ネヴラスト

概要

カテゴリー地名
スペルNevrast
その他の呼び名此岸(Hither Shore)

解説

シンダール語で「此岸」の意。元来はアマン沿岸を指すハイラスト(彼岸)と対になる地名で、ドレンギストの入り江以南の沿岸全域を指したが、後にドル=ローミンの西、エレド・ローミンを越えたヒスルムより南西の地域のみを指すようになった。地形的には盆地であり、南側はエレド・ウェスリンから西端の岬にあるタラス山まで続く丘陵で、西の海岸沿いは内側の平原よりも高い大絶壁になっていた。
山脈が北風を遮り、海風が運んでくる雨に恵まれたためにヒスルムより遥かに温暖で湿潤な土地であった*1。川は一条も流れていなかったが、中央部には広大なネヴラストの沢地(Marshes of Nevrast)に囲まれた、鳥たちの集うリナイウェンの湖があった。

ネヴラストは、トゥアゴンとその民がゴンドリンに向かう前に住んでいたところであり、タラス山の麓にヴィンヤマールの宮殿があった。ノルドールシンダールはこの地で最も早く混交して一つの民(後のゴンドリンドリム)となった。
トゥアゴンとその民がゴンドリンへと去ると無人となったネヴラストは廃墟と化したが、後にトゥオルがこの地にやってきて一人で住み着いた。やがてトゥオルは白鳥に導かれてヴィンヤマールへ至り、そこでウルモ自身から彼の使者としてゴンドリンを目指すよう命じられた。

コメント

コメントはありません。 Comments/ネヴラスト?

お名前:
Last-modified: