(はせ)()

概要

カテゴリー人名
スペルStrider
異訳韋駄天、ストライダー
その他の呼び名長すね彦(Longshanks)*1、テルコンタール(Telcontar)

解説

アラゴルン二世ブリー郷での通り名。

「本当の名前はなんというのか、わしも耳にしたことがごぜえません。しかしこのあたりでは、馳夫(はせお)ちう名前で知られております。あの長え脚であちこち歩き回るからでごぜえます。もっともなんのためにそんなに走り回ってるのか、あの人は誰にも話しませんので。」*2

アラゴルンはフロド・バギンズたちと初めて会った時、この名前でバーリマン・バタバーから紹介される。そのため彼がエレスサール王として戴冠するまで、ほとんどずっとフロドら四人のホビットからはこの名で呼ばれた。

軽蔑の名

「旅人たちはわれらを見て顔をしかめ、里人たちはわれらを軽蔑の名で呼ぶ。ある肥った男からみれば、わたしは『馳夫(はせお)』なのだ。」*3

元々馳夫の名は、ブリー郷の民に不審がられて付けられたものであり、イムラヒルは主君と慕うアラゴルンがペレグリン・トゥックからこの名で呼ばれるのを聞いて不快感を示している。だがアラゴルン本人は比較的この呼び名を気に入ったらしく、自分の家系の名にしたいとイムラヒルに語っている。

「しかしもしわが家系が創立されたなら、その王家の名称は馳夫としよう。これも古代語でいえば、響きはそう悪くはない。わたしもわたしの直系の世継たちもみなテルコンタールを名乗ろう。」*4

訳について

馳夫は‘Strider’という原語を瀬田貞二が訳したもの。striderは直訳すると大股で歩き回る人の意。昆虫のアメンボを指す言葉としても使われる。

画像

寺島龍一作画による馳夫

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

劇場公開時の字幕では韋駄天と表記されていたが、DVDではストライダーに修正された。
日本語版では、劇中で"Strider"と呼ばれている場面も、ほとんどのセリフが「アラゴルン」に変更されている。

映画『ホビット』における設定

スランドゥイルが、旅に出るレゴラスに対し、ドゥーネダインの長アラソルンの息子として、ストライダーの名で知られている者(即ちアラゴルン)を捜せというセリフが出ている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 映画からはいったもので最初は「馳夫」の響きがイマイチだと思っていたのですが、今では「ストライダー」とするよりよほど良いと思えます。確かに「ストライダー」だとなんとなくカッコよく聞こえてしまうし。 -- 2017-12-02 (土) 19:06:57
  • 馳せ屋でもアリじゃないですか? -- 2018-01-14 (日) 22:10:55
  • エオメルが貧弱といったのは、4日で45リーグを踏破したことと比べれば平凡な名だという意味であって、ここでの侮蔑的な名であるということの例にあげるのは不適切だと思います。 -- 2018-01-14 (日) 22:33:08
    • その前にエオメルは、馳夫という名前は人間の名前ではない、とわざわざ口に出して言っています。森の奥方を魔女と言ってギムリを怒らせたりしているので、とても率直な騎馬人なのです。 -- 2018-01-18 (木) 18:02:20
    • ↑それはStriderは呼び名であって本名じゃないだろう、本名を名乗れ、という意味かと。 -- 2018-01-18 (木) 18:09:13
      • エオメルが率直に、馳夫よあんたは怪しい、名前も風体も出現の仕方もだ、と言うので正直にエルフの森からやってきたので貰ったマントがステルスになっていましたと返事したら、さらに奥方の魔法への言及を続けたでしょう。エオメルは全部怪しんでいるだけです。 -- 2018-01-18 (木) 22:25:41
      • ↑ですからそれとStriderの軽蔑性は無関係でしょう、と言っています。エオメルが「人間の名前ではない」と言ったのは本名を名乗れという意味だし、「貧弱な名」と言ったのは健脚を賛美してのことで、記事本文でしているようにStriderという呼び方自体が軽蔑的であることの例証にこの場面を挙げるのは不適切です。 -- 2018-01-18 (木) 23:43:43
      • ↑貧弱な名前と言う直前に、アラソルンの子息よという呼び方をわざわざしているでしょう!これは相手の出自を最大限に承認している言い方です、つまりあとに続く馳夫という呼び方があまり良くないからこういうバランスのとり方をせざるを得ないわけです。 -- 2018-01-19 (金) 10:11:51
      • ↑それは健脚を称える気持ちから丁重な呼び方をしただけだと思いますが。他の「○○の子××よ」の用例も全て単独で丁重な呼びかけであって、この場面であえてStriderとの対比を読み取るのは無理があるかと。 -- 2018-01-19 (金) 18:22:28
      • 久しぶりに見たらまた消されていたので書いておきます。エオメルもイムラヒルも王族の人間(ここ重要)であり馳夫という名前に否定的な見解を持っていることを知った上でアラゴルンはこれを王朝の名としたのです。ここを分かってないのならもう何も言うことはありません。 -- 2018-04-07 (土) 17:45:55
      • ↑ですからエオメルは馳夫という名前に否定的な見解を示しているとは読み取れないと何度も申し上げています。二人の王族の見解が云々という読解が成立するためにはまずエオメルが否定的な見解を示したという前提事実が必要ですが、あなたはその前提を全く説明できていない。したがってアラゴルンが二人の王族の見解を受けたなどという仮定も成立しません。あなたの発言は始終、仮定の結論を根拠に前提の成立を説明しようとするものばかりで、全く意味を成していません。そういうのを論点先取りと言います。 -- 2018-04-07 (土) 18:17:33
      • 貧弱というわかりやすい表現に、否定的な見解がこもってないと言いはるのは止めてください。 -- 2018-04-08 (日) 01:41:57
      • ↑ですからそれは比較で貧弱と言っているのであって馳夫そのものの侮蔑性ではないでしょうと言っています。渾名が「力持ち」の人が車二十台持ち上げるのを見た誰かが「これは力持ちなんてもんじゃない…」と言ったとしたら、「力持ち」が侮蔑語ということになるんですか?ならないでしょう。あなたが言ってるのはその程度のことです。 -- 2018-04-08 (日) 22:10:37
    • 草稿ではStriderの名は元々はTrotterであり、エオメルはローハンの踏破に対し「Trotterの名もそう悪くはなさそうだ('It seems that the name of Trotter was not so ill given,')」と評している。いかにも馬好きの民族らしい。 -- 2018-04-08 (日) 17:37:35
  • 最初違和感しかなかったけど自己暗示かけてたら気にならなくなった 多分皆そんな感じ -- 2018-02-25 (日) 10:16:53
    • そんなものでしょう。 -- 2018-03-19 (月) 13:40:01
  • 日本の時代背景的に昔は馳夫でよかったが今はそぐわないな.しかたない -- 2018-10-07 (日) 08:29:23
    • ホビットたちが言う”馳夫さん”が持ってる親しみとかなんかそんなようなものは、いまでも十分通じる気がする -- 2020-02-08 (土) 21:52:27
  • トロッターかぁ トレッカー トレッキー… -- 2018-10-21 (日) 17:57:33
  • ヒーロー性もありながら、揶揄する感じで、大股の…又三郎… -- 2019-10-21 (月) 07:07:11
  • 馳夫はあたらしい日本語になるチャンスがあったのになw 切ない -- 2019-11-24 (日) 00:58:19
  • ストライダーと呼ばれた只人の王か -- 2019-12-02 (月) 16:19:17
  • 馳せよ馳夫 -- 2020-02-08 (土) 22:07:11
お名前:
Last-modified: