(はせ)()

概要

カテゴリー人名
スペルStrider
異訳韋駄天、ストライダー
その他の呼び名長すね彦(Longshanks)*1、テルコンタール(Telcontar)

解説

アラゴルン二世ブリー郷での通り名。

「本当の名前はなんというのか、わしも耳にしたことがごぜえません。しかしこのあたりでは、馳夫ちう名前で知られております。あの長え脚であちこち歩き回るからでごぜえます。もっともなんのためにそんなに走り回ってるのか、あの人は誰にも話しませんので。」*2

アラゴルンはフロド・バギンズたちと初めて会った時、この名前でバーリマン・バタバーから紹介される。そのため彼がエレスサール王として戴冠するまで、ほとんどずっとフロドら四人のホビットからは「馳夫さん」と呼ばれて親しまれた。

軽蔑の名

「旅人たちはわれらを見て顔をしかめ、里人たちはわれらを軽蔑の名で呼ぶ。ある肥った男からみれば、わたしは『馳夫』なのだ。」*3

元々馳夫の名は、ブリー郷の民に不審がられて付けられたものであり、イムラヒルは主君と慕うアラゴルンがペレグリン・トゥックからこの名で呼ばれるのを聞いて不快感を示している。だがアラゴルン本人は比較的この呼び名を気に入ったらしく、自分の家系の名にしたいとイムラヒルに語っている。

「しかしもしわが家系が創立されたなら、その王家の名称は馳夫としよう。これも古代語でいえば、響きはそう悪くはない。わたしもわたしの直系の世継たちもみなテルコンタールを名乗ろう。」*4

訳について

馳夫は‘Strider’という原語を瀬田貞二が訳したもの。striderは直訳すると大股で歩き回る人の意。昆虫のアメンボを指す言葉としても使われる。

画像

寺島龍一作画による馳夫

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

劇場公開時の字幕では韋駄天と表記されていたが、DVDではストライダーに修正された。
日本語版では、劇中で"Strider"と呼ばれている場面も、ほとんどのセリフが「アラゴルン」に変更されている。

映画『ホビット』における設定

スランドゥイルが、旅に出るレゴラスに対し、ドゥーネダインの長アラソルンの息子として、ストライダーの名で知られている者(即ちアラゴルン)を捜せというセリフが出ている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • トロッターかぁ トレッカー トレッキー… -- 2018-10-21 (日) 17:57:33
  • ヒーロー性もありながら、揶揄する感じで、大股の…又三郎… -- 2019-10-21 (月) 07:07:11
  • 馳夫はあたらしい日本語になるチャンスがあったのになw 切ない -- 2019-11-24 (日) 00:58:19
  • ストライダーと呼ばれた只人の王か -- 2019-12-02 (月) 16:19:17
  • 馳せよ馳夫 -- 2020-02-08 (土) 22:07:11
  • 某大河ドラマを見ていたから、韋駄天って訳も捨てがたい気がする。あのテーマ曲と共に「スッスッハッハッとメリーとピピンを連れ去ったオークたちを追いかける絵が浮かぶけど。 -- 2020-07-07 (火) 17:28:33
  • 馳夫は せおいなげをはなった! -- 2020-07-07 (火) 18:23:30
  • 馳夫「充電させてもらえませんか?」 -- 2020-07-12 (日) 13:50:51
    • やだあの人毎日唐揚げ弁当買いに来る、からあげくんと呼ぼくらいの蔑称 -- 2020-10-02 (金) 13:12:01
      • 「わたしはからあげくんであり、課長でもある。そしてトヨタとローソンの両方に属しているのだ。」 -- 2021-01-06 (水) 04:12:52
  • はせを蔑称説もすごい議論の原因になってたぞ。力の指輪とか強さ談義とかと変わらんレベルで。 -- 2020-10-02 (金) 18:48:28
    • 別称説も何も作中で明らかに別称として使われている -- 2021-02-23 (火) 10:04:14
  • 韋駄天は仏教用語だからファンタジーの翻訳語としてはいまいち -- 2020-12-10 (木) 13:20:54
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: