ国Wikiのメンテナンス自体も遅れがちになっていますが、最近出てきたトールキン、中つ国関連のニュースを(自分のために)纏めておきます。トールキンとは直接関係ないものも混ざっていますが。

しかし『シャドウ・オブ・モルドール』のこの程度のものが政府から指導を受けるようなら、日本のゲーム宣伝は全て違反の対象になるステルスマーケティングそのものでしょうが(それでも『シャドウ・オブ・モルドール』は面白いゲームだと私は思っていますけど)。

ブログではご無沙汰です。何だかんだあって『決戦のゆくえ』の劇場公開すらブログではスルーしてしまいましたが……(一応Wikiのトップページの情報はちょくちょく更新しています)。

さて本題ですが、オーディオブック配信サービスFeBeより、「ブログで感想を書いて紹介してほしい」と、オーディオブック版『ホビットの冒険』のサンプルを頂きましたので、それについて触れたいと思います。

ちょっと古いネタですが、トールキンお気に入りの木が切り倒されることにという話で、実際にその木が切り倒される……というか解体されていく映像が公開されていました。

A giant falls: Tolkien窶冱 tree | Oxford Today

ミナス・ティリスの枯れた白の木のように、引っこ抜いてラス・ディネンに憩わせておくということはできないようで。自重に耐えられないほどボロボロですからね。

またニュージーランド航空が、新たな機内安全ビデオを公開していました。

そういえば『ホビット』製作費が史上最高の799億円になったそうですが、しっかり元は取っていますし、補助金の返済を求めたという話はどうなったのでしょう。

世の中、映画『ホビット』第2部のエクステンデッド・エディションの予約開始や第3部の予告公開のネタで盛り上がっておりましたが、そんなこととは全く関係ない、しかも旧聞を取り上げようかと思います。Twittterでは触れていたのですが改めて。

Tolkien’s favourite tree to be cut down – The Tolkien Society

エントに影響を与えたとされる、トールキンがお気に入りだったオックスフォードの木が、自然に枝が落ちてしまったため、安全のため切り倒されることになったという話です。リンク先には、大きな枝が自重に耐えられずに折れてしまっている動画が掲載されております。

『或る伝記』を読むと、トールキンが現実世界でも自然破壊を嫌ったこと、ある木が切られたことについて非常に悲しんだエピソードなどが書かれておりますが、この木は周囲の人間にとって危険だし、人間が居なかったとしてももう“老衰”してしまっていると言えるから仕方ないのですが、やはり寂しいですね。

もうひとつのお知らせです。現在、中つ国WikiはPukiWikiというシステムを、個人レンタルサーバで稼働させて使用しておりますが、このシステムは長らく開発が中断しております。特に2014年7月1日にはPHP5.3のサポートが終了しますが、PukiWikiはPHP5.4で動作しません。現行のPHPのままで運営することもおそらく可能ではありますが、セキュリティホールが発生するなどの問題を抱える可能性があります。

これについては、PukiWiki Advanceなどのシステムに移行すれば問題は解決しますが、懸念事項はそれだけではありません。

私の余命がもう幾ばくもないというわけではないのですが、現状の個人サーバ上でのWiki運営ですと、私が死ぬなどしたら中つ国Wikiはサーバごと消滅してしまうことになります。ここまでの情報量を持つに至った中つ国Wikiが、ある日突然消滅するのは大きな損失と言ってもいいと思います。

これを防ぐには、@wikiwikiwikiなどのレンタルWikiを使用し、複数人で共同管理するのが理想でしょう。そのためには現行の中つ国WikiのPukiWikiデータベースからデータを引っ越す必要があります。ですが、wikiwikiは現状、EUCのページからの引っ越ししか対応しておりません(中つ国WikiはUTF-8を使用しております)。@wikiへの引っ越しは現状でも可能ではありますが、URLが項目名から数字に変わってしまうため、現サイトからのリダイレクトが困難になるなどの問題があります。sWIKIは、規約上個人管理を前提としているようです。wikiaへの移行も可能ということですが、画像などの添付ファイルの移行が手作業になってしまいます。wikiwikiがUTF-8に対応してくれたら一番楽なのですが……。

そんなわけで「このWikiなら移行も簡単」もしくは「こうすればUTF-8のPukiWikiをEUCにしてwikiwikiに移行できる」などという情報がありましたら、提供願います。

引き続きお知らせです。

中つ国Wiki上で、キャラクターのボロミアおよびファラミアを、今までは“ボロミア二世”、“ファラミア二世”の項目名で登録しておりましたが、これを“ボロミア”、“ファラミア”に変更しました。理由は以下の通りです。

  1. 原作および海外サイトで、Boromir II、Faramir IIと記載されているところが見当たらない
  2. デネソール一世の息子ボロミア(以前の項目名は“ボロミア一世”)は執政職を継いでいるが、デネソール二世の息子ボロミアは執政職を継いでいないため、二世を名乗るのは不適当と思われる
  3. ゴンドールの王オンドヘアの息子ファラミアは執政家ではなく、デネソール二世の息子ファラミアとは直接の関係がない。

リンクなどはすべて置換したはずですが、もしおかしい点が残っていれば、修正ないし報告をお願いいたします。

映画やBDの発売情報などはWikiのほうで随時更新していたのですが、このブログの方はすっかりほったらかしになってしまっておりました。申し訳ありません。

すでにWikiのほうには書いているのですが、あらためていくつか重要なお知らせのために更新させていただきます。

現在Wikiに荒し対策のため、一部IPアドレスからのアクセス制限の措置を執らせていただいております。物語の一部キャラクターや展開についての価値観の押しつけ、その反論に対しての逆上的コメントを繰り返すユーザーがいるため、そのユーザーが使用していると思われるIPアドレスを特定し、アクセス制限を行っております。

IPアドレスによる制限という関係上、たまたま問題のユーザーと使用するプロバイダおよび地域などが同じというだけの人もブロックされてしまっていると思いますが、現行のシステムではこうするか、全面的に編集禁止にするかの選択肢しか思いつかなかったため、こちらの手段を執らせていただくことのしました。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

本来は、少しでも制限を緩和するため「特定のIPアドレスからのアクセスでは、閲覧はできるが編集はできない」という形にしたいのですが、pukiwikiでその方法を実現する手段がまだ発見できない、また今後pukiwikiからシステムを移行する可能性があるため未着手となっております。もしpukiwikiで、上記の方法を比較的簡単に実現する方法を知っている方がいらっしゃいましたらご教授ください。

また久し振りの更新です。

『ホビット 思いがけない冒険』のBD/DVDが発売されてからしばらくたちます。ご存じの通り、原作からは色々なアレンジが施されている映画のストーリーですが、今後どのようなストーリー展開が有り得るのかを妄想してみます。

13人のドワーフのうち、誰が死ぬのか?

原作では、『指輪物語』内でもドワーフの誰が生きているか触れられていますが、映画『ロード・オブ・ザ・リング』では、エレボールへの遠征に参加したドワーフの名前に触れられていないので、「生き残らないと矛盾する」ドワーフは、モリアで墓が発見されたバーリンだけです。逆に言えば、それ以外の12人のドワーフは、いつ誰が死んでもおかしくはないということになります。

そもそも映画の常識からすると、登場人物としてドワーフが13人もいることが異常であるため、ストーリーを盛り上げるため戦争映画のようにどんどんドワーフが死んでいく……ということも有り得るわけです。やりすぎると原作ファンから不評を買いそうですが、うまくやれば盛り上がる展開になりそうです。そもそも原作では、合戦シーンもろくに描かれていませんでしたから……。

サルマンの堕落はいつから?

原作では、五軍の合戦と並行して行われたドル・グルドゥア攻撃の時、サルマンは既に堕落していたことになっています。その一方でドル・グルドゥア攻撃に同意した理由は、サウロンが一つの指輪を捜索するのを妨害するためだったということが、追補編の年表などに描かれています。ですがこれを映画でそのまま説明すると単調になってしまいます。また小説『指輪物語』では、サルマンは一つの指輪を手に入れてサウロンに対抗しようとしていたことになっていましたが、映画『ロード・オブ・ザ・リング』ではサルマンは、サウロンの配下となったような形になっています。そのため、原作通りにするとおかしくなってきます。

一方で、映画であまり説明されていなかったパランティーアを『ホビット』に登場させることで、「なぜサルマンが堕落したのか」をスマートにわかりやすく描くことができます。つまり、「サルマンはドル・グルドゥア攻撃のときには堕落していなかったが、ドル・グルドゥアを攻撃した時、偶然パランティーアを発見する。そしてパランティーアを通じてサウロンに支配されるようになり、堕落してしまう」という形です。あるいはドル・グルドゥアで、サルマンと死人占い師が直接対面するのかもしれません。そう考えると、どのようにドル・グルドゥアが描かれるのかが楽しみになってきます。

魔王の没落がグロールフィンデル以外によって予言される?

恐らくドル・グルドゥアでは、魔王も搭乗すると思われます。原作では魔王は、アルノールにてグロールフィンデルに「人間の男の手(hands of man)」では倒されないと予言されたということが追補編に書かれていますが、映画『ロード・オブ・ザ・リング』ではその言及がありません。そのため、ドル・グルドゥア攻撃のシーンで、誰かの手によってこのセリフが言われるのかもしれません。

アフィリエイト

最近のコメント