()すべき運命(さだめ)

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルMortality
その他の呼び名人間の天寵(Gift of Men)
人間の宿命、人間の運命(Doom of Men)

解説

イルーヴァタール人間に与えた贈り物。人間の魂はアルダに永住することはなく、時がくればによってそこを去っていく運命にある。

それ故、イルーヴァタールの思し召しにより、人間の心は彼岸を求め、この世では決して安息を見出すことはないのである。しかし人間には、この世の諸力と回り合わせの中にありながらも、人間以外のすべての存在にとって宿命も同然であるアイヌアの音楽を超えて、自分たちの生を形成してゆくという長所が与えられている。 …
人間の子らが、生きてこの世に住まうのはほんの短い間で、この世に縛られることなく、すぐに、いずこともエルフたちの与り知らぬところに出で立ってゆくのは、自由というこの贈り物と分かちがたい一つのものである。*1

ヴァラールといえどもこの賜物を人間から取り上げることはできない。だが冥王モルゴスはこの賜物を汚し、死を自らの支配する暗闇と混同させることによって、ほとんどの人間が恐怖する対象に変えてしまった。

人間の魂がどこに去っていくのかはイルーヴァタールの定めるところであり、アルダではマンウェマンドスが知るのみであるという。しかしベレンの例から見ると、人間の魂もいったんはマンドスの館に集められて待機の時間を過ごした後、外なる海の岸辺から世界の圏外へ旅立つようである。
また、ヴァラールエルフに言明したことによると、第二の音楽には人間も加わるという。

例外者

人間の中ではベレンだけが死んだ後も一度中つ国に戻ってきた。エルフの中ではルーシエンだけがベレンと運命を共にすることを選び、「本当に死んだ」。
また人間の中ではトゥオルのみが、死すべき運命から切り離されたと言われている。

その他

半エルフには、人間の死すべき運命とエルフの不死の運命のどちらかを選ぶ機会が与えられていた。

ヌーメノール人は老いを感じると、自分の望んだときに生を返上することができる特権が与えられていた。もっともヌーメノール後期になるとヌーメノール人は死を恐れ生に執着するようになるが、死すべき運命からは結局逃れることができなかった。特にヌーメノール末期は、王党派サウロンの影響でその傾向が強くなり、アル=ファラゾーンはサウロンの口車に乗せられ、“不死”を獲得しようとアマンに攻め入った(だが前述の通り、実際にはアマンに到達しても人間が不死を獲得できるわけではない)。
エレスサール王は「最後のヌーメノール人」として、息子エルダリオンに王位を譲り渡した後、自ら棺台に身を横たえ、自分の生を返上した。

『悲しみのうちにわれらは行かねばならぬとしても、絶望して行くのではない。ご覧! われらはいつまでもこの世に縛られているのではない。そしてこの世を越えたところには思い出以上のものがあるのだ。』*2

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • >ルーシエンだけが「本当に死んだ」とあるが、夕星姫アルウェンも死すべき運命を負うたのでは? -- 2021-04-02 (金) 05:21:38
    • 真のエルフの中ではルーシエンだけが、という事でしょう。
      アルウェンはエルフの運命を選んだ半エルフとエルフとの間の子供ですから、確かにエルフではありますがなんというか“注釈付き”の存在ですからねー。 -- 2021-04-02 (金) 13:06:22
      • なるほど……そして追補編のヌメノールの項目に答えが書いてありましたね。『エルロンドの子供たちにも一つの選択が課せられた。』と
        エレスサール王亡き後人間としての生を選択し、そしてヌーメノール人のように生を返上したのでしょうか?それなら確かに辻褄が合いますね -- 2021-04-07 (水) 11:52:29
      • ルーシエンも半エルフっちゃ半エルフだけど、意味合い違うもんな(笑)
        両親どちらも不死の存在な訳だし。 -- 2021-04-07 (水) 20:38:35
  • モルゴスが恩寵を汚さなかったら今頃の人類は今より少しはまともになっていたんだろうか -- 2021-04-02 (金) 19:36:10
    • たぶんその他は影響受けているから死を恐れない分やたら残酷で過激になっていたかもしれん -- 2021-04-12 (月) 07:25:57
      • 死を恐れるのも尊ぶのもどっちも健全とは言えないもんな。 -- 2021-04-12 (月) 08:13:30
  • アラゴルンの潔くさっぱり逝く感じが好き。アルウェンは悲しかっただろうし彼女を置いていくことに思うことはあっただろうけど、生に過剰に執着しないのが最後のヌーメノーリアンって感じでいい。老年ゆえの達観みたいな。 -- 2021-04-11 (日) 19:28:44
    • その意見、とてつもなくよくわかります。自らの定められた生をどれだけ輝かせるか、またその輝きでどれだけの人を照らし暖められるか、が彼の基本哲学だったのでしょうね。
      それでいて諧謔や極めて人間的な楽しみや交流も楽しめる、ただ気高く優れた指導者であるだけの人物ではないところが彼の最大の魅力だと思います。 -- 2021-04-11 (日) 19:40:45
      • 原作のアラゴルンは野伏に身をやつしつつも尾高貴な風格を失いませんよね。でも小馬亭のビールが好き。エルフの間で育ったこと、野伏として過ごしたこと、両方が彼の人格に深みを与えている気がします。……このへんはアラゴルンのページでやるべきかな笑
        強引に軌道修正すると、そんな彼の最期の言葉が中つ国における人間の死について、というところがいいと思います。うーん王。 -- 木主 2021-04-11 (日) 20:51:55
      • いや、死すべき運命の理解を語るにおいてアラゴルンは外せないと思いますよ。彼はその他のあらゆる運命には敢然と逆らいながら、死すべき運命には粛々と従い諭したのですから。彼を通じてアルウェンは真に人間とその運命である死、そして例え恩寵であろうとそれによって振り回される人間の悲哀さを身をもって理解することが出来ましたし。
        なので多めに見てもらいましょう笑 -- 2021-04-11 (日) 20:57:15
  • 上のコメント読んで気づいたんだが、死すべき定めを選んだ二人のエルフはどちらもエルフ以外の血が混じってるんだよな。
    (だからって二人はエルフじゃないとか言いたいんじゃなくてね) -- 2021-04-19 (月) 13:05:07
  • なんでイルーヴァタールは人間に「死」を与えたんだろう。もっとましな贈り物をしてほしかった、と思うのはモルゴスに汚染された証なんかな -- 2021-08-02 (月) 21:15:38
    • いやなんかやらかしたらマンドスに世の終わりまで幽閉されるエルフになりたいか?死にたくても死ねないでしょあの人ら -- 2021-08-02 (月) 23:05:15
    • トールキンが大学教授であることを勘案すればわかる。
      一流学者にとって、大学から放り出されることは死を意味する。
      でも学生たちは、意気揚々と大学から旅立っていくではないか。
      死とはこの世からの卒業なんだよ、そう考えれば怖れることしか出来ないのは情けない -- 2021-08-07 (土) 19:33:34
      • それっぽいこと言って「なるほど!」となるがよくよく見るとわけわからん理屈なの好き。 -- 2021-08-08 (日) 04:24:49
      • 何が待ち受けているか全くわからない「死」の例えとしてはようわかりませぬ
        学校を卒業してからも人生は続くし、放り出された学者も文筆家など一介の知識人として生きていく事はあるけどね
        まあ理屈云々より、贈り物とか解放とか卒業とか言われてもやっぱり死ぬのは恐いのさ -- 2021-08-08 (日) 09:11:10
      • 大不況にブラック企業に兵役にリアル虚空漂流が待っている場合があるのだ だが理論自体は嫌いじゃねぇ -- 2021-08-08 (日) 09:17:31
    • 死は恩寵だと聞かされても、死の先を知りようがない人の身からすると受け入れがたいですよね。「モルゴスに汚されたから恩寵のはずの死を恐れている」という見方はとてもエルフ的、アイヌア的価値観に寄っている気がします。
      今生からの永遠の別れである死を恐れるのは人間として当然の価値観で、否定されるものでもないかなと思います。アル=ファラゾーンのようになるとそれはそれで醜いですが… -- 2021-08-25 (水) 12:35:41
      • 「先を知りようがない」というのは人間にとって必ずしも恐怖とは限らなくて、ワクワクのもと、期待や希望のもとでもありえます。それを分けるのは「信頼」の有無。先の状況に信頼がおけるのであれば、具体的に何が起こるかわからなくてもそこに恐怖は生じない。
        結局、人間はイルーヴァタール=神への信頼を失ってしまったから、死を恐怖するようになってしまったわけです。本来、人間は死ぬことを暗闇に入っていくようなことではなく、まだ見ぬ素晴らしい光に迎え入れられるようなことと感じていたのでしょう。 -- 2021-08-25 (水) 19:03:24
      • 例えば誕生日にプレゼントをもらうのに「おばけが入ってるかもしれない!爆弾が入ってて殺されるかもしれない!」って真剣に怖がる子供がいたとしたらそれは物凄く不健全な状況でしょう。親を信頼しているから、子供にとって何が入っているかわからないプレゼントは喜びのもとであるわけです。 -- 2021-08-25 (水) 19:08:41

      • それは、「貰えるプレゼントがありがたいものだし、自分を愛する親がいつも素敵なものをくれる」とわかっているからこその話ですからねぇ…。
        人間はエルにもヴァラールにも死が恩寵である事を教わっていないですし、その例えはちょっと違うんじゃないですかね。
        いや、言わんとする事はわかりますけど。 -- 2021-08-25 (水) 20:15:24
      • ↑そもそもヴァラールやエルフに「教えて」もらわなきゃいけない状況そのものが、モルゴスの妨害あってのことです。本来なら人間は自然にそのことを感得していたはずです。モルゴスがやってきて虚言でそのことをわからなくさせてしまったので、ヴァラールはエルフはその悪影響を癒やすために「教え」ないといけなくなってしまった。 -- 2021-08-25 (水) 22:19:27
      • モルゴスは死の恐怖を増幅させましたが、それ以前であっても、人間が死を恐れていなかった、とは限らないですよ。死を恩寵のように受け入れられた者たちも多かったのでしょうし、耐え難いほどの恐怖や嘆きを抱く者は少なかったのでしょうが、我々現実の人間と同一の者たちなのですから、恐れが殆ど無かったとも思えません。 -- 2021-08-26 (木) 01:57:58
      • 人間とエルフがどれだけ仲良くなろうとも決して根底の部分では理解出来ず、人間がエルフを妬みエルフが人間を軽蔑する一番の要因だったと思います。個人的にエルフと人間との価値観の違いで一番衝撃的だったのが、「アラゴルンとアルウェンの物語」で人間であるアラゴルンを愛し彼と共に生きる道を選んだアルウェンがアラゴルンが老い寿命でこの世を去るという事を理解出来ず、それまでは死すべき運命を恐れ破滅したヌメノール人の事を「罪深い愚か者と軽蔑していた」と本心を吐露した場面でした。人間を愛し、人間の国の王妃になり、人間の子供を産み、百二十年間人間の中で暮らした彼女でも人間の「寿命」という物を理解出来ていた訳ではなかった、という事でしょうから。長く生き人間と関わり人間の弟を持つエルロンド卿は理解している節がありましたが、アルウェンほど人間と関わりを持つエルフでも人間が死すべき運命に恐怖する気持ちが分からないなら、恐らくほぼ全てのエルフが人間の気持ちを理解する事は決してないのでしょうね。 -- 2021-08-26 (木) 17:17:30
      • 「モルゴスは死の恐怖を増幅させただけ」なんて書かれてないですよ。モルゴスのせいで人間は死を恐れるようになった、と書かれている。
        現在の我々と同一の者、というのも違うと思います。今こうであることの理由や起源を語るのが神話であって、つまりそれ以前は「今のよう」ではなかった。モルゴスに恩寵を汚されるまでは、死は恐怖の対象ではなかったのです。 -- 2021-08-26 (木) 21:41:17
  • 「死すべき定めの人の子に」だったんですね。「死すべき定めの人々に」とだと思っていました。人間達の事だと思ったから。
    かつて死ぬ人が分かっていたので「良い人生でしたか?」最後の日に聞くことにしていました。何人かいたので「これは人々だよな。」思ってしまった。

「猫の大公」さんもネットサーフィンで訪れたのか?
このページは「死すべき定め」で辿り着いたのですが、書き込みをしてからこのページに来ることは仕事とかゴタゴタによって来れなくなってしまいます。私も次にこのページに来れるのは三年後になるでしょう。何故なら何時もそうだから。

「神とはいまだかつて一度も死んだことがないもの」と定義しています。サウロンとかエルフ達は「死ぬこと」に重きをおいているが、死んだことがないものから見たら滑稽な話にしか思えないけど。 -- かつてのピーターパン 2021-08-22 (日) 19:05:01

  • 何飲みながら書いたらこんな文になるんだ…。 -- 2021-08-25 (水) 13:04:20
  • ピーターパンへの風評被害としか言いよう無くて草。 -- 2021-08-25 (水) 18:50:40
  • なるほど、さっぱりわからん。 -- 2021-08-27 (金) 07:37:03
  • そういえば“痴呆は死を恐れる気持ちへの特効薬”と聞いた事があるが、死すべき存在では無いエルフも痴呆になるのだろうか。
    そもそもキアダン以外老人のエルフっていないから、全然わからんけど。 -- 2021-08-25 (水) 18:52:34
    • 不老ですし病にも冒されないのでならないかと -- 2021-08-26 (木) 02:00:52
    • エルフには病は無いとシルマリルかおわらざりしかのどこかで読んだ気がする。逆にキアダンが老人とか言う話は聞いた事が無いが。 -- 2021-08-26 (木) 13:00:12
  • しかしエルフが病に冒されないのなら、肝心の患者や被験者がいないエルフで発展した医術は外科術だけなのだろうか?
    しかしそんなイメージもないから、不思議だよね。 -- 2021-08-26 (木) 17:59:26
    • エルロンドが、フロドのナズグルによる傷を癒やしたのは「呪いを解いた」のに似ています。病と呪いは通じるところもある世界だからエルロンドは癒やしの大家だったのでしょう -- 2021-08-26 (木) 22:37:15
      • エルフはいわば東洋医学的な考えなのかもしれませんね。
        本人の呪いや病や傷に対する抵抗力を最大限にサポートすることで癒すという。
        エルフ印の蜂蜜酒とかめっちゃ咳や喘息、風邪に効きそう。 -- 2021-08-27 (金) 07:38:35
  • イルーヴァタールさ、人間に死を贈り物にするにしろもうちょっと考えて贈ってほしかったわ。せめて老化現象は除いてほしかった。寿命が来るまで若いままずっとすごせて時間がきたら安らかにぽっくり逝くみたいな感じにしてほしかった。指輪物語を読めば読むほど人間ばっか貧乏くじ引いてて泣ける。 -- 2021-11-09 (火) 18:37:53
    • エルフの不死の方が特別な設定で死ぬのが生き物としての自然なのではないかと思える。案外不死のエルフの方も最後の方は狂気に襲われて死を懇願し、ダゴール・ダゴラスを待ち望むようになるのではないかな -- 2021-11-09 (火) 20:47:46
  • ってか別に人間だけへの贈り物じゃないよな。死すべき定めって。
    犬も猫も豚も牛もその他あらゆる動物も殺されなきゃ老いて衰えて死ぬんだからさ。
    だからって老衰や死を否定したりはしねーけど、これを贈り物と言い張られるのはチロルチョコを本命チョコと言われるくらいには理不尽感ある。 -- 2021-11-09 (火) 20:13:32
    • 犬猫動物は死んだらそのままですが、人間は死によって世界の圏外へ旅立つことができるので、明確に違いますよ -- 2021-11-09 (火) 20:25:34
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: