タウリエル

概要

カテゴリー人名
スペルTauriel
種族エルフシルヴァン・エルフ
性別
生没年第三紀
配偶者なし

解説

映画『ホビット』に登場するオリジナルキャラクター。闇の森シルヴァン・エルフで、闇の森の王国の近衛隊長。
演じるエヴァンジェリン・リリーはインタビューで、このキャラクターの年齢は600歳だと語っているが*1、同じインタビューでリリーはスランドゥイルが3000歳、レゴラスが1900歳と発言しており、既存の設定との矛盾が見られる*2。さらに『決戦のゆくえ エクステンデッド・エディション』でピーター・ジャクソンは「たぶん1347歳くらい」とも発言している。だが映画劇中のセリフによると、少なくともタウリエルは600年はスランドゥイルに仕えているようである。

『竜に奪われた王国』にて初登場。タウリエルは、レゴラスから戦いの能力を高く評価され、好意を持たれていた。それが恋愛感情に至っているかは不明だが、スランドゥイルからは、シルヴァン・エルフであるタウリエルはシンダールのレゴラスの后にふさわしくないと釘を刺されていた。
タウリエルは、闇の森に迷い込んで蜘蛛に襲われていたキーリを偶然助け、彼に興味を持つ。その後、ボルグの率いるオークが森の王国を襲撃し、さらに牢から逃げ出したドワーフを追いかけて去って行くと、スランドゥイルの意に反し、オークを放置できないとして後を追うことにする。ナルザグが、キーリはモルグルの矢を受けたと言ったのが気になっていたのも理由のひとつだった。
その後レゴラスと共に、湖の町エスガロスまでオークを追っていったタウリエルは、矢の毒で容態が悪化しているキーリに再会。アセラスを使って、彼の治療を行う。

『決戦のゆくえ』では、スマウグがエスガロスを襲撃した時、バルドの子供たちや、エスガロスに残っていたドワーフと共に避難。スマウグが倒された後、エレボールへ向かおうとするキーリに共に来てほしいと言われ、愛していることを告げられるが断る。その時、キーリが自分の母から受け取ったというお守りの石を預かった。
その後はレゴラスと行動を共にして、グンダバドを偵察。グンダバドからオークの援軍がエレボールへ向かっていることを発見し、レゴラスと共にエレボールに戻る。
キーリの言葉は断ったものの、彼のことを非常に気にかけており、エルフの同胞がこれ以上死ぬのを避けるために五軍の合戦から撤退しようとするスランドゥイルに対して、弓を向けたほどだった。

その後、キーリと共にボルグと戦うが、タウリエルは負傷し、キーリは殺される。戦いが終わった後、タウリエルはお守りの石をキーリの手に戻し、キーリの埋葬を希望する。

画像

タウリエル

備考

映画よりも以前に製作されたゲーム『ホビットの冒険 ロード オブ ザ リング はじまりの物語』では、リアンナ(Lianna)という女性のエルフが登場し、ビルボの協力者としてタウリエルと似たような役割を果たしている。

グッズ

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • レゴラスは西方に旅立ってしまうわけだけどこの子シルヴァンエルフだし指輪関係ないから多分ずっと中つ国残ってたんだよね
    スランドゥイルがシンゴルをモチーフにしたキャラになってるのとは裏腹にカップリングが成就することはなさそう
    出ていくまでにあったかも知らんが -- 2021-06-28 (月) 02:32:59
    • 実は外の世界を知ったレゴラスにとってはタウリエルも退屈な存在になってたりして…。哀しい話だがあり得なくはないと思ってる。
      メタ的な話なら後付け創作だから仕方ないんだが、旅の仲間での賢人会議でもその後の旅でも一切そこら辺の影を感じさせないからな…レゴラス。 -- 2021-06-28 (月) 07:28:36
  • 最後に愛などいらないとか言ったところで「愛ゆえに人は苦しまねばならぬ!愛ゆえに人は悲しまねばならぬ!!」っていう聖帝様の言葉を思い出した -- 2021-06-30 (水) 15:01:22
  • どんな作品でも映像化でオリキャラ出してきたら大なり小なり批判はあるよ
    俺だって好きな小説の映像化でよくわからんキャラ出されたらなんだこいつってなるから -- 2021-07-12 (月) 16:15:12
  • 傷心のタウリエルがひょんな事から出会ったモブ乙女エルフとの交流を経て立ち直っていく百合風味な後日談を..... -- 2021-07-12 (月) 19:30:59
    • ガラドリエル様がみてる -- 2021-07-12 (月) 22:31:33
  • とりあえず出した感で用意されたにせよ、タウリエルの演技や戦闘時の所作などとっても魅力的に感じたので、俳優自身の努力もあって、ここまで印象づけられる(議論される)事になっているのかなと。 -- 2021-08-11 (水) 00:16:18
  • 映画版ホビットのキーリが(ドワーフとしては稀な事に)髭が薄くスマートで端正な容姿の男性という事は分かるのですが、
    タウリエルからすればそれこそキーリは赤子に見えるほど年の離れた存在であろうに、中々の熱愛ぶりを劇中で披露した事に当時から違和感がありました。
    中つ国の歴史上エルフの女性が他種族(主に人間)の男性と恋に落ちる事があった場合、その相手は例外なくヌーメノールの男性だったんですよね。
    ひょっとしたらホビットや指輪物語の遥か過去、ドワーフとエルフの交易が盛んだった時代に特別親しかったドワーフ男性とエルフ女性も居たのかもしれませんが…
    アラゴルンとアルウェンのロマンスにしても、アルウェンはアラゴルンが幼子だった時から立派な青年、人間の王になるまで何十年も交流してきた訳ですし。
    ドワーフがエルフに思慕の念を抱く事自体はあり得なくも無いですが、結局タウリエルがエルフには珍しい事にドワーフに恋愛感情を抱いた珍しい人だった、という事なのでしょうか。 -- 2021-08-12 (木) 11:08:47
    • それこそ成熟した大人同士に年齢はあんまり関係ないんじゃないかな
      相手が何歳だから子供ってなるのは子供の思考だし
      基本的に命無限なエルフならなおさら成熟した相手には相応の対応するでしょう -- 2021-08-14 (土) 08:49:13
      • エルフやマイアールなど長命な種族から見ると他の種族は未熟な所こそあれ若々しくすぐに成熟する面白みのある種族なのかもしれませんね。 -- 2021-09-06 (月) 23:18:04
  • ねじ込まれたロマンス、削られたスキンチェンジャー -- 2021-09-05 (日) 09:18:46
    • 正直ビヨルンは映画の尺でよかったかな。
      映画オリジナルを増やすんならグンダバドとかの描写がもっと欲しかったよ。 -- 2021-09-06 (月) 07:56:25
    • ビヨルンは演者が悪いんで -- 2021-09-06 (月) 18:19:33
  • タウリエルやアゾグをねじ込んだのはデルトロのアイディアだし、さらにスタジオの害悪な干渉やトラブルのせいでPJが割を食ったんだよなあ。エヴァンジェ・リリーも「タウリエルには恋愛要素はない」って前提で契約したけど騙されたって言ってたし。ちなみに、デルトロのアイディアだとアゾグはほとんど首なしニックみたいに頭がぶら下がってるゾンビになる予定だったり、デルトロはアイディアが奇抜すぎてクビになったけど、最初は興味なかったPJが仕方なく引き受けたけど6か月しか準備期間がなくてCG頼りで(原作ファンからしたら)余計なロマンスや改変なども既に変更できない状態にあった。 -- 2021-09-30 (木) 19:58:53
  • っていうか、タウリエルさん、最後はどうなったのでしょうか?キーリを失った悲しみが元で死んで、その魂はマンドスの館へと行ったのでしょうか? -- 2021-10-01 (金) 21:01:20
  • 映画版だとレゴラスの武術の師はタウリエルの可能性もあるが
    タウリエルの師匠は誰だったんだろう。
    武者修行とかしたのだろうか。 -- 2021-10-01 (金) 21:19:53
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: filevlcsnap-00048.jpg 958件 [詳細]
Last-modified: