#author("2020-09-04T00:13:40+09:00;2018-05-04T09:42:42+09:00","","")
* &ruby(つの){角};&ruby(ぶえ){笛};城 [#k24e3831]
#author("2020-09-09T21:40:22+09:00;2018-05-04T09:42:42+09:00","","")
* &ruby(つのぶえじょう){角笛城}; [#k24e3831]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Hornburg|
|~異訳|ホーンブルグ|
|~その他の呼び名|スースブルグ(Súthburg)|

** 解説 [#Explanation]

[[白の山脈>エレド・ニムライス]]の[[奥谷]]にある[[ヘルム峡谷]]の入り口を守る城で、[[アイゼンの浅瀬]]の近くに位置する[[ローハン]]西部の軍事拠点。城の手前には[[ヘルムの堤防]]がある。
角笛城の名前は、[[第三紀]]2758年の[[大侵略]]でこの城に立てこもった[[ヘルム]]が出撃するときに吹き鳴らした角笛に由来したもので、それ以前は[[ローハン語]]で''スースブルグ''と呼ばれていた。
[[ロヒアリム]]の間では、この城は遠い昔に[[海の王たち>ドゥーネダイン]]が[[巨人]]たちの力を借りて作り上げたと言われていた。『[[シルマリルの物語]]』『[[終わらざりし物語]]』の記載によると、[[ゴンドール]]の[[ヌーメノール人]]によって建造された。

角笛城は、[[指輪戦争]]時には[[西谷]]の領主[[エルケンブランド]]の居城となっており、彼は戦争に備えて城と城壁を補強していた。[[第三紀]]3019年([[大いなる年]])3月2日、[[セオデン]]率いる[[ローハン]]の軍勢は[[サルマン]]の[[アイゼンガルド]]の軍勢の戦うために[[エドラス]]から出撃して西進したが、アイゼンガルド軍が既に[[アイゼンの浅瀬の合戦]]で勝利を収め、エルケンブランドが敗走したことを知ると、[[ガンダルフ]]の勧めでこの城に籠城し、3月3日から4日にかけて城を攻めるアイゼンガルド軍との間で戦いが行われた([[角笛城の合戦]])。

*** 構造 [#oacc7780]

[[ヘルム峡谷]]の入り口の手前は''ヘルムの門''(Helm's Gate)と呼ばれ、その北側の崖から''角笛岩''(Hornrock)と呼ばれる大岩が突出しており、角笛城はこの大岩を土台にした、古い石の城壁とその中に聳える高い塔からなる。城の内部には''外庭''(outer court)と''中庭 / 内庭''(inner court)があり、外庭から階段を三つ登ると、後ろの峡谷から伸びている城壁に達する。城の''城門''(Hornburg-gates)は大門(great gate)とも呼ばれ、[[奥谷]]から続く道は土手道と坂道を登って城門に至る。裏の峡谷からは幅の広い階段が大岩を登り、城の''裏門''(rear-gate)に達する。

城からヘルムの門の南側の崖へは''奥の防壁''(Deeping Wall)と呼ばれる壁が伸び、峡谷の入り口を塞いでいる。防壁の高さは20フィート(約6.1m)で、幅は男四人が並んで歩ける程度。防壁の頂は矢を射る狭間を持つ胸壁を備え、城の外庭にある入り口と階段で繋がっている。

背後のヘルム峡谷からは[[渓流>渓流(ローハン)]]が流れ出ている。この川は奥の防壁の下に設けられた広い暗渠を通り、角笛岩の麓を廻って城門の土手道の下をくぐり、城への道に沿って流れ、[[ヘルムの堤防]]の破れ口を通り、奥谷へ下る。

*** 画像 [#uf00bf6f]

&ref(hornburg_bytolkien.jpg,,10%,トールキンが草稿に描いた「ヘルム峡谷と角笛城」);

** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#Lotrmovie]

#amazon2(B0002ZGVN8)
構造が原作と異なり、背後の崖の内部にも城の構造物がある。塔は城の端にあり、頂上には大きな角笛が据え付けられている。

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#LotRO]

構造は映画よりも原作の描写に忠実に設定されている。
&ref(ScreenShot00628.jpg,,10%,『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における角笛城);

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)