#author("2021-08-28T16:48:21+09:00","","")
#author("2021-09-04T13:04:50+09:00;2021-09-03T09:03:40+09:00","","")
* 爆破用の火 [#af92e781]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[物・品の名前]]|
|~スペル|blasting fire|
|~その他の呼び名|オルサンクの火(fire of Orthanc)|

** 解説 [#Explanation]

[[角笛城の合戦]]において[[アイゼンガルド]]軍が使用した爆発物。
[[ヘルム峡谷]]を塞ぐ奥の防壁にある、[[渓流>渓流(ローハン)]]が流れる暗渠に仕掛けられ、発破により防壁に裂け目が作られた。[[角笛城]]への攻撃と城門の破壊にも同じ火が用いられたと思われる。
[[アラゴルン二世]]はこの火を「[[サルマン]]の妖術(Devilry of Saruman)」、[[オルサンク]]から持ち込まれた「悪魔の道具(a devilry)」とも形容している。

同様の爆発物は[[サウロン]]の[[モルドール]]軍も用いたと思しい。[[ピピン>ペレグリン・トゥック]]は[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]から、モルドール軍に攻略される[[ランマス・エホール]]の壁に突然火の手が上がり、時折赤い閃光と鈍い音が響くのを目撃した。後に[[ガン=ブリ=ガン]]は[[ゴルグン(オーク)>オーク]]が「土の雷(earth-thunder)」と黒鉄の棒でランマス・エホールの壁を壊したと[[セオデン]]に語った。
[[モランノンの荒廃地]]では、[[燃えかすの山]]のように爆破された土や石が数多く山積みにされていた。

このような戦争用の仕掛けは[[冥王]]とその追随者に属する邪悪な技だと思われ、[[自由の民]]がこのような爆発物を武器として使用する描写はない。
[[ガンダルフ]]はしばしば[[ホビット庄]]で[[花火]]を披露したが、これは人を愉しませるための一種の芸術であった。((『[[ホビットの冒険]]』では[[ゴブリン町]]の洞穴で[[トーリンとその仲間]]が[[ゴブリン]]に襲われた時にガンダルフが使った魔法は「洞穴に稲光のようなおそろしいひらめきが走り、火薬のようなにおい(a smell like gunpowder)がして、ゴブリンたちのなん人かが、たおれ死にました。」とあるが、実際に火薬を用いたものかどうかは判然としない。))

** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#Lotrmovie]

[[オルサンク]]で[[サルマン]]が金属製の容器に火薬らしきものを入れて爆弾を製造する。この爆弾は原作同様、[[角笛城の合戦]]で[[ウルク=ハイ]]が防壁を爆破するのに使用された。

**『[[The Lord of the Rings RolePlaying Game]]』の設定 [#j68e6751]

東方を旅していた頃のサルマンが、東方に住む[[ドワーフ]]の[[ヴィグディスの一族>石足族]](Folk of Vigdís)の協力を得て開発したとされている。ドワーフはこの兵器を住処を奪おうする[[龍]]を追い払うために用いた。この兵器を登載した彼らの本拠地バラズ=ラギル(Baraz-ragil)は難攻不落の要塞で、ヴィグディスの一族は7氏族の中で唯一、自らの国を守り通し、一度として失わなかった一族となった。

** 『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#p3a4f992]

[[ゴブリン]]のsapper(工兵)などがpowder keg(火薬の樽)を使用しており、これを防いだり逆用したりするクエストなどに登場。
[[ゴブリン]]のsapper(工兵)などがpowder keg(火薬の樽)といった類いのものを使用しており、これを防いだり逆用したりするクエストなどに登場。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)