バルログ

概要

カテゴリー種族
スペルBalrog
その他の呼び名ヴァララウカール (Valaraukar)*1、恐怖の悪鬼 (demons of terror)

解説

シンダール語で「力強き悪鬼(Demon of Might)」の意。クウェンヤではヴァララウカール。
上古の世に冥王モルゴス(メルコール)に仕えた堕落したマイアールの一団のことで、単体の固有名ではない。

そしてメルコールは、ウトゥムノにあって、悪霊共をまわりに集めていた。かれの勢威赫々(かくかく)たる時に真っ先にかれに追随し、その堕落の時にあっては最もかれに似るに至った精霊たちである。かれらの心は火でできているが、まとうものは暗黒であり、恐怖がかれらの露払いをした。そしてかれらは、炎の鞭を持っていた。中つ国では後に、かれらはバルログという名で呼ばれた。*2

第一紀のバルログ

ゴスモグを首領としたバルログはモルゴスの強力な召使いであり、数々の戦いにおいて猛威を発揮した。
ランモスウンゴリアントの糸に絡め取られたモルゴスを救出し、ウンゴリアントを追い払ったのもバルログであった。

ダゴール=ヌイン=ギリアスにおいてはフェアノールを殺害した。ダゴール・ブラゴルラハおよびニアナイス・アルノイディアドにおいては、と共にモルゴス軍の主力部隊の先鋒をなし、常にエルフの守りを打ち破っている。ゴンドリンの没落でも大きな役割を果たしたが、エクセリオングロールフィンデルと相打ちになる者もあった。

怒りの戦いで、ほとんどのバルログは滅ぼされた。

ドゥリンの禍

バルログの生き残りの1体は、霧ふり山脈の奥深くに逃れて眠っていた。
第三紀1980年、余りにもモリアを深く掘り進めていたドワーフによって、このバルログが解き放たれてしまう。その際モリアの王ドゥリン六世が殺された為、このバルログはドゥリンの(わざわい)(Durin's Bane)と呼ばれるようになった。ドゥリンの禍は、翌年1981にはドゥリン六世の後継であるナイン一世をも殺し、生き残ったドワーフ達はモリアから逃れる。
以後、ドゥリンの禍はモリアの深層に潜み続け、やってきたオークトロルを恐怖によって支配した。

第三紀3019年(大いなる年)に指輪の仲間がモリアを通過しようとした時、ドゥリンの禍は深層から姿を現し、ガンダルフと対峙した。ドゥリンの橋で対面した両者は諸共に奈落へと落ちたが、そのまま地の底から無限階段を通ってケレブディルの頂に至るまで戦い続け、とうとう白昼の青空の下、ドゥリンの禍は山腹から投げ落とされて滅ぼされた(山頂の闘い)。

外見

そしてその後ろから何かがやって来ました。それがなんであるかは見えませんが、大きな影のようでその真ん中に黒い姿がありました。人間の形をしたもののようですが、人間よりずっと大きかったのです。力と暴威がその者の中に存在し、またその者の露払いをしているように思われました。
その者は火のきわまでやって来ました。火はまるで雲がかぶさってきたかのように、光がうすれました。ついでその者は一跳びで割れめを越えました。焰は迎えるようにごうごうと燃えたけり、それにからみつきました。黒い煙が渦を巻いて立ち上がりました。たなびく(たてがみ)に火がついて、その者の背後に赤々と燃え上がりました。その者の右手には切先鋭い火の舌のような刃が握られ、左手にはたくさんの革紐のついた鞭が握られていました。*3

バルログは一般に炎の鞭を持っていた。バルログの王ゴスモグは黒い(まさかり)を用いており、ドゥリンの禍は上述のように右手には火の剣を、左手にはたくさんの紐のついた鞭を持っていたとある。
ドゥリンの禍はしばしば炎を身に纏いまた吐き出すこともできたようだが、一方でガンダルフとの戦いで水に落ちて火が消えた際にはぬるぬるしたものに変化するなど、ある程度可変的な肉体を持っていたらしい描写もある。

バルログと「翼」

ガンダルフに面と向かって、敵はふたたび立ち止まりました。そしてその周りを包む黒い影が二つの巨大な翼のようにさし伸ばされました。

その中の火は消えるかのように思われましたが、それを取り巻く影はいよいよ色濃くなりました。それはゆっくりと足を踏み出して橋にさしかかりました。そして不意に体をまっすぐに伸ばして雲つくほどの高さになり、その翼を壁から壁に届くほど広げました。*4

ドゥリンの禍は上の引用にある通り、巨大な翼のような何物かを備えていたが、これがはたして実際に「翼」であるのか、それともバルログ本体を取り巻く影か雲のようなものの比喩表現であるに過ぎないのかは、文中からは明確ではない。付言するなら、バルログは飛行できるのか、というのはファンの間でしばしば議論されてきた疑問である。
飛行については、ウンゴリアントに襲われたメルコールを助けに駆けつけた際、バルログ達は火を吐く嵐の如くアングバンドからランモスまでの距離を短時間で通過しており、これを飛行能力の証左と見る向きもある。一方で、明確に落下したという記述(グロールフィンデルと相打ちになって崖下へ転落する、ガンダルフに橋を砕かれて奈落へ転落する、ケレブディル山頂から投げ落とされる)も多く、飛行できるのであれば何故そうしなかったのかという問題もある。
翼があるとするかどうかは描く画家によってもまちまちである。一例としてジョン・ハウは一貫して翼があるものとして描いており、彼のデザインに準拠した映画版『ロード・オブ・ザ・リング』でも翼がある姿で登場した。

グッズ

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

モリアの奥底に落ちて炎を失い、スライム状になったバルログも登場する予定でデザイン案も存在するが、尺と予算の問題によりカットされた。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるバルログ

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

アングマールの奥地に、サウアラックという名のバルログが登場する。

ジラグジギル(ケレブディル)では、ガンダルフによって倒された「ドゥリンの禍」の死骸が確認できる。
またドワーフの物語の回想として、「ドゥリンの禍」がモリアで解放される場面などが描かれている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、モリアで解き放たれたドゥリンの禍 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、ジラクジギルに墜落したドゥリンの禍の死体 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるサウアラック

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ガンダルフがモリアでバルログだって言っていたけど、ってことはガンダルフは以前にもバルログと遭遇し、戦ったことがあるのかな? -- 2019-02-12 (火) 21:21:45
    • バルログは上古のエルフに恐れられたため伝承に残り、賢者であるガンダルフも伝承を通して知っていたのです。レゴラスも同様にして知っていました。 -- 2019-02-12 (火) 21:47:57
      • やっぱりバルログは最強ですね。竜族も若竜(成人してない)頃は通常の武器で普通に倒せちゃうし。ゲームにも必ずバルログ出てきますもんね!!海外でもバルログ派が多いみたいです -- 2019-04-30 (火) 10:17:52
      • そうなんですよね‼️バルログはエルフ族が唯一恐れる太古の魔物という設定もありますからね‼️あのエルフ族が恐れるって相当ですよね -- 2019-04-30 (火) 10:26:08
    • ガンダルフは元々アマンの住民だし、中つ国に派遣されてからも伝承や情報の接収には余念がなかったろうから、知ってても何ら不思議はなかったがな。もっとマイナーな存在すら知ってるんだからさ。 -- 2019-02-12 (火) 22:17:27
  • ドゥリンの禍ってなんで何十年もモリアに引きこもってたんだろ。あれで意外と静かに暮らしたいタイプなのかな -- 2019-02-15 (金) 10:49:09
    • まあ、元々は善の火の精霊でしたからね。 -- 2019-04-27 (土) 10:45:24
    • あの巨体で体育座りしてずっと引き篭ってると思うとシュールすぎる -- 2019-06-13 (木) 21:51:05
      • ドワーフが掘り当てるまでは巨大な繭とか羊膜みたいなものに包まれて眠ってたようなイメージ。ゲル状に変化できる設定からして、何かよく分からない肉塊みたいな状態だったのかもしれない -- 2019-06-14 (金) 00:11:53
      • ゾルログとゲルログ -- 2019-06-14 (金) 00:22:04
      • オークたちの騒動を調停したり、名前も持たぬ者たちと井戸端会議(実際に井戸があることから)したり、地底世界もなかなか賑やかなのかもしれません。自分の中では、ドワーフが掘り当てるまでは、怒りの戦いで倒されて普通に石像として岩盤に埋まっていたイメージです。 -- 2019-06-14 (金) 19:42:44
      • 思うに、見つけたドワーフたちは好奇心に負けてバルログを研究なり実験なりしようとしたんだと思う。で、その結果起こしちゃったと。SF映画でよくあるパターンだね。 -- 2019-06-14 (金) 23:33:04
      • 掘り出してすぐ目覚めて暴れだしたのでもない限りは、再度埋め戻した後、固く封印して近づかないようにする事もできたんだろうけど、ドワーフならやりかねない -- 2019-06-14 (金) 23:35:22
    • 神族からしたら何十年ってちょっと休憩中やろ サウロンに合流する気なかったのか単に外の状況が分からなくて引きこもってんのか -- 2020-03-17 (火) 19:24:59
  • バルログ軍団の長にゴスモグって居ましたけど、通常のバルログと比べ体長も大きいのでしょうね?多分強さも格が上なんですかね? -- 2019-06-23 (日) 13:16:37
    • でしょうね。バルログ自体がどうもサウロンに比べて脳筋連中の固まりだし、仮にいかにゴスモグが用兵や統率に優れていようが腕っぷしで周りのバルログに勝っていなければ彼等を従わせるのは難しいのでは。 -- 2021-02-02 (火) 07:37:29
    • ゴスモグは初期案ではモルゴスの息子という位置づけだった。その設定は没になったけど地位はそれを引き継いでいる -- 2021-02-04 (木) 09:01:53
  • 上にもあるけどドゥリンの災いってなんでモリアに引きこもってんだろうな、東側の外でドワーフとの戦争もやってるのに総大将はオーク。モルゴス軍では副官のサウロンの方がヒラのバルログから見れば立場は上だけど、モルゴスがいない今元は同格のマイアだから素直に従わないとか?サルマンみたくモリアを支配する同盟者みたいな立ち位置になってたのかな。 -- 2019-06-25 (火) 16:37:54
    • 勤め先の大不祥事に巻き込まれ、それから逃げる形で地方ののんびりした拠点で雌伏と休養をはかっている間に、元々差をつけられてた同期の出世頭が会社を牛耳ってて本社に行くとそいつからアゴでこき使われる。かといってライバル会社も大嫌いで転職もしたくない。そんな元エリートの悲哀なのかもしれない。 -- 2020-07-19 (日) 10:29:59
  • ガンダルフ決着戦について。 ■本編収録 ガンダルフの戦いは谷底への落下中から始まっていた。剣を手に取り、もがくバルログに取り付きその刃を振り落とした。間もなく最下層に沈む池に落ちた。 ↓ 階段の先は雪山の先端に競りだした塔の先端で終わっていた。そこが戦いの最後の舞台だった。ガンダルフは激闘の末にバルログを打ち倒し、山腹へと叩き落して滅ぼす。 本編では、橋から落ち、闘いを続け塔の先端で決着をつける。というシーンに短縮されているが、中間の戦闘が作られていない。 谷底に向けて両者落ちながら闘い、池に落ちる。池から這い出して、バルログを包む炎は消えてスライム・バルログに変わった。 両者池から這い出し、戦いの舞台は地底からのびる階段へと場所を移しどこまでも続いた。バルログもその戦いの最中に力を取り戻し、体から業火を噴出させた。 この中間の戦闘を映像化したかったが、映像化すると、CGを使うので700万かかるうえに、本編が4時間を越えてしまうので、都合上作られなかった。ただ、時間とお金さえあればぜひ映像化したかったんだけどね😅って言ってた -- 2019-08-23 (金) 01:20:14
  • DVDに収録されていたバルログ映像化の監督や技術スタッフのインタビューです。 -- 2019-08-23 (金) 01:21:55
  • ゲームにタルゴロスって言うオリジナルのバルログが登場するけど大きさは何mくらいなんだろうか?また、映画のドゥリンの禍と比較すると、明らかにドゥリンの禍の方が大きいが、タルゴロス、ドゥリンの禍ってどっちが強いのかな? -- 2019-10-03 (木) 00:43:29
  • タリオンの7〜6倍くらいに見える でもタリオンの身長が分からないからな 13m~15mくらいかな実際は -- 2019-10-04 (金) 00:27:10
    • タルゴロスとドゥリンの禍ってどっちが強いの? -- 2019-10-11 (金) 00:16:39
    • 質問がいくつかあるのですが、①ゴスモグの強さと大きさは?②サウアラックの大きさや強さは? -- 2019-10-11 (金) 00:27:05
  • 翼よりも角の有無の方が気になる。翼と違って存在を匂わせる記述すらないのにプロアマ問わずどの画家も角の生えた姿に描いてる。この共通認識はどこから来たのか -- 2020-05-07 (木) 01:08:34
    • 悪魔に決まってるやン -- 2020-05-07 (木) 03:20:55
    • 記述を見る限りはむしろ末弥絵のアークデーモンとか?だがデーモンライクなものならば映画の表現で何の問題もない。 -- 2020-05-08 (金) 19:03:06
  • 同じマイアなのにイスタリ連中と比べても全然知能を感じないよな。ゴスモグですら司令官を務めているとはいえ、切れ者という印象はない(他のバルログと違って冷徹なイメージはあるが)。それとも実際には言葉も話せるし、呪文の類も使えるのだろうか。 -- 2021-01-21 (木) 07:55:31
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: filevlcsnap-00036.jpg 3113件 [詳細] fileScreenShot00056.jpg 3684件 [詳細] fileScreenShot00117.jpg 3960件 [詳細]
Last-modified: