#author("2019-07-07T14:31:15+09:00","","")
#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2018-09-14T06:20:22+09:00","","")
* アンドローグ [#z41f0849]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Andróg|
|~種族|[[人間]]([[エダイン]])|
|~性別|男|
|~生没年|~†[[第一紀]](489)|
|~子|[[アンドヴィーア]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

[[ガウアワイス]]の一員。弓の使い手で、ガウアワイスの中でも特に残忍とされる男。元は[[ドル=ローミン]]の[[ハドルの族]]の出身で、女性を殺害したため追放された後、ガウアワイスの一員となった。
[[トゥーリン]]がガウアワイスの首領の[[フォルウェグ]]を殺した現場に居合わせたが、そのトゥーリンを新しい首領に戴くのを真っ先に認めた。
アンドローグは警戒心が強く、トゥーリンを捜してやってきた[[ベレグ>ベレグ(ドリアス)]]を[[ドリアス]]の間者だと思い、彼を木に縛りつけて詰問し、水も食料も与えないなど手荒に扱った。
[[小ドワーフ]]の[[キーム]]を弓で射殺したことから、キームの父[[ミーム]]より、再び弓矢を手にしたら矢によって死ぬという呪いを受けた。

ある時アンドローグはミームの呪いに抗って弓矢を手にしたことで、毒矢の傷((一説では[[オーク]]の矢。))を受けた。この時は[[ベレグ>ベレグ(ドリアス)]]に傷を癒してもらい助かったが、それでも彼のベレグへの不信感は揺らがなかった。また、この一件でミームは自分の呪いを台無しにされたと思い、ベレグへの憎しみが増した。

ミームの裏切りによって[[バル=エン=ダンウェズ]]が[[オーク]]に攻撃された時、アンドローグは[[トゥーリン]]に[[アモン・ルーズ]]の山頂へ通じる秘密の階段のことを教えた。かつてバル=エン=ダンウェズで食料が不足した冬に、アンドローグは[[ミーム]]の秘密の食料貯蔵庫を探し、この階段を見つけていたのだった。彼らはアモン・ルーズの山頂へ逃れ、アンドローグはそこで勇敢に戦ったが矢傷を受けて死に、ミームの呪いは成就した。

『[[The War of the Jewels>The History of Middle-earth/The War of the Jewels]]』によると、一説では同じく[[ガウアワイス]]に加わっていた[[アンドヴィーア]]という息子がいる。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)