#author("2019-12-20T18:17:06+09:00","","")
#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2016-08-16T04:47:37+09:00","","")
* &ruby(おうとうは){王党派}; [#i355b60a]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[役職・組織・団体]]|
|~スペル|King's Men, King's Party|
|~異訳|王の部下たち|

** 解説 [#Explanation]

[[ヴァラール]]と[[エルダール]]を敵視した[[ヌーメノール]]王とそれに追随する[[ヌーメノール人]]のこと。

[[タル=アンカリモン]]の治世以降、彼らは主流派となり、[[エレンディリ(忠実なる者)>忠実なる者]]を迫害した。彼らは[[ヴァラールの禁]]を批判し、不死の命を持つ[[エルフ]]を妬み、また[[死すべき運命]]への恐れから、命を呼び戻す、あるいは寿命を延ばす研究を行った。死への恐れが強まるにつれて彼らは快楽と歓楽に溺れるようになり、[[中つ国]]に航海して沿岸部に植民地を築き、現地の富を収奪する苛烈な支配者として君臨した。

やがて[[サウロン]]が[[ヌーメノール]]にやってくると、その口車に乗せられた王党派は[[メルコール>モルゴス]]を崇拝し、拷問や人身御供を伴う残酷な儀式を執り行った。ついには[[禁>ヴァラールの禁]]を破り、不死を獲得するため[[アマン]]へ攻め入ったが、[[ヌーメノールの島>ヌーメノール]]ごと[[イルーヴァタール]]によって滅ぼされた([[ヌーメノールの没落>アカルラベース]])。

しかし王党派のヌーメノール人がすべて滅ぼされたわけではなく、中つ国で生き残ったものもいた。サウロンと暗黒の力を崇拝し続ける彼らは''[[黒きヌーメノール人]]''と呼ばれるようになった。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)