#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2015-10-08T00:10:06+09:00","","")
#author("2020-01-02T11:27:41+09:00;2015-10-08T00:10:06+09:00","","")
* ヴァラカール [#i26bd3f3]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Valacar|
|~種族|[[人間]]([[ドゥーネダイン]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]](1194)~1432(享年238)。在位1366~1432(66年間)|
|~生没年|[[第三紀]](1194)~1432年(享年238)|
|~親|[[ローメンダキル二世]](父)|
|~配偶者|[[ヴィドゥマヴィ]]|
|~子|[[エルダカール>エルダカール(ヴァラカールの息子)]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

|>|>|~[[ゴンドール]]の王|h
|CENTER:第19代&br;[[ローメンダキル二世]]&br;1304~1366|CENTER:第20代&br;''ヴァラカール''&br;[[第三紀]]1366~1432|CENTER:第21代&br;[[エルダカール>エルダカール(ヴァラカールの息子)]]&br;1432~1437|
|CENTER:第19代&br;[[ローメンダキル二世]]&br;1304~1366|CENTER:第20代&br;''ヴァラカール''&br;[[第三紀]]1366~1432年(66年間)|CENTER:第21代&br;[[エルダカール>エルダカール(ヴァラカールの息子)]]&br;1432~1437|

[[ゴンドール]]20代目の王。
ゴンドールと[[北国人]]との繋がりを強化するため、1250年に当時のゴンドールの[[摂政]]である父[[ミナルカール(後のローメンダキル二世)>ローメンダキル二世]]によって、北国人の有力者[[ヴィドゥガヴィア]]のもとへ大使として派遣された。ヴァラカールは現地で北国人の習俗を学んでいるうちに、北国の土地や人々を愛するようになり、やがてヴィドゥガヴィアの娘[[ヴィドゥマヴィ]]を娶り、1255年には息子[[エルダカール(ヴィニサールヤ)>エルダカール(ヴァラカールの息子)]]が生まれた。北国人を白眼視していたゴンドールの貴族にとって、この結婚は前代未聞だった。
後に父の跡を継いで王となるが、彼が年老いてくると、[[北国人]]との混血であるエルダカールを王に戴くことに懸念を示した[[ドゥーネダイン]]が、ゴンドールの南部地方で反乱を起こした。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)