花火(はなび)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルfireworks

解説

火と煙と光を用いた芸術。ガンダルフはしばしばホビット庄で余興として花火を披露し、その見事さは語り草となっていた。

ついぞない見事な打上花火は
空に青と緑の星々を散らした。
とどろく雷の後に金色(こんじき)驟雨(しゅうう)
吹雪(ふぶき)のように降りそそいだ。*1

ガンダルフはトゥック翁を訪問した折に花火を披露することがあり、当時少年だったビルボ・バギンズ夏至の前夜祭で打ち上げられた花火のことをよく覚えていた。だがトゥック翁が死に、ガンダルフの訪問が途絶えると、ホビット庄で花火が見られることもなくなった。
ビルボの111歳の誕生日では約80年ぶりにガンダルフの魔法の花火がふんだんに披露され、参列者達を大いに楽しませた。わけてもを模した打ち上げ花火はそのあまりの迫力に這いつくばる者もいたほどだった。

登場する花火の種類

きらきらきらめく小鳥たちが、美しい声で歌いながら群れをなして飛ぶ打ち上げ花火がありました。幹が黒い煙でできた緑の木々が現われ、その枝々は一瞬にたけなわの春が訪れたように若葉を広げ、色鮮やかに燃えたつ花々は、きらめく枝先からさんさんと散って、驚き呆れるホビットたちの頭上に降りそそぎ、そのあおむいた顔に正にふれんとして、甘い香りを残して消えてゆくのでした。また無数の蝶々が噴水のように吹き上げられて、羽根をきらめかせながら木々の中に消えてゆきました。また、さまざまな色(どり)の火の柱が立ったとみるや、それらはたちまち鷲になり、帆船になり、空飛ぶ一群の白鳥になりました。赤い雷雨があるかと思えば、黄色い夕立ちがありました。また銀色の槍が林立して、ふいに空中に現われ、陣営の(とき)の声が湧き起こったと思うと、やがて何百という熱せられた蛇のようにシュウシュウと音を立てて、の水の中に落ちていきました。*2

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

ビルボの誕生会のシーンで、ガンダルフが花火を披露する姿が描かれている。の花火は原作とは異なり、メリーピピンがいたずらで勝手に打ち上げる形となっている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 花火職人で、資金を稼いでいたとか?🎆 -- 2019-10-08 (火) 21:53:58
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: