#author("2020-10-05T17:09:07+09:00;2020-10-05T10:23:40+09:00","","")
#author("2020-10-07T18:32:50+09:00;2020-10-07T13:48:22+09:00","","")
* ナルン・イ・ヒーン・フーリン [#hb8cfcdb]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[詩・歌]]|
|~スペル|Narn i Hîn Húrin &br; Narn i Chîn Húrin((『[[The Lost Road and Other Writings>The History of Middle-earth/The Lost Road and Other Writings]]』によると、こちらが正しい表記。同書での[[クリストファー・トールキン]]曰く、Chînを英語のchinで読まれるのを避けるためにHînに変えたが、この判断は誤りであったという))|
|~スペル|Narn i Hîn Húrin (Narn i Chîn Húrin((『[[The Lost Road and Other Writings>The History of Middle-earth/The Lost Road and Other Writings]]』によると、こちらが正しい表記。同書での[[クリストファー・トールキン]]曰く、Chînを英語のchinで読まれるのを避けるためにHînに変えたが、この判断は誤りであったという)))|
|~その他の呼び名|フーリンの子らの物語(Tale of the Children of Húrin)|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で「''フーリンの子らの物語''」の意。[[ディーアハヴェル]]によって作られた長詩で、当時を語る物語詩の中でもっとも長いものであるという。
[[モルゴス]]が[[フーリン>フーリン(ガルドールの息子)]]にかけた呪いにより、彼の子供達と[[ハドル家]]に非業と破滅の運命がもたらされた次第を語ったもので、フーリンの息子[[トゥーリン]]の生涯が中心になっている。

>そしてこれは、痛ましい嘆きの物語とも呼ばれる。というのも、これが悲しい物語であり、モルゴス・バウグリアの最も忌むべき所業がここに現われているからである。((『[[シルマリルの物語]]』「トゥーリン・トゥランバールのこと」))

『[[シルマリルの物語]]』「[[クウェンタ・シルマリルリオン]]第21章」は、これを要約したものである。『[[終わらざりし物語]]』には、部分部分のより詳細な形が収録されている。さらに、より完全な形に編集されたものが『[[The Children of Húrin]]』である。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)