()すべき運命(さだめ)

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルMortality
その他の呼び名人間の天寵(Gift of Men)
人間の宿命、人間の運命(Doom of Men)

解説

イルーヴァタール人間に与えた贈り物。人間の魂はアルダに永住することはなく、時がくればによってそこを去っていく運命にある。

それ故、イルーヴァタールの思し召しにより、人間の心は彼岸を求め、この世では決して安息を見出すことはないのである。しかし人間には、この世の諸力と回り合わせの中にありながらも、人間以外のすべての存在にとって宿命も同然であるアイヌアの音楽を超えて、自分たちの生を形成してゆくという長所が与えられている。 …
人間の子らが、生きてこの世に住まうのはほんの短い間で、この世に縛られることなく、すぐに、いずこともエルフたちの与り知らぬところに出で立ってゆくのは、自由というこの贈り物と分かちがたい一つのものである。*1

ヴァラールといえどもこの賜物を人間から取り上げることはできない。だが冥王モルゴスはこの賜物を汚し、死を自らの支配する暗闇と混同させることによって、ほとんどの人間が恐怖する対象に変えてしまった。

人間の魂がどこに去っていくのかはイルーヴァタールの定めるところであり、アルダではマンウェマンドスが知るのみであるという。しかしベレンの例から見ると、人間の魂もいったんはマンドスの館に集められて待機の時間を過ごした後、外なる海の岸辺から世界の圏外へ旅立つようである。
また、ヴァラールエルフに言明したことによると、第二の音楽には人間も加わるという。

例外者

人間の中ではベレンだけが死んだ後も一度中つ国に戻ってきた。エルフの中ではルーシエンだけがベレンと運命を共にすることを選び、「本当に死んだ」。
また人間の中ではトゥオルのみが、死すべき運命から切り離されたと言われている。

その他

半エルフには、人間の死すべき運命とエルフの不死の運命のどちらかを選ぶ機会が与えられていた。

ヌーメノール人は老いを感じると、自分の望んだときに生を返上することができる特権が与えられていた。もっともヌーメノール後期になるとヌーメノール人は死を恐れ生に執着するようになるが、死すべき運命からは結局逃れることができなかった。特にヌーメノール末期は、王党派サウロンの影響でその傾向が強くなり、アル=ファラゾーンはサウロンの口車に乗せられ、“不死”を獲得しようとアマンに攻め入った(だが前述の通り、実際にはアマンに到達しても人間が不死を獲得できるわけではない)。
エレスサール王は「最後のヌーメノール人」として、息子エルダリオンに王位を譲り渡した後、自ら棺台に身を横たえ、自分の生を返上した。

『悲しみのうちにわれらは行かねばならぬとしても、絶望して行くのではない。ご覧! われらはいつまでもこの世に縛られているのではない。そしてこの世を越えたところには思い出以上のものがあるのだ。』*2

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • トゥオルの件はいかにして認められたのか。ウルモあたりがイルーヴァタールに直訴? -- 2017-11-10 (金) 18:43:46
    • HoMeではトゥオルの件はルーシエンの真の死との引き換えに当たるそうです。 -- 2017-11-29 (水) 15:52:31
  • シャドウ・オブ・ウォーの三章四章のストーリーの捉え方が此処にたどり着いて大きく変わりました、編纂された方々に感謝 -- 2017-11-26 (日) 04:42:15
    • どゆこと? -- 2019-11-06 (水) 21:06:36
      • 死ねなくなってしまったタリオンの運命についてでしょうね。ネタバレになりますけど、知りたければタリオンを参照。ゲームのエンディングムービーを見れば感慨もひとしお -- 2019-11-07 (木) 06:48:49
  • 死というより、エルフが「マンドス人事部長を通じてイルーヴァタールの創世事業に永久雇用され魂まで酷使されるブラック社員」と考えると、この死すべき運命というのは「事業から(一部自由意志で)必ず退職できる」と言ったほうがいいかもしれない。そういう意味で死を厭い不死を願うというのは「雇用解除=糊口喪失=死」「永久社畜こそ喜び」「来世(第二の音楽)より今の暮らし」と考える現代(日本)人の発想なのかもね… -- 2018-01-22 (月) 05:59:58
    • 現代人に限らず死への恐れは普遍的なものですし、不死への羨望も古来多くの人々が抱いてきたものです。それと「魂まで酷使」という見方は、去るべき人間の魂まで幽鬼として縛り続けるサウロンにこそ相応しいかと。エルフにとって不死は祝福ではないが苦役でもなく、自然な宿命として受け入れられてるわけで。 -- 2018-01-22 (月) 21:42:03
    • 大学に定年までずっと居残り続ける教授たちと、数年大学で学ぶだけで社会に出ていく学生たちの対比な感じもある -- 2019-10-25 (金) 11:35:39
      • やめて、研究のために大学に残る大学院生が永遠の命をほしがるヌーメノール人みたいに思えてくるからやめて -- 2019-10-26 (土) 15:21:45
      • エルフの不死性は宿命なので、地位にしがみつく人達に例えるのはそぐわない。むしろ末期のヌーメノール人の方が近いかと。(もっともトールキンはこうした寓意的な読まれ方自体に否定的でしたが) -- 2020-08-04 (火) 20:09:37
      • イルヴァタール=国王、ヴァラール=教授陣、エルダール=講師やPh.D.、人間=学生、が元ネタなのかなあ -- 2020-10-19 (月) 12:14:33
      • 不死の者たちって文字通りパーマネント(permanent)だよなあ -- 2020-10-31 (土) 10:29:52
  • まぁ極端な少子高齢化社会になって この概念の意味がよく分かるようになってきたわ トールキンのヒューマンなんてサイクルが強みなのに無駄に延命させまくった結果ドン詰まり -- 2019-11-06 (水) 02:06:59
  • もしかして飯塚幸三 -- 2019-11-07 (木) 19:46:45
  • 上級さんはもう少し早くお迎え来てればここまで醜態晒さずに勲章持ちスーパー官僚天下りのまま死ねたろうに -- 2019-11-16 (土) 17:35:59
  • 世界の圏外へ旅立つとあるけど、その先にあるのはなんだろう?束教授がカトリックなことを考えると天国や地獄があってダゴール・ダゴラスまでそれぞれ待機する場所を兼ねてあるとか? -- 2020-10-19 (月) 19:27:47
    • カトリックだからって、世界観を丸写しするとは思えない。むしろ全く新しい死生観を構築しようとしていたし -- 2020-10-19 (月) 23:16:06
      • 個人的な想像として、善悪関係なく人間の魂はイルーヴァタールのいる時なき館に滞在するのかな?と。世界の圏外と時なき館って似てませんか? -- 猫大公 2020-10-20 (火) 12:46:32
    • 皆さんの予想が聞きたい!個人的にはマンドスの館みたいなところに集められてダゴダゴにむけて軍事訓練してそうだなー -- 2020-11-03 (火) 20:25:16
      • ワルキューレの接待がないエインヘリヤルなんてノーサンキュー -- 2020-11-03 (火) 23:54:17
    • 本の外側に出るという意味だと思う。エルフやヴァラールは所詮架空の世界のキャラクター。本の外に出れるのは人間のみ、ネバーエンディングストーリー -- 2020-11-05 (木) 22:30:14
      • 教授がそんな安易な設定にするとは思えない -- 2020-11-23 (月) 04:13:14
    • まさか無に還るなんてことはないよね???? -- 2020-11-30 (月) 20:42:37
    • おそらくイルーヴァタールの許へ行くのであろうことは示唆されていますね。トールキンの思想(死を超えた先にある幻想の実現)と今際のアラゴルンのセリフなどからすると、願望が実現する世界があるのではないかと思いますが、それは第二の音楽が奏せられた後のことかもしれません。 -- 2020-11-30 (月) 22:17:15
      • エルフやヴァラールたちが羨ましがるわけだ。エルフはエルフに生まれただけでアルダに縛られる運命だもんなぁ。ヴァラールは自ら降りたからまだ覚悟してるだろうけど -- 2020-12-01 (火) 12:10:28
      • どこら辺に示唆的なこと書いてある?資料が膨大だからまだ読み進めれなくて…すまん -- 2020-12-01 (火) 12:11:46
      • 今ちょうどシルマリル読み直してこれから人間が生まれるとこだがら、↑の人が言うように参考資料あれば読んでみたいな。 -- 2020-12-01 (火) 12:18:13
      • わかる。緻密すぎる設定がたくさんあるから見落としたかもしれんし -- 2020-12-01 (火) 18:12:04
      • たしかにこれは気になるな。実際にここで奥深い考察やめちゃくちゃ緻密な見解読んで納得する事あるし。 -- 2020-12-01 (火) 21:47:56
      • HoMEのAthrabeth Finrod ah Andrethに、エダインの伝承中でエルが「お前たちは死んだ後で我が許に来ることになる」と人間に語ったという記述があります。 -- 2020-12-01 (火) 22:03:32
      • ↑そうだったんか!ありがとう!!しかしなぜ人間だけエルの許へ……エルフが可哀想だよ。なんならエルフがエルのもと、人間がアルダに縛られる運命のほうがよかったような -- 2020-12-02 (水) 00:10:44
      • 上の方感謝至極! -- 2020-12-02 (水) 13:02:04
      • ↑の方ありがとう!ずっとあの教授が人間の死後だけ曖昧なままにしておくか?設定厨なのにと違和感を覚えてたからやっぱり考えてたんだな! -- 2020-12-02 (水) 18:22:00
      • 時なき館に住まうことになるんかな?たしかアルダ作る前はアイヌアとエルは時なき館にいたんだよな? -- 2020-12-03 (木) 19:40:19
      • もしそれが本当なら、もしかして人間めっちゃ優遇されてね? -- 2020-12-07 (月) 22:09:54
  • なぜ人間だけ魂の行き先がごく一部を除いて知らされていないの??人間ばかり除け者にされてるようでエル・イルーヴァタールは何を考えてるのかさっぱりわからん。 -- 猫大公 2020-10-19 (月) 19:32:22
    • 行き先がわかっていたら「自由」ではいられなくなってしまうからでしょう。 -- 2020-10-19 (月) 21:24:13
    • 「さっぱりわからん」→考えるのも怖いのですが、もしかするとエルさんアザトースなのかも・・ -- 2020-10-19 (月) 23:23:58
    • この世に束縛され続けるアイヌアとエルフから見れば、自分たちこそ「この世を越えたところ」から除け者になっていると感じ、この世を越えていける人間を羨んでいるようです。 -- 2020-10-20 (火) 01:08:23
      • なるほど、そうだったんですか!エルフたちからすれば次子の人間ばかり可愛がられてる!みたいに思ってたりしそう。ちなみにどこソースですか?まだまだトールキンは勉強中でして。 -- 猫大公 2020-10-20 (火) 12:44:15
      • アイヌアとエルダールは物語の登場人物、人間は物語の読者だね。人間は本を読み終えることができるが、本の中の連中は本から出られない -- 2020-10-31 (土) 09:40:51
      • ↑の方 実存ということをあらためてかんがえるかてとなる考察、ありがとうございました。(「ソフィーの世界」終劇部のなつかしい余韻、思い出しました・・) -- 2020-11-05 (木) 23:29:26
      • ソースはどこ? -- 2020-12-03 (木) 19:41:30
      • シルマリルですね。一つは人間の死について述べられた箇所、もう一つはアカルラベース -- 2020-12-03 (木) 21:48:39
  • モルゴスはイルーヴァタールの子が贈り物を与えられたことに妬んだとあるが、人間の贈り物は死。つまりモルゴスは「死」を欲しがっていた……?いや自由か? -- 2020-10-31 (土) 12:21:42
    • ↑よくあるアレじゃね?弟妹できた兄姉が次子に嫉妬するみたいな -- 2020-10-31 (土) 17:13:41
    • モルゴスが妬んだ、子らにエルが与えると約束したものとは、二つの贈り物(不死と死)のことではなく、世界の終末後に第二の音楽を正しく奏した褒美として子らの思いに与えられるだろうと言われているもののことでしょう。つまり不滅の炎を与えられること=世界の創造。モルゴスは自分で世界を創造したいと欲して堕落したわけですからね。 -- 2020-10-31 (土) 17:35:39
      • なるほど、勘違いしてました!わかりやすい解説ありがとうございます!モルゴス世界創造したいのに叶わず、子らを妬んだのもわかる気します。自棄になってたのかも。 -- 2020-10-31 (土) 23:35:27
  • 今にして思うと、FF3で大魔道師ノアが愛弟子ザンデに「人としての命を授けた」という設定も、この「恩寵としての死すべき運命」が由来だったのかな。 -- 2020-11-03 (火) 14:49:30
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: