()すべき運命(さだめ)

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルMortality
その他の呼び名人間の天寵(Gift of Men)
人間の宿命、人間の運命(Doom of Men)

解説

イルーヴァタール人間に与えた贈り物。人間の魂はアルダに永住することはなく、時がくればによってそこを去っていく運命にある。

それ故、イルーヴァタールの(おぼ)し召しにより、人間の心は彼岸(ひがん)を求め、この世では決して安息を見出すことはないのである。しかし人間には、この世の諸力と回り合わせの中にありながらも、人間以外のすべての存在にとって宿命も同然であるアイヌアの音楽を超えて、自分たちの生を形成してゆくという長所が与えられている。 …
人間の子らが、生きてこの世に住まうのはほんの短い間で、この世に縛られることなく、すぐに、いずこともエルフたちの(あずか)り知らぬところに()で立ってゆくのは、自由というこの贈り物と分かちがたい一つのものである。*1

ヴァラールといえどもこの賜物を人間から取り上げることはできない。だが冥王モルゴスはこの賜物を汚し、死を自らの支配する暗闇と混同させることによって、ほとんどの人間が恐怖する対象に変えてしまった。

人間の魂がどこに去っていくのかはイルーヴァタールの定めるところであり、アルダではマンウェマンドスが知るのみであるという。しかしベレンの例から見ると、人間の魂もいったんはマンドスの館に集められて待機の時間を過ごした後、外なる海の岸辺から世界の圏外へ旅立つようである。
また、ヴァラールエルフに言明したことによると、第二の音楽には人間も加わるという。

例外者

人間の中ではベレンだけが死んだ後も一度中つ国に戻ってきた。エルフの中ではルーシエンだけがベレンと運命を共にすることを選び、「本当に死んだ」。
また人間の中ではトゥオルのみが、死すべき運命から切り離されたと言われている。

その他

半エルフには、人間の死すべき運命とエルフの不死の運命のどちらかを選ぶ機会が与えられていた。

ヌーメノール人は老いを感じると、自分の望んだときに生を返上することができる特権が与えられていた。もっともヌーメノール後期になるとヌーメノール人は死を恐れ生に執着するようになるが、死すべき運命からは結局逃れることができなかった。特にヌーメノール末期は、王党派サウロンの影響でその傾向が強くなり、アル=ファラゾーンはサウロンの口車に乗せられ、“不死”を獲得しようとアマンに攻め入った(だが前述の通り、実際にはアマンに到達しても人間が不死を獲得できるわけではない)。
エレスサール王は「最後のヌーメノール人」として、息子エルダリオンに王位を譲り渡した後、自ら棺台に身を横たえ、自分の生を返上した。

『悲しみのうちにわれらは行かねばならぬとしても、絶望して行くのではない。ご覧! われらはいつまでもこの世に縛られているのではない。そしてこの世を越えたところには思い出以上のものがあるのだ。』*2

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ああ、この死生観は凄く良いなあ…… -- 2017-11-09 (木) 20:34:02
    • 当初は「自由」という「贈り物」として捉えられていた、というのが意外でした。そういう考えもあるんですね。 -- 2020-02-12 (水) 21:25:13
  • 贈り物を、不必要に恐れることはない。 -- 2017-11-10 (金) 17:08:34
  • マンドスの館で生前の家族や仲間が来るのを待つこともできるのかな? -- 2017-11-10 (金) 17:37:53
    • ボロミア辺りは生前仕えられなかった王を待ってるかもしれない。 -- 2018-01-27 (土) 20:58:20
  • トゥオルの件はいかにして認められたのか。ウルモあたりがイルーヴァタールに直訴? -- 2017-11-10 (金) 18:43:46
    • HoMeではトゥオルの件はルーシエンの真の死との引き換えに当たるそうです。 -- 2017-11-29 (水) 15:52:31
  • シャドウ・オブ・ウォーの三章四章のストーリーの捉え方が此処にたどり着いて大きく変わりました、編纂された方々に感謝 -- 2017-11-26 (日) 04:42:15
    • どゆこと? -- 2019-11-06 (水) 21:06:36
      • 死ねなくなってしまったタリオンの運命についてでしょうね。ネタバレになりますけど、知りたければタリオンを参照。ゲームのエンディングムービーを見れば感慨もひとしお -- 2019-11-07 (木) 06:48:49
  • 死というより、エルフが「マンドス人事部長を通じてイルーヴァタールの創世事業に永久雇用され魂まで酷使されるブラック社員」と考えると、この死すべき運命というのは「事業から(一部自由意志で)必ず退職できる」と言ったほうがいいかもしれない。そういう意味で死を厭い不死を願うというのは「雇用解除=糊口喪失=死」「永久社畜こそ喜び」「来世(第二の音楽)より今の暮らし」と考える現代(日本)人の発想なのかもね… -- 2018-01-22 (月) 05:59:58
    • 現代人に限らず死への恐れは普遍的なものですし、不死への羨望も古来多くの人々が抱いてきたものです。それと「魂まで酷使」という見方は、去るべき人間の魂まで幽鬼として縛り続けるサウロンにこそ相応しいかと。エルフにとって不死は祝福ではないが苦役でもなく、自然な宿命として受け入れられてるわけで。 -- 2018-01-22 (月) 21:42:03
    • 大学に定年までずっと居残り続ける教授たちと、数年大学で学ぶだけで社会に出ていく学生たちの対比な感じもある -- 2019-10-25 (金) 11:35:39
      • やめて、研究のために大学に残る大学院生が永遠の命をほしがるヌーメノール人みたいに思えてくるからやめて -- 2019-10-26 (土) 15:21:45
  • まぁ極端な少子高齢化社会になって この概念の意味がよく分かるようになってきたわ トールキンのヒューマンなんてサイクルが強みなのに無駄に延命させまくった結果ドン詰まり -- 2019-11-06 (水) 02:06:59
  • もしかして飯塚幸三 -- 2019-11-07 (木) 19:46:45
  • 上級さんはもう少し早くお迎え来てればここまで醜態晒さずに勲章持ちスーパー官僚天下りのまま死ねたろうに -- 2019-11-16 (土) 17:35:59
お名前:
Last-modified: