#author("2020-02-12T04:30:46+09:00;2019-12-30T20:51:55+09:00","","")
#author("2020-02-12T04:42:11+09:00;2019-12-30T20:51:55+09:00","","")
* 黒門の戦い [#k37d47a6]

#contents

** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[歴史・事件]]|
|~スペル|Battle at the Black Gate|
|~その他の呼び名|黒門前の戦い (Battle before the Black Gate)|

** 解説 [#Explanation]

[[第三紀]][[3019年>大いなる年]]3月25日に行われた、[[指輪戦争]]の事実上の決戦となった戦い。
[[ゴンドール]]や[[ローハン]]の軍勢からなる[[西軍]]が、[[指輪所持者]]の任務を[[サウロン]]から隠すため[[黒門]]に陽動攻撃を仕掛け、[[モルドール]]の軍勢がこれを迎撃した。サウロンは黒門を開いて、モルドールの軍勢をはじめ[[ハラドリム]]や[[東夷]]などの属国からなる大軍を解き放ち、[[燃えかすの山]]に西軍を包囲。絶対的多数の敵を前に、西軍は絶望的な状況となる。だが合戦の最中に指輪所持者が[[一つの指輪]]を破壊したことでサウロンの力は消滅、サウロンの意志に動かされていたモルドール軍も狼狽して総崩れとなり、西軍は逆転して勝利を収めた。

*** 参戦国、勢力 [#kd7637a9]

:[[西軍]]|[[ゴンドール]]、[[ローハン]]、[[北方の野伏>野伏]] &br; [[大鷲]]

:モルドールとその属国|[[オーク]]、[[トロル]]、[[東夷]]、[[ハラドリム]] &br; [[ナズグール]]、[[恐るべき獣]]

** 戦況 [#meb4fa6b]

***開戦に至るまで [#yd9414d3]

>わしらは[[指輪>一つの指輪]]は持っておらぬ。&ruby(えいち){叡智};の&ruby(きわ){極};みか、大愚の果てか、それは消滅させられるべく遠く送られた。わしらを消滅させることを恐れてな。これがなければ、力で[[かの者>サウロン]]の力を敗ることはできぬ。じゃがわしらはいかなる犠牲を払ってもかの目をかれの真の危険から引き離しておかなければならぬ。わしらは武力で勝利はかちとれぬが、武力によって[[指輪所持者]]に&ruby(ゆいいつ){唯一};の可能性を与えることはできる。たとえそれがおぼつかないものであってもな。((『[[指輪物語]] [[王の帰還>指輪物語/王の帰還]] 上』「九 最終戦略会議」 [[ガンダルフ]]の言葉))

[[角笛城の合戦]]と[[アイゼンガルド]]の陥落によって、[[パルス・ガレン]]で捕らえられた[[ホビット]]([[メリー>メリアドク・ブランディバック]]と[[ピピン>ペレグリン・トゥック]])は救出され、さらに[[オルサンク]]の[[パランティーア]]が[[アラゴルン二世]]の手に渡る。アラゴルンは[[指輪所持者]]から[[サウロン]]の目を逸らすためパランティーアを用いて彼に挑戦、[[鍛え直された剣>アンドゥリル]]を示して自らの素性を明らかにした。
これに怒り焦ったサウロンは[[ペレンノール野の合戦]]を起こしたが、予定を早まった攻撃であったためにモルドール軍は[[ゴンドール]]と[[ローハン]]の軍勢によってかろうじて撃退された。

'''かれ(サウロン)から[[宝>一つの指輪]]を[[奪った剣が鍛え直された>アンドゥリル]]。偶然の風向きの変化はわが方に幸いした。[[かれの最初の攻撃は思い設けぬ敗北に終わり>ペレンノール野の合戦]]、[[総大将>魔王]]が滅びてしもうた……'''((同上))というこの一連の事態に、サウロンは[[一つの指輪]]が[[ゴンドール]]に拠る大将たちの手に落ちたとの疑いを強くする。
'''かれ(サウロン)から[[宝>一つの指輪]]を奪った[[剣が鍛え直された>アンドゥリル]]。偶然の風向きの変化はわが方に幸いした。かれの[[最初の攻撃は思い設けぬ敗北>ペレンノール野の合戦]]に終わり、[[総大将>魔王]]が滅びてしもうた……'''((同上))というこの一連の事態に、サウロンは[[一つの指輪]]が[[ゴンドール]]に拠る大将たちの手に落ちたとの疑いを強くする。
他者が一つの指輪に込められた力を完全に使いこなすには習熟期間が必要であり、さらに指輪を手にする者は一人であるため、必ずその所有権を巡って権力闘争が起こるはずであった。敵の手に落ちた指輪をサウロンが奪い返せる望みは、その機会を突けば指輪がサウロンを助けるかもしれないという点にあった。そのためサウロンはゴンドールの動静に全注意を集中させる。

実際には[[一つの指輪]]はモルドールに送り込まれており、次に予想されるさらに大規模な攻撃に耐える力はもはや[[ゴンドール]]と[[ローハン]]には残されていなかった。
武力によってサウロンを打倒することはできず、望みは[[指輪所持者]]の任務達成にしかないと看破する[[ガンダルフ]]は、指輪所持者からサウロンの注意を逸らし続けるためには自分達が囮となり、[[黒門]]に捨て身の陽動攻撃を仕掛けるしかないと提案。[[アラゴルン二世]]、[[イムラヒル]]、[[エオメル]]、[[エルロンドの息子]]ら''西軍の大将たち''はこの提案に同意する。

[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]に残る守備隊は[[アングボール]]率いる[[辺境の諸侯国]]の援軍4000人で増強され、さらに[[エルフヘルム]]率いる[[ローハン]]軍の主力騎兵3000騎が[[アノリアン]]から来る敵を[[西街道]]で待ち伏せするために残された。
[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]に残る守備隊は[[アングボール]]率いる[[辺境の諸侯国]]の援軍4000人で増強され、さらに[[エルフヘルム]]率いる[[ローハン]]軍の主力3000騎が[[アノリアン]]から来る敵を[[西街道]]で待ち伏せするために残された。

大将たちは割ける限りの総勢7000名を連れて出立する。[[アラゴルン二世]]が諸侯国の兵からなる2000人を、[[イムラヒル]]が[[ドル・アムロス]]およびミナス・ティリスの兵からなる3500人を、[[エオメル]]が[[馬]]を失った[[ロヒアリム]]を500人を組み、エオメル自身は麾下の500騎の騎兵を率い、それとは別に[[エルロンドの息子]]たちと[[北方のドゥーネダイン(野伏)>野伏]]、ドル・アムロスの騎士たちが加わった500騎の騎兵があった。つまり徒歩の兵が6000人で騎馬の兵が1000騎だが、これは行路の足場の悪さを考慮してのことだった。
[[ガンダルフ]]、[[レゴラス]]、[[ギムリ]]、[[ピピン>ペレグリン・トゥック]]、[[ベレゴンド>ベレゴンド(バラノールの息子)]]らもそれに加わっている。だが[[メリー>メリアドク・ブランディバック]]は[[黒の息]]の負傷が癒えたばかりだったため、ミナス・ティリスに残された。

*** 西軍の行軍 [#gd171930]

>もしこれが茶番劇なら、笑うにはあまりにも痛切すぎる。いいや、これは五分五分の大熱戦に最後に進める&ruby(こま){駒};なのだ。そしてどちらが勝ったにしろ、これがゲームを終了させるのだ。((同上 最終戦略会議後の[[アラゴルン>アラゴルン二世]]の言葉))

[[西軍]]は[[3019年>大いなる年]]3月18日に[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]を出立。[[オスギリアス]]から[[アンドゥイン]]を渡り、翌19日には前衛部隊が[[モルグル谷]]に達して[[モルグルドゥイン]]川の橋を落とすとともに、[[死の原>死の花々]]に火を放つ。さらに[[十字路]]には東の[[モルグル峠]]や南からの攻撃に備えて、土地勘のある射手からなる強力な守備隊を残した。21日には西軍は[[イシリアン]]で、[[オーク]]と[[東夷]]の強力な分遣隊にはじめて攻撃されたが、[[ヘンネス・アンヌーン]]の[[マブルング>マブルング(ゴンドール)]]の偵察隊から警告を受けていたため首尾よく撃退した。しかしこれは、西軍を[[黒門]]まで誘導する[[サウロン]]の陽動だった。23日にはイシリアンを去り、[[モランノンの荒廃地]]に達したが、目に入らないながらも絶えず西軍の上を跳梁していた[[ナズグール]]と[[恐るべき獣]]の恐怖や、モルドールの伝承の恐ろしさ前に、意気をくじかれる兵が続出する。ここで[[アラゴルン二世]]は弱気な者達に去ることを許したが、可能なら[[カイア・アンドロス]]を奪取するよう彼らに命じた。この段階で総勢は6000名に満たなくなっていた。
24日に荒廃地で最後の野営をした夜、西軍はおびただしい数のおぼろな影と[[狼]]の吠え声に取り囲まれたが、朝になるとそれらは消え失せる。25日に西軍は黒門に達した。

***黒門前での、戦闘直前の駆け引き [#ga1a2db5]

>「出会え!」と、かれらは叫びました。「[[暗黒の国>モルドール]]の王をここへ&ruby(い){出};だせ! かれに応報の罰を下さん。不法にも[[ゴンドール]]に戦いを仕かけ、その国土を力づくで奪いしためなり。ここに[[ゴンドールの王>アラゴルン二世]]はかれがその悪を&ruby(つぐな){償};い、&ruby(しか){然};る&ruby(のち){後};永遠に立ち去ることを要求する。出会え!」 &br; 長い沈黙がありました。城壁からも城門からも、それに答える叫び声も物音も何一つ聞かれません。しかし[[サウロン]]はすでにかれの計画を用意していたのです。そしてこれらのねずみを襲って殺す前に、ます手ひどく弄んでやれと思ったのでした。((同上「十 黒門開く」))

[[西軍]]は戦いに先立ち、[[黒門]]の北にある二つの小高い丘([[燃えかすの山]])に陣取った上で軍使を立て、[[サウロン]]に宣戦布告する。西軍の軍使団は[[ガンダルフ]]を長として、[[アラゴルン二世]]、[[エルロンドの息子]]たち、[[イムラヒル]]、[[エオメル]]ら大将たちが同行し、さらに[[レゴラス]]、[[ギムリ]]、[[ペレグリン>ペレグリン・トゥック]]が加わった。これでサウロンを敵とする全ての[[自由の民]]の種族から最低一人は証人が出ることになった。これに近衛騎士団と[[アルウェンの旗印]]、ふれ役と喇叭手が続いた。
西軍の呼び出しに応じて[[黒門]]から現れた[[モルドール]]の軍使団は、[[サウロンの口]]を先頭にその護衛兵の一隊が続いたのみで、黒地に[[赤目>赤い目]]のサウロンの旗印を一つ携えていた。

姿を現したサウロンの口は西軍の大将たちを侮辱するとともに、[[キリス・ウンゴルの塔]]で[[フロド・バギンズ]]から押収された[[塚山出土の剣]]、[[ロスローリエン]]の[[マントとブローチ>エルフのマント]]、[[ミスリルの胴着]]といった装身具を示して彼らを脅迫する。口は捕虜の[[ホビット]]への拷問をちらつかせて「[[ゴンドール]]とその同盟者は二度とサウロンを攻撃しないと誓言して直ちに[[大河]]以西に撤退すること」「大河以東の地は永久にサウロンの直轄地となること」「大河以西の[[霧ふり山脈]]および[[ローハン谷]]に至るまでの地は[[モルドール]]の属領とし、住民の自治は認めるが武装を禁ずること」「[[アイゼンガルド]]はサウロンが領有した上で彼の副官(サウロンの口)の居城とし、その再建に手を貸すこと」といったサウロンからの条件を伝えた。
しかしガンダルフは、口のわずかな反応からホビットが実は捕らえられていない可能性を見抜いて条件を拒否。口から装身具を奪い返した。

サウロンの口は西軍の大将たちの怒気に圧されて反転遁走したが、その途中に部下たちが取り決められていた合図の角笛を吹き鳴らし、黒門は開け放たれて戦いが開始された。

***黒門前での戦闘 [#xefa27fe]

予期されていたように交渉が決裂すると、[[サウロン]]は開かれた[[黒門]]からだけでなく、[[歯の塔]]の東の[[エレド・リスイ]]側に潜ませていた[[東夷]]の軍勢や、黒門の両側の丘陵に潜ませていた[[オーク]]を解き放ち、その数は[[西軍]]の10倍以上はあり、さらにサウロンの軍勢を弱らせる[[太陽]]は、モルドールの煙霧に覆われて、光はほとんど地上に届かなかった。
[[燃えかすの山]]の二つの丘には[[アルウェンの旗印]]、[[ローハン]]の旗、[[ドル・アムロス]]の旗が美しくも絶望的に掲げられ、それぞれの丘は完全にモルドール軍に包囲される。[[アラゴルン>アラゴルン二世]]と[[ガンダルフ]]は丘のひとつに立ち、東側の丘には[[ドゥーネダイン]]、[[エルロンドの息子]]たち、西側の丘には[[イムラヒル]]、[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]、[[ドル・アムロス]]の兵達が、一番攻撃が激しいであろう黒門の方面に立っていた。イムラヒルの陣営の最前線近くには、覚悟を決めた[[ピピン>ペレグリン・トゥック]]も[[塚山出土の剣]]を握りしめ、[[ベレゴンド>ベレゴンド(バラノールの息子)]]と共に立っていた。
やがて、[[恐るべき獣]]に乗った[[ナズグール]]が空を跳梁する中、まずモルドール軍のオークが矢を西軍に浴びせかけ、それから[[ゴルゴロス]]から来た[[山トロル>トロル]]が西軍の最前線に襲いかかった。この時ベレゴンドは攻撃を盾と兜で防いだものの、その力に圧倒され気を失って倒れる。ベレゴンドを倒したトロルが、彼の喉を噛み切ろうと掴み上げたところ、ピピンはそのトロルに対して塚山出土の剣を突き刺す。剣に込められた力もあって刃はトロルの急所にまで達したが、ピピンは自分が倒したトロルの下敷きになってしまう。その瞬間ピピンは「[[鷲>大鷲]]たちが来るぞう!」という叫び声を聞いたが、意識が朦朧としていたピピンは、これは[[五軍の合戦]]の時の話だと混同して、そのまま気を失ってしまう(戦いが終わった後、ピピンは[[ギムリ]]に発見された)。
だが実際に大鷲は戦場に姿を現し、恐るべき獣に乗ったナズグールに襲いかかった。

***戦いの終わり [#i7908e5d]

この時、[[指輪所持者]][[フロド・バギンズ]]は、ついに[[滅びの山]]の[[サンマス・ナウア]]にたどり着いたが、とうとう[[一つの指輪]]の誘惑に屈し、指輪を自分のものと宣言して、自分の指にはめてしまう。この瞬間[[サウロン]]は一つの指輪の所在、[[西軍]]の目論みに気が付いて怒りと恐怖に駆られ、全ての意思を滅びの山に向けて、ナズグールを急行させる。その瞬間、他の[[モルドール]]の軍勢は、自分たちを駆り立てていたサウロンの意思が消えたため、動揺する。敵の狼狽を見取った西軍の兵は反撃に転じるが、[[ガンダルフ]]は待つように呼ばわった。
やがて、フロドから指輪を奪った[[ゴクリ]]が[[滅びの罅裂]]に墜落し、一つの指輪は失われた。そして大地は揺れ動き、[[黒門]]と[[歯の塔]]そして[[バラド=ドゥーア]]は崩れ落ち、サウロンは消滅した。

>そして大将たちが南の&ruby(かた){方};モルドールの地をまじろぎもせず見つめるうちに、雲のとばりになお黒く、巨大な人の影のようなものが上って来たように思えました。それは一切の光を&ruby(とお){徹};さないほど黒く、頭に稲妻の冠を頂き、空をいっぱいに占めていました。下界を見降ろして高く大きく頭をもたげると、それは途方もなく大きな手をみんなに向けて&ruby(おど){嚇};すように突き出しました。その恐ろしさは総毛立つほどでしたが、それでいてもはや何の力もなかったのです。なぜなら、それが一同の上に身を&ruby(かが){屈};めたちょうどその時、大風がそれをさらって運び去り、消え去ったからです。そのあとはしーんと静まりました。((『[[王の帰還>指輪物語/王の帰還]] 下』「四 コルマルレンの野」 サウロンの最期))

こうして、モルドールの軍勢を動かしていたサウロンの意思と存在が消滅した結果、[[オーク]]や[[トロル]]、その他の獣など、サウロンの意思が吹き込まれた生物は正気を失い、自害するか希望もなく逃げ去った。サウロンの同盟軍だった[[東夷]]や[[ハラドリム]]などのうち、最も大胆不敵で西方世界を憎んでいた者達は、最後の抵抗をするために集結したが、ほとんどは東へ逃げ去り、西軍に降伏する者もいた。

ガンダルフは、軍の指揮を[[アラゴルン>アラゴルン二世]]に任せると、自分は[[グワイヒア]]を呼び、滅びの山にいるはずのフロド・バギンズと[[サムワイズ・ギャムジー]]を救出するための助力を要請。[[ランドローヴァル]]と[[メネルドール]]が同行して、グワイヒアはガンダルフを滅びの山へと連れて行く。
一方の滅びの山では、指輪を失ったフロドは、全ての望みも喪失して抜け殻のようになっていたが、まだ希望を失っていなかったサムがサンマス・ナウアからフロドを連れ出す。しかし山腹に出たものの、噴火した滅びの山の裂け目や溶岩に逃げ道をふさがれ、やがて二人は倒れてしまう。だがグワイヒアらに救出され、その後[[イシリアン]]に運ばれてアラゴルンの手当を受ける。
やがて回復した二人は4月8日、イシリアンの[[コルマルレンの野>コルマルレン]]でアラゴルンによる栄誉礼を受ける。またフロドとサムは、[[エルフのマント]]や[[ミスリルの胴着]]などを返還されている。
こうして再会した[[指輪の仲間]]はしばらくイシリアンにいたが、負傷していた兵が回復し、東夷やハラドリムの残党と戦っていた兵、モルドール北部の要塞を破壊していた兵などが戻ってくると、エレスサール王の戴冠式のため、[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]へと凱旋した。

** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#Lotrmovie]

最終戦略会議は[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]の外のテントではなく、[[白の塔]]の王と執政の間で行われており、[[レゴラス]]や[[ギムリ]]もその場にいる。だが[[イムラヒル]]は登場しない。
劇場公開版([[コレクターズ・エディション]])と[[エクステンデッド・エディション]]では、この場面の編集が異なっている。[[ガンダルフ]]が、[[サウロン]]がこの陽動にひっかからないのではと懸念するのに対し、劇場公開版では、ギムリの発言が作戦遂行を後押しした形になっているが、エクステンデッド・エディションではギムリの発言は、ガンダルフの懸念発言の前となっている。代わりに[[アラゴルン>アラゴルン二世]]が作戦に自信を見せ、[[パランティーア]]を使ってサウロンに[[アンドゥリル]]を見せ挑発する場面が付け加えられている。

[[黒門]]への行軍の間の、[[十字路]]の過程などは省略された。

[[サウロンの口]]は劇場公開版では登場していないが、[[エクステンデッド・エディション]]には登場している。ただし原作とは異なり、[[アラゴルン>アラゴルン二世]]に首をはねられて死んでいる。

黒門での戦闘開始前に、映画オリジナルのアラゴルンの演説シーンが入っている。また敵に向かっていくアラゴルンに続き、[[ペレグリン・トゥック]]と(原作では[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]で療養しているためこの戦いには参加していなかった)[[メリアドク・ブランディバック]]が走り、それに続いて他の兵士たちが駆けだしていくという演出にされた。
[[一つの指輪]]破壊後は、[[西軍]]がいる場所以外は、[[黒門]]や[[歯の塔]]を含めて地面が崩落しており、サウロンの軍勢はそれに飲み込まれている。

初期の脚本では、この場面でサウロンとアラゴルンの直接対決が行われる予定だったが、実際には原作通りサウロンは登場せず(詳細は[[サウロン>サウロン#Lotrmovie]]の項目を参照)、撮影済みのサウロンとアラゴルンの戦闘シーンは、編集によって[[トロル]]とアラゴルンの戦闘に差し替えられた。
また、[[モルドール]]の不毛な荒野の再現のため、このシーンはニュージーランド軍の射爆場で撮影された(その背景に黒門などが合成されている)。そのため撮影前に軍によって入念に不発弾の捜索と除去が行われ、また出演者は事前に、不発弾の形状などについての説明を受けたという。
さらにエキストラにも、ニュージーランド軍の兵士が多数参加している。そのため初めて、軍の整列が綺麗にできたという。だが戦闘シーンでニュージーランド軍の兵士は、ヒートアップして実際に撮影用小道具の剣などで殴り合ったため、小道具が壊れたり怪我人が多く出たりしたという((『王の帰還』エクステンデッド・エディション 特典DVDより))。

** 『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#LotRO]

&ref(ScreenShot00619.jpg,,10%,『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における黒門の戦い); &ref(ScreenShot00620.jpg,,10%,『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における黒門の戦い);

** コメント [#sbd29015]

#pcomment(,,,,,,reply)