()すべき運命(さだめ)

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルMortality
その他の呼び名人間の天寵(Gift of Men)
人間の宿命、人間の運命(Doom of Men)

解説

イルーヴァタール人間に与えた贈り物。人間の魂はアルダに永住することはなく、時がくればによってそこを去っていく運命にある。

それ故、イルーヴァタールの思し召しにより、人間の心は彼岸を求め、この世では決して安息を見出すことはないのである。しかし人間には、この世の諸力と回り合わせの中にありながらも、人間以外のすべての存在にとって宿命も同然であるアイヌアの音楽を超えて、自分たちの生を形成してゆくという長所が与えられている。 …
人間の子らが、生きてこの世に住まうのはほんの短い間で、この世に縛られることなく、すぐに、いずこともエルフたちの与り知らぬところに出で立ってゆくのは、自由というこの贈り物と分かちがたい一つのものである。*1

ヴァラールといえどもこの賜物を人間から取り上げることはできない。だが冥王モルゴスはこの賜物を汚し、死を自らの支配する暗闇と混同させることによって、ほとんどの人間が恐怖する対象に変えてしまった。

人間の魂がどこに去っていくのかはイルーヴァタールの定めるところであり、アルダではマンウェマンドスが知るのみであるという。しかしベレンの例から見ると、人間の魂もいったんはマンドスの館に集められて待機の時間を過ごした後、外なる海の岸辺から世界の圏外へ旅立つようである。
また、ヴァラールエルフに言明したことによると、第二の音楽には人間も加わるという。

例外者

人間の中ではベレンだけが死んだ後も一度中つ国に戻ってきた。エルフの中ではルーシエンだけがベレンと運命を共にすることを選び、「本当に死んだ」。
また人間の中ではトゥオルのみが、死すべき運命から切り離されたと言われている。

その他

半エルフには、人間の死すべき運命とエルフの不死の運命のどちらかを選ぶ機会が与えられていた。

ヌーメノール人は老いを感じると、自分の望んだときに生を返上することができる特権が与えられていた。もっともヌーメノール後期になるとヌーメノール人は死を恐れ生に執着するようになるが、死すべき運命からは結局逃れることができなかった。特にヌーメノール末期は、王党派サウロンの影響でその傾向が強くなり、アル=ファラゾーンはサウロンの口車に乗せられ、“不死”を獲得しようとアマンに攻め入った(だが前述の通り、実際にはアマンに到達しても人間が不死を獲得できるわけではない)。
エレスサール王は「最後のヌーメノール人」として、息子エルダリオンに王位を譲り渡した後、自ら棺台に身を横たえ、自分の生を返上した。

『悲しみのうちにわれらは行かねばならぬとしても、絶望して行くのではない。ご覧! われらはいつまでもこの世に縛られているのではない。そしてこの世を越えたところには思い出以上のものがあるのだ。』*2

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なぜ人間だけ魂の行き先がごく一部を除いて知らされていないの??人間ばかり除け者にされてるようでエル・イルーヴァタールは何を考えてるのかさっぱりわからん。 -- 猫大公 2020-10-19 (月) 19:32:22
    • 行き先がわかっていたら「自由」ではいられなくなってしまうからでしょう。 -- 2020-10-19 (月) 21:24:13
    • 「さっぱりわからん」→考えるのも怖いのですが、もしかするとエルさんアザトースなのかも・・ -- 2020-10-19 (月) 23:23:58
    • この世に束縛され続けるアイヌアとエルフから見れば、自分たちこそ「この世を越えたところ」から除け者になっていると感じ、この世を越えていける人間を羨んでいるようです。 -- 2020-10-20 (火) 01:08:23
      • なるほど、そうだったんですか!エルフたちからすれば次子の人間ばかり可愛がられてる!みたいに思ってたりしそう。ちなみにどこソースですか?まだまだトールキンは勉強中でして。 -- 猫大公 2020-10-20 (火) 12:44:15
      • アイヌアとエルダールは物語の登場人物、人間は物語の読者だね。人間は本を読み終えることができるが、本の中の連中は本から出られない -- 2020-10-31 (土) 09:40:51
      • ↑の方 実存ということをあらためてかんがえるかてとなる考察、ありがとうございました。(「ソフィーの世界」終劇部のなつかしい余韻、思い出しました・・) -- 2020-11-05 (木) 23:29:26
      • ソースはどこ? -- 2020-12-03 (木) 19:41:30
      • シルマリルですね。一つは人間の死について述べられた箇所、もう一つはアカルラベース -- 2020-12-03 (木) 21:48:39
      • 他人に ソースは? などと不躾な物言いをして、いざ返答をされてもお礼も言わないような荒らし同然の輩は無視するに限る。本質的に話題に興味がなくてただマウントをとるために ソースは? と暇潰しで書き込んでるだけだから、と聞いたことがある。こういうのは他の場所でも同じような真似を繰り返してるんだろうなあ。 -- 2021-04-11 (日) 05:55:03
      • なぜいきりきたってんのさ笑
        むしろネット上で「ソースは?」と聞かれてそれに答えたからって礼を求める神経の方が間違いなくどうかしてるぞ。(俺は個人的には言うけど) -- 2021-04-11 (日) 07:10:00
      • ↑に同意。そんなに一々突っかかるほどの失礼なネタとは思えない。私もソースは?と言われたら嬉々として答えますが別に礼なんていらないですね…。ネットのやり取りですし。勿論返答あれば嬉しいがちょっと感覚の違いにビックリした。 -- 2021-04-11 (日) 16:23:47
  • モルゴスはイルーヴァタールの子が贈り物を与えられたことに妬んだとあるが、人間の贈り物は死。つまりモルゴスは「死」を欲しがっていた……?いや自由か? -- 2020-10-31 (土) 12:21:42
    • ↑よくあるアレじゃね?弟妹できた兄姉が次子に嫉妬するみたいな -- 2020-10-31 (土) 17:13:41
    • モルゴスが妬んだ、子らにエルが与えると約束したものとは、二つの贈り物(不死と死)のことではなく、世界の終末後に第二の音楽を正しく奏した褒美として子らの思いに与えられるだろうと言われているもののことでしょう。つまり不滅の炎を与えられること=世界の創造。モルゴスは自分で世界を創造したいと欲して堕落したわけですからね。 -- 2020-10-31 (土) 17:35:39
      • なるほど、勘違いしてました!わかりやすい解説ありがとうございます!モルゴス世界創造したいのに叶わず、子らを妬んだのもわかる気します。自棄になってたのかも。 -- 2020-10-31 (土) 23:35:27
  • 今にして思うと、FF3で大魔道師ノアが愛弟子ザンデに「人としての命を授けた」という設定も、この「恩寵としての死すべき運命」が由来だったのかな。 -- 2020-11-03 (火) 14:49:30
  • >ルーシエンだけが「本当に死んだ」とあるが、夕星姫アルウェンも死すべき運命を負うたのでは? -- 2021-04-02 (金) 05:21:38
    • 真のエルフの中ではルーシエンだけが、という事でしょう。
      アルウェンはエルフの運命を選んだ半エルフとエルフとの間の子供ですから、確かにエルフではありますがなんというか“注釈付き”の存在ですからねー。 -- 2021-04-02 (金) 13:06:22
      • なるほど……そして追補編のヌメノールの項目に答えが書いてありましたね。『エルロンドの子供たちにも一つの選択が課せられた。』と
        エレスサール王亡き後人間としての生を選択し、そしてヌーメノール人のように生を返上したのでしょうか?それなら確かに辻褄が合いますね -- 2021-04-07 (水) 11:52:29
      • ルーシエンも半エルフっちゃ半エルフだけど、意味合い違うもんな(笑)
        両親どちらも不死の存在な訳だし。 -- 2021-04-07 (水) 20:38:35
  • モルゴスが恩寵を汚さなかったら今頃の人類は今より少しはまともになっていたんだろうか -- 2021-04-02 (金) 19:36:10
    • たぶんその他は影響受けているから死を恐れない分やたら残酷で過激になっていたかもしれん -- 2021-04-12 (月) 07:25:57
      • 死を恐れるのも尊ぶのもどっちも健全とは言えないもんな。 -- 2021-04-12 (月) 08:13:30
  • ↑ソースはどこ?という雑な命令に嬉々として従い正確に引用された長文を提示しようとあくせくする貴方の働きぶりを見て、愉悦を感じる悪がこの世にはあるらしい。本当に相手へのリスペクトの精神を持っていて、真摯に知識を得る喜びを求めているなら ソースは? などという言い方はしないだろうというのが私の考えです。 -- 2021-04-11 (日) 18:15:42
    • 誰に話しかけとるんだ。少し落ち着きなよ。カッカしてるのもろわかり。言ってることめちゃくちゃだしね...。 -- 2021-04-11 (日) 19:10:53
    • ①ソースはどこ?という雑な命令…いやあ、それは命令でもなんでもないでしょう。ただの問いかけですよ。
      ②愉悦を感じる悪…曲解しすぎではないですか?ソースは?と言う問いかけに対して答えるも答えないもあなたの自由なのですし、それに対して応答するかどうかも相手の自由でしょう…。(前にも書いたように、私なら応答しますがそれは私の流儀や信条なので他人とは関係ない話です)
      あなたは自分に対する賛同や礼節がないと腹を立てるようですが、ここはあくまで自由意志で意見交流を行う場所なのですから、他人が自分の思惑通りにいかないからと言ってそれをいかにも社会的正義やルールであるかのように振りかざす論説には諾いがたいですかね…。
      私は「ソースは?」と問いかけもしませんし、問いかけをされても答えたけれれば答えるだけなので、正直そんな腹を立てる理由が一切わかりません。こっちは答えたくて答えたわけで答えなきゃならない義務なんてないんですから。
      結局持って回った言い回しではなく、要約すると「人が時間を裂いて丁寧に教えてやったんだから礼くらい言えよ!」ってことでしょう?
      リアルならそりゃわかりますけど、こんなコミュニケーションスペースでわざわざそのルールを相手に押し付けるのはどうかと思いますが…。 -- 2021-04-11 (日) 19:23:12
    • 「ソースは何?」程度の発言に対して
      “ソースはどこ?という雑な命令に嬉々として従い正確に引用された長文を提示しようとあくせくする貴方の働きぶりを見て、愉悦を感じる悪”
      とか言いきれる方がよっぽど悪の素質あると思うの。回答する人間までバカにする言い方だし。 -- 2021-04-11 (日) 19:45:50
      • があるらしいと書いているのに、わざと曲解するのは感心しないぜ。犯罪者の手口や心境を理解している警察官は悪の素質があるのか。 -- 2021-04-11 (日) 21:50:56
      • ↑さすがに擁護下手くそすぎ。もう少しうまくやろうぜ隠せてない。 -- 2021-04-11 (日) 22:04:35
      • まあ普通に考えたら擁護したくなる意見かどうかなんて本人以外はわかるからな...。 -- 2021-04-11 (日) 22:08:15
      • わざとの曲解ではないでしょう。
        そもそも犯罪者の心理を理解している警察官を引き合いに出してますが、彼らが犯罪者の心理を理解しているのは業務用必要なために経験と訓練を積んでいるからです。
        「ソースは何なの?」と言う発言から発言者が愉快犯としての悪に手を染めている、と言う手口や心境をどういう経験や訓練から理解できると言うのですか?本人がそういう発想でない限り至らない結論だと思いますが…。 -- 2021-04-11 (日) 22:24:00
      • 「ソースは?と発言する奴の手口や心境は完璧に知悉している。彼らは悪だ」
        冷静に見るほどただのヤバイ人で草。 -- 2021-04-12 (月) 07:19:38
      • ソース論争については、管理人さんの
        “人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります”
        という一文があるのだから、それ以外のルールや価値観を押し付けるのは良くないんじゃないかな。
        管理人さんが『相手に問いかけたのならお礼位は言いましょう、それがマナーです』というなら別だが。個人的には、「ソースは?」なんて聞き方は絶対しませんし、相手に問いかけて答えを得たならお礼は言いますが。 -- 2021-04-21 (水) 07:56:11
  • アラゴルンの潔くさっぱり逝く感じが好き。アルウェンは悲しかっただろうし彼女を置いていくことに思うことはあっただろうけど、生に過剰に執着しないのが最後のヌーメノーリアンって感じでいい。老年ゆえの達観みたいな。 -- 2021-04-11 (日) 19:28:44
    • その意見、とてつもなくよくわかります。自らの定められた生をどれだけ輝かせるか、またその輝きでどれだけの人を照らし暖められるか、が彼の基本哲学だったのでしょうね。
      それでいて諧謔や極めて人間的な楽しみや交流も楽しめる、ただ気高く優れた指導者であるだけの人物ではないところが彼の最大の魅力だと思います。 -- 2021-04-11 (日) 19:40:45
      • 原作のアラゴルンは野伏に身をやつしつつも尾高貴な風格を失いませんよね。でも小馬亭のビールが好き。エルフの間で育ったこと、野伏として過ごしたこと、両方が彼の人格に深みを与えている気がします。……このへんはアラゴルンのページでやるべきかな笑
        強引に軌道修正すると、そんな彼の最期の言葉が中つ国における人間の死について、というところがいいと思います。うーん王。 -- 木主 2021-04-11 (日) 20:51:55
      • いや、死すべき運命の理解を語るにおいてアラゴルンは外せないと思いますよ。彼はその他のあらゆる運命には敢然と逆らいながら、死すべき運命には粛々と従い諭したのですから。彼を通じてアルウェンは真に人間とその運命である死、そして例え恩寵であろうとそれによって振り回される人間の悲哀さを身をもって理解することが出来ましたし。
        なので多めに見てもらいましょう笑 -- 2021-04-11 (日) 20:57:15
  • ここって年齢層高そうだから変なネットリテラシーに毒された人多いんだろうなあ、と思った。 -- 2021-04-19 (月) 07:42:59
  • 上のコメント読んで気づいたんだが、死すべき定めを選んだ二人のエルフはどちらもエルフ以外の血が混じってるんだよな。
    (だからって二人はエルフじゃないとか言いたいんじゃなくてね) -- 2021-04-19 (月) 13:05:07
  • なんでイルーヴァタールは人間に「死」を与えたんだろう。もっとましな贈り物をしてほしかった、と思うのはモルゴスに汚染された証なんかな -- 2021-08-02 (月) 21:15:38
    • いやなんかやらかしたらマンドスに世の終わりまで幽閉されるエルフになりたいか?死にたくても死ねないでしょあの人ら -- 2021-08-02 (月) 23:05:15
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: