#author("2021-04-05T11:51:56+09:00;2021-03-11T13:29:22+09:00","","")
#author("2021-04-05T11:54:35+09:00;2021-03-11T13:29:22+09:00","","")
-『The History of Middle-Earth』の第8巻については[[The War of the Ring>The History of Middle-earth/The War of the Ring]]を参照してください。
-ボードゲームについては[[War of the Ring]]を参照してください。
----
* &ruby(ゆびわせんそう){指輪戦争}; [#sfc43e61]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[歴史・事件]]|
|~スペル|War of the Ring|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#Explanation]

『[[指輪物語]]』劇中で語られる、[[第三紀]]末の[[大いなる年]](3018~3019年)に[[一つの指輪]]を巡って繰り広げられた一連の戦争を指す。
[[サウロン]]による[[オスギリアス]]及び[[闇の森の王国>闇の森#Realm]]への攻撃に始まり、[[ホビット庄]]の[[水の辺村の合戦]]に終わると考えられている。

*** 参戦国、勢力 [#kd1e4b4b]

:[[自由の民]]|[[ゴンドール]]、[[ローハン]]、[[北方の野伏>野伏]]、[[谷間の国]]、[[山の下の王国>エレボール#Kingdom]]、[[闇の森の王国>闇の森#Realm]]、[[ロスローリエン]]、[[ファンゴルン]]、[[ホビット庄]]
:[[サウロン]]とその属国|[[モルドール]]、[[ドル・グルドゥア]]、[[リューン]]、[[ハラド]]、[[ハンド]]、[[ウンバール]]
:[[サルマン]]とその同盟者|[[アイゼンガルド]]、[[褐色人]]
:[[サルマン]]とその同盟者|[[アイゼンガルド]]、[[褐色人の国]]

*** 主な戦いの一覧 [#k2fc3248]

:オスギリアスの攻防戦|3018年6月20日。[[ゴンドール]]軍が守備していた[[オスギリアス]]に、[[モルドール]]軍が攻撃を仕掛けた。
[[ナズグール]]に指揮されたモルドール軍が兵力の上でも圧倒的優勢であり、[[ボロミア]]および[[ファラミア]]に指揮されたゴンドールの駐屯部隊は全滅した。辛うじてゴンドール方は唯一残っていた橋を落とし、大河[[アンドゥイン]]の西岸までが敵の手に落ちるのは防いだ。だが[[サウロン]]の目的はナズグールの秘密裏の渡河、およびゴンドールの守備力を試すことであり、いずれの目的も達成された。
[[白の会議]]を攪乱するため、下記の[[闇の森の王国>闇の森#Realm]]への攻撃と同時に行われた。
この戦いのあった夜から、[[ファラミア]]は[[夢のお告げ>ボロミアの謎歌]]を受けるようになった。

:闇の森の王国への襲撃|3018年6月20日。夜間に[[オーク]]の部隊が[[スランドゥイル]]の[[闇の森の王国>闇の森#Realm]]を襲撃した。
オークは多勢であったが[[霧ふり山脈]]から遠征してきた者達で森林戦に慣れておらず、[[闇の森]]の[[エルフ]]に撃退された。だがオークの襲撃は、囚われていた[[ゴクリ]]の救出を目的としたもので、ゴクリは戦闘の混乱にまぎれて脱走に成功した。
[[白の会議]]を攪乱するため、上記の[[オスギリアス]]への攻撃と同時に行われた。

:[[アイゼンの浅瀬の合戦]]|[[アイゼンの浅瀬]]を巡る[[アイゼンガルド]]対[[ローハン]]の戦い。詳細は当該項目を参照。
--第一の合戦
3019年2月25日。[[サルマン]]はローハンを侵略するため[[半オーク]]および[[褐色人]]からなる軍勢を送り出し、それを食い止めようとする[[セオドレド]]らローハンの[[騎馬軍団>エオレド]]が浅瀬で防戦した。この戦いでセオドレドは討死した。
--第二の合戦
3019年3月2日。アイゼンガルドより出撃した大軍勢が、浅瀬で持ちこたえていた[[エルフヘルム]]、[[グリムボルド]]らを攻撃し、敗走させた。

:[[角笛城の合戦]]|3019年3月3日。[[ヘルム峡谷]]における[[アイゼンガルド]]対[[ローハン]]の戦い。詳細は当該項目を参照。
[[アイゼンの浅瀬]]を越えて進軍してきた[[サルマン]]の[[オーク]]、[[ウルク=ハイ]]および[[褐色人]]の大軍勢に対し、[[セオデン]]の率いるローハン軍が[[角笛城]]に拠って抵抗した。アイゼンガルド方は一時は[[火>爆破用の火]]によって峡谷の防壁を吹き飛ばして攻め入るなど善戦したが、夜明けとともに[[ガンダルフ]]に連れられた[[エルケンブランド]]らの援軍が到達し、一転してローハン方の勝利に終わった。褐色人は降伏し、逃走したオークは[[フオルン]]の森によって殲滅された。

:アイゼンガルドの陥落|3019年3月2日および3日。[[木の鬚]]を筆頭とした[[エント]]および[[フオルン]]の大群が、[[ローハン]]侵攻に軍勢を送り出して空になっていた[[アイゼンガルド]]を攻撃し、これを破壊した。
アイゼンガルドはエントの引き入れた水によって水没したが、[[サルマン]]の籠る[[オルサンク]]の塔だけはエントでも破壊することができなかった。

:大河の攻防|3019年3月10日から13日にかけて。再び[[モルドール]]より大軍が送り出され、[[ゴンドール]]軍が駐屯していた[[オスギリアス]]西岸、および[[カイア・アンドロス]]を奪い大河[[アンドゥイン]]の通行権を奪取した。[[イシリアン]]で抵抗を続けていた[[ファラミア]]と[[彼の野伏>イシリアンの野伏]]は撤退を余儀なくされた。
その後大河の通行権を取り戻すべく、[[デネソール>デネソール二世]]の命により再度ファラミアが派遣されたが再び敗れ、退却時にファラミアは瀕死の重傷を負った。

:[[ペレンノール野の合戦]]|3019年3月13日から15日にかけて。大河の通行権を得た[[モルドール]]軍およびその同盟軍が[[ペレンノール]]へ侵入し、[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]を包囲攻撃した。詳細は当該項目を参照。
15日未明に[[魔王]]によって大門が破られるなど[[ゴンドール]]方が劣勢だったが、同日夜明けに[[ローハン]]の援軍が到着して魔王は斃され、さらに[[アラゴルン二世]]に率いられた[[辺境の諸侯国]]の援軍も到着し、モルドール軍は打ち破られた。この戦いで[[自由の民]]側は[[セオデン]]、[[デネソール>デネソール二世]]をはじめ多くの者が命を落とした。

:ロスローリエンの攻防|3019年3月11日および15日および22日。[[ロスローリエン]]は[[ドル・グルドゥア]]より三度攻撃を受けたが、いずれの攻撃も撃退した。

:[[闇の森樹下の合戦]]|3019年3月15日。[[闇の森の王国>闇の森#Realm]]が[[ドル・グルドゥア]]より攻撃を受けたが、これを撃退した。詳細は当該項目を参照。

:[[谷間の国の合戦]]|3019年3月17日から27日にかけて。長い間[[谷間の国]]の東部を脅かしていた、[[モルドール]]の同盟者の[[東夷]]が[[カルネン]]を渡河し、攻撃してくる。詳細は当該項目を参照。
谷間の国の王[[ブランド]]は[[山の下の王>エレボール#Kingdom]][[ダイン二世]]に救援を求め、同盟を結んで抵抗した。この戦いで[[エレボール]]の麓が戦場となり、ブランドおよびダイン二世が討死する。だが[[谷間の国の人間]]と、エレボールのドワーフの生き残りは、エレボール内に籠城して抵抗した。その後、[[サウロン]]敗北の知らせが届くと東夷は動揺し、エレボール内の軍勢は打って出て、敵を駆逐した。

:[[黒門の戦い]]|3019年3月24日から25日。[[アラゴルン二世]]ら率いる[[西軍]]と[[モルドール]]の最後の戦い。詳細は当該項目を参照。
[[西軍]]は[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]より出陣して北上し、途中[[モルグル谷]]の橋を破壊して[[黒門]]へ到達した。そこで両軍は使者を立てて交渉したものの決裂。[[西軍]]は[[燃えかすの山]]に陣取り、圧倒的多数のモルドール軍と戦った。戦いの最中[[指輪所持者]]の任務が達成され、[[サウロン]]は滅び、モルドールとその同盟者は総崩れとなって西軍の勝利に終わった。

:ドル・グルドゥアの破壊|3019年3月28日。[[ケレボルン]]率いる[[ロスローリエン]]の軍勢が[[ドル・グルドゥア]]を陥落させ、[[ガラドリエル]]が要塞を破壊した。

:[[水の辺村の合戦]]|3019年11月2日から3日。指輪戦争において[[ホビット庄]]で行われた唯一の戦い。庄に浸透していたシャーキーこと[[サルマン]]が送り込んだ[[ごろつき]]が[[旅人たち]]の指揮するホビット庄民によって駆逐された。詳細は当該項目を参照。
この戦いをもって指輪戦争は終結した。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)