#author("2020-08-26T04:01:19+09:00;2020-08-04T20:09:38+09:00","","")
#author("2020-11-03T18:32:29+09:00;2020-11-03T14:49:31+09:00","","")
* &ruby(し){死};すべき&ruby(さだめ){運命}; [#qa848867]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[言葉・単語]]|
|~スペル|Mortality|
|~その他の呼び名|人間の天寵(Gift of Men)&br;人間の宿命、人間の運命(Doom of Men)|

** 解説 [#Explanation]

[[イルーヴァタール]]が[[人間]]に与えた贈り物。人間の魂は[[アルダ]]に永住することはなく、時がくれば''死''によってそこを去っていく運命にある。

>それ故、イルーヴァタールの思し召しにより、人間の心は彼岸を求め、この世では決して安息を見出すことはないのである。しかし人間には、この世の諸力と回り合わせの中にありながらも、人間以外のすべての存在にとって宿命も同然である[[アイヌアの音楽>アイヌリンダレ]]を超えて、自分たちの生を形成してゆくという長所が与えられている。 …
人間の子らが、生きてこの世に住まうのはほんの短い間で、この世に縛られることなく、すぐに、いずこともエルフたちの与り知らぬところに出で立ってゆくのは、自由というこの贈り物と分かちがたい一つのものである。((『[[シルマリルの物語]]』「世の初まりのこと」))

[[ヴァラール]]といえどもこの賜物を人間から取り上げることはできない。だが[[冥王]][[モルゴス]]はこの賜物を汚し、死を自らの支配する暗闇と混同させることによって、ほとんどの人間が恐怖する対象に変えてしまった。

人間の魂がどこに去っていくのかは[[イルーヴァタール]]の定めるところであり、[[アルダ]]では[[マンウェ]]と[[マンドス]]が知るのみであるという。しかし[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]の例から見ると、人間の魂もいったんは[[マンドスの館]]に集められて待機の時間を過ごした後、[[外なる海]]の岸辺から[[世界の圏外>世界の圏]]へ旅立つようである。
また、[[ヴァラール]]が[[エルフ]]に言明したことによると、[[第二の音楽>アイヌリンダレ#Second]]には人間も加わるという。

*** 例外者 [#ze8049a5]

[[人間]]の中では[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]だけが死んだ後も一度[[中つ国]]に戻ってきた。[[エルフ]]の中では[[ルーシエン]]だけがベレンと運命を共にすることを選び、「本当に死んだ」。
また人間の中では[[トゥオル]]のみが、死すべき運命から切り離されたと言われている。

*** その他 [#c77b4488]

[[半エルフ]]には、人間の死すべき運命とエルフの不死の運命のどちらかを選ぶ機会が与えられていた。

[[ヌーメノール人]]は老いを感じると、自分の望んだときに生を返上することができる特権が与えられていた。もっとも[[ヌーメノール]]後期になるとヌーメノール人は死を恐れ生に執着するようになるが、死すべき運命からは結局逃れることができなかった。特にヌーメノール末期は、[[王党派]]と[[サウロン]]の影響でその傾向が強くなり、[[アル=ファラゾーン]]はサウロンの口車に乗せられ、“不死”を獲得しようと[[アマン]]に攻め入った(だが前述の通り、実際にはアマンに到達しても人間が不死を獲得できるわけではない)。
[[エレスサール王>アラゴルン二世]]は「最後のヌーメノール人」として、息子[[エルダリオン]]に王位を譲り渡した後、自ら寝台に身を横たえ、自分の生を返上した。
[[エレスサール王>アラゴルン二世]]は「最後のヌーメノール人」として、息子[[エルダリオン]]に王位を譲り渡した後、自ら棺台に身を横たえ、自分の生を返上した。

>『悲しみのうちにわれらは行かねばならぬとしても、絶望して行くのではない。ご覧! われらはいつまでもこの世に縛られているのではない。そしてこの世を越えたところには思い出以上のものがあるのだ。』((『[[指輪物語]] [[追補編>指輪物語/追補編]]』「アラゴルンとアルウェンの物語(その一部)」 [[エレスサール王>アラゴルン二世]]の今際の言葉。))

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)