ヴァラカール

概要

カテゴリー人名
スペルValacar
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀(1194)~1432年(享年238)
ローメンダキル二世(父)
配偶者ヴィドゥマヴィ
エルダカール(息子)

解説

ゴンドールの王
第19代
ローメンダキル二世
1304~1366
第20代
ヴァラカール
第三紀1366~1432年(66年間)
第21代
エルダカール
1432~1437

ゴンドール20代目の王。
ゴンドールと北国人との繋がりを強化するため、1250年に当時のゴンドールの摂政である父ミナルカール(後のローメンダキル二世)によって、北国人の有力者ヴィドゥガヴィアのもとへ大使として派遣された。ヴァラカールは現地で北国人の習俗を学んでいるうちに、北国の土地や人々を愛するようになり、やがてヴィドゥガヴィアの娘ヴィドゥマヴィを娶り、1255年には息子エルダカール(ヴィニサールヤ)が生まれた。北国人を白眼視していたゴンドールの貴族にとって、この結婚は前代未聞だった。
後に父の跡を継いで王となるが、彼が年老いてくると、北国人との混血であるエルダカールを王に戴くことに懸念を示したドゥーネダインが、ゴンドールの南部地方で反乱を起こした。

コメント

コメントはありません。 Comments/ヴァラカール

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: