#author("2018-09-18T18:01:23+09:00","","")
#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2016-03-15T04:49:48+09:00","","")
* ネヴラスト [#j007e269]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Nevrast|
|~その他の呼び名|此岸(Hither Shore)|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で「[[此岸]]」の意。元来は[[アマン]]沿岸を指す[[ハイラスト]](彼岸)と対になる地名で、[[ドレンギスト]]の入り江以南の沿岸全域を指したが、後に[[ドル=ローミン]]の西、[[エレド・ローミン]]を越えた[[ヒスルム]]より南西の地域のみを指すようになった。地形的には盆地であり、南側は[[エレド・ウェスリン]]から西端の岬にある[[タラス]]山まで続く丘陵で、西の海岸沿いは内側の平原よりも高い大絶壁になっていた。
山脈が北風を遮り、海風が運んでくる雨に恵まれたために[[ヒスルム]]より遥かに温暖で湿潤な土地であった((そのためネヴラストを[[ベレリアンド]]の一部と認識する者もいたが、これは正しくない))。川は一条も流れていなかったが、中央部には広大なネヴラストの沢地(Marshes of Nevrast)に囲まれた、鳥たちの集う[[リナイウェン]]の湖があった。

ネヴラストは、[[トゥアゴン>トゥアゴン(フィンゴルフィンの息子)]]とその民が[[ゴンドリン]]に向かう前に住んでいたところであり、[[タラス]]山の麓に[[ヴィンヤマール]]の宮殿があった。[[ノルドール]]と[[シンダール]]はこの地で最も早く混交して一つの民(後の[[ゴンドリンドリム]])となった。
トゥアゴンとその民が[[ゴンドリン]]へと去ると無人となったネヴラストは廃墟と化したが、後に[[トゥオル]]がこの地にやってきて一人で住み着いた。やがてトゥオルは白鳥に導かれて[[ヴィンヤマール]]へ至り、そこで[[ウルモ]]自身から彼の使者として[[ゴンドリン]]を目指すよう命じられた。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)