ローハン

概要

カテゴリー地名
スペルRohan
その他の呼び名マーク(Mark)、騎士国(リダーマーク)(Riddermark)、ロハンド(Rochand)

解説

カレナルゾンに地にある人間の王国。王都はエドラス。緑地に疾駆する白いを紋章とする。
ローハンとはゴンドール人がこの国を呼ぶときに使う、「馬の国(Horse-country)」を意味するシンダール語での名*1。ローハンの人間は自らの国を「乗り手の辺境」の意である騎士国(リダーマーク)、あるいは単に「辺境」の意であるマークと呼んでいた(ただしこれらは古英語に訳された呼び名である)。

その国民はロヒアリムと呼ばれ、と心を通わせる優れた乗手として知られていた。
かれらは元々エオセオドと呼ばれ、アンドゥインの谷間の上流域や源流域に住んでいたが、2510年のケレブラントの野の戦いゴンドールを救援した返礼としてカレナルゾンの地を割譲されてその地に移り住む。以来、ローハンは独自の言語と文化を保持しつつ、ゴンドールの強力な同盟国であり続けた。

ロヒアリム(ローハン人)

かれらは自らのことを「エオルの家の子」とも呼んでいた。ロヒアリムの項目を参照。
自分達の古くからの言葉であるローハン語を保持し続けており、人名や地名などはローハン語で独自の名前を付けた。ロヒアリムの支配層は西方語を解した。

ローハンの軍制

エオレドの項目を参照。

ローハンの国土

白の山脈の北側にあるゴンドールの旧領土カレナルゾンの一帯を国土とする。
北の国境は霧ふり山脈南端のナン・クルニーアからファンゴルンの森の縁と、白光川だった。東の国境はアンドゥインの川筋、エミン・ムイル西端の崖(東壁)、エント川の三角州で、メリング川がゴンドールとの国境だったが、後にフィリエン森も実質的に含まれた。
南は白の山脈沿いで、そこにある谷間や渓谷も国土に含まれた。西の国境はアイゼン川とアドーン川だった。

ローハン平原と呼ばれる肥沃な平野部と、白の山脈の山麓である峻険な峡谷部に大別できる。普段のロヒアリムは各領地に分散して住み、平野部で農耕や牧畜を行っている。戦時になると、防衛に便利な山麓の砦に拠った。

登場する地名

ローハンの歴史

(編集中です。協力をお願いします)

マーク(ローハン)歴代の王

名前在位
初代(第一家系)青年王エオル第三紀2510~2545 (35年間)
2代ブレゴ2545~2570 (25年間)
3代長命王アルドール2570~2645 (75年間)
4代フレア2645~2659 (14年間)
5代フレーアウィネ2659~2680 (21年間)
6代ゴールドヴィネ2680~2699 (19年間)
7代デーオル2699~2718 (19年間)
8代グラム2718~2741 (23年間)
9代槌手王ヘルム2741~2759 (18年間)
10代(第二家系)ヒルドの息子フレアラフ2759~2798 (39年間)
11代ブリッタ2798~2842 (44年間)
12代ワルダ2842~2851 (9年間)
13代フォルカ2851~2864 (13年間)
14代フォルクウィネ2864~2903 (39年間)
15代フェンゲル2903~2953 (50年間)
16代センゲル2953~2980 (27年間)
17代セオデン2980~3019 (39年間)
18代(第三家系)エオメル・エアディグ3019~第四紀63 (65年間)
19代エルフウィネ第四紀63~?

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

エント川を境にして、西ローハン(西エムネト)と東ローハン(東エムネト)という2つの大きなエリアに区分けされている。

各地域の町や村落には周辺一帯の土地を領有する豪族(Thane)がいて、都から派遣された行政官(Reeve)が統括するという、アングロ・サクソン時代のイングランドに似た政治体制を敷いている。
その関係は日本の武家社会における国衆・地頭と大名や守護の関係にも似ている。
また、エオレドに属さない地方の軍団を統括するAldorという司令官職も存在する。

Rohan_Full.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんというか王都であるはずなのにエドラスがしょぼい…。ミナス・ティリスに劣るのはしょうがないとしても谷間の国や湖の町に規模で負けるってのはどうなんや…。 -- 2014-01-07 (火) 18:06:25
    • それはワシントンDCが神戸よりショボイのは変だとか言うようなものですよ。首府だからといって人口や密度が高いとは限りません。それは国の形態や求められている首府(町)の機能に依ります。ローハンは封建的な色合いが濃く、人口および支配者層が各領地に分散しているため、王都エドラスがそれほど大規模な建築を擁している必要がないのでしょう。一方で谷間の国や湖の町は、その一個の町が国土の全てである都市国家です。したがって人口密度は高くなり、多くの建築が狭い範囲に集中することで町としては規模が大きくなる必要がある。ということだと思われます。もっとも原作の記述からは、どちらの方が規模が大きいのかは明確には読み取れませんけれども。 -- 2014-01-07 (火) 19:24:39
    • 中つ国歴史地図では、直径1㎞前後だろうとしているので、原作では都市としてそこそこ規模があるようですよ。 -- 2014-01-07 (火) 21:49:00
      • へぇそうなんですか、映画は正直ローハンの国としての栄え様が騎士の数ぐらいでしか描かれなかったので物足りなかったです。 -- 2014-01-07 (火) 22:10:15
      • 直系一キロなら封建国家の首都としては十分な規模ですね。 -- 2014-01-18 (土) 12:09:27
      • 地図では城壁が真円状で、イスラム帝国時代のバグダードみたいでした。 -- 2014-01-19 (日) 17:55:59
      • 直径1キロ程度なら我々の基準なら村や小さな町の感覚なのですが。 -- 2018-01-03 (水) 13:31:51
      • 中世ヨーロッパが舞台なら、食料の生産性が低いから、人口の集中化は難しいのですよ。 当時はそれだけでも立派な都市ですね。 -- 2019-12-29 (日) 19:13:37
    • アングロサクソン時代の建物なんて余程重要なものでもない限り、基礎も作らず直接地面に柱を埋める掘っ立て式が殆どだったからね。水捌けが良ければそれで十分だし -- 2020-07-28 (火) 19:59:51
      • そもそもローマみたいに人家を密集して建てる事自体あんまりしなかったみたいだし -- 2021-02-22 (月) 20:37:21
  • 遊牧民だと思いこんでたのでカレナルゾン割譲の表現で??となった(故郷の妻子を呼び寄せた)遊牧民は一族も財産も持って移動するからなー -- 2014-02-20 (木) 02:56:10
  • 馬鍬谷は王の土地ではありません。ドゥンヘーレという領主がいます。ただし軍制では第一軍団長の管轄のようです。高地(ウォルド)は東エムネトの北部のこと(東エムネトに含まれる)らしいです。 -- 2015-09-18 (金) 00:05:55
  • 声の主はローハン騎手であった -- 2016-07-10 (日) 23:28:17
  • ローハンの人口は二十数万から三十数万だろうか。あまり戦争は詳しくはないのですが、国の一割までが戦争に割ける人口の限界らしいが、実際にしたら、何年と経たない内に国が潰れてしまう。働ける男手を全部兵士にするのはいくらなんでも考えられない。ローハンは無理して一万がやっとのことを考えたら、恐らく、その一万も含めて、国内の働き手となる男子総人口は最低でも五万から最大九万程度かな?あくまで大体こんなもんじゃね?というのであしからず。しかし、指輪戦争時における各国の人口はどうなってるのか気になる。 -- 2017-05-04 (木) 00:33:50
  • 一割が云々は定住民の話で遊牧民(半農半牧?)だと思われるロヒアリムはまた勝手が違う気もする -- 2018-04-18 (水) 04:28:08
  • もしエドラスにウルクハイが攻めて来たと考えると恐ろしい -- 2019-04-04 (木) 21:04:00
  • ローマとゲルマン王国は何でゴンドールとローハンみたいな二人三脚の関係になれなかったんだっけ? -- 2019-12-14 (土) 21:52:52
    • 勘違いしてるかもだがそういう理想的な共生関係にあったゲルマン諸族もいた。フン族もそれで西ローマから駆逐されてる。そもそも末期ローマ帝国ではゲルマン系出身じゃない将軍がほとんどいないレベルに双方は歪な形で依存しあっていた。ただ、ローマを軍事的に撃破し続けられるまでに成長したゲルマン諸国には、衰えたローマと恒久的な協力体制を築くメリットがそもそもない。ローマからの援軍も基本期待できないし。それよりは衰えて支配力の低下したローマ領を支配した方がよい。そもそもそうしないと、自分達に敵対的な諸族や国家に横取りされて敵が強くなっちゃうしね。結局、共生や協力は双方への敬意と必要性がないと成り立たない。 -- 2020-06-04 (木) 22:03:32
  • 先日CSで「アレキサンダー」見てて、ローハンとゴンドールの関係って古代のマケドニアとギリシア諸都市に相当するんじゃないかって考えが浮かんだ。ゴンドールに王が帰還せずグダグダになっていったら、そのうちローハンにフィリッポスやアレキサンダーが生まれて中つ国統一帝国を築いたかもしれない。 -- 2020-09-04 (金) 15:12:22
    • ・統一王国が弱体化し再び南北分裂が起きる一方、ドル=アムロスやイシリアンでは強大化や分立化が進捗する
      ・ハラドや東夷で強力な統一政権が誕生し、西方に攻勢に出る
      ・ローハンに英主が続き、国政・軍制改革や異民族撃退に成功する
      ・その英主に軍事的天才の息子が生まれる
      とかならあり得るかも。 -- 2021-02-17 (水) 07:11:47
  • てかローハンって国難の時期はわかりやすくても、最盛期がいつだったのかわかりづらいんだよな。
    (建国した時点で友邦ゴンドールは斜陽期だし)
    やっぱアルドールの治世?それともフォルクウィネ? -- 2021-02-17 (水) 07:20:52
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileRohan_Full.jpg 1781件 [詳細]
Last-modified: