#author("2019-09-26T03:23:13+09:00","","")
#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2019-11-03T11:26:22+09:00","","")
* &ruby(なな){七};つの&ruby(ゆびわ){指輪}; [#fe7ad47c]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[物・品の名前]]|
|~スペル|the Seven (Rings)|
|~その他の呼び名|ドワーフの七つの指輪(Seven Rings of the Dwarves)|

** 解説 [#Explanation]

[[力の指輪]]のうち、[[ドワーフ]]に与えられた七つの指輪。[[エレギオン]]の[[エルフ]]の職人集団[[グワイス=イ=ミーアダイン]]によって作られたが、それに協力した[[サウロン]]の悪しき意図が吹き込まれていた。

>伝えられるところによると、古のドワーフ王たちの七大財宝は、それぞれ金の指輪を元に築かれたという。((『[[シルマリルの物語]]』「力の指輪と第三紀のこと」))

元来は力の指輪に共通する効果として、持ち主の資質に応じてその能力を増大させ、また時による衰えを遅延させる力と、サウロンによって加えられた使用者を「幽界」に引き込むことでその姿を不可視にし、同時に本来見ることのできない領域の物事を目にできるようになる力が備わっていたと思われる。
だが[[ドワーフ]]は非常に頑強な種族で、外部からの影響をほとんど受け付けない性質を持っていたために、寿命が引き延ばされることも、サウロンの謀りを受けて影の存在である[[ナズグール]]に変えられてしまうこともなかった。ドワーフたちはただ富を得る手段としてのみ指輪を使い、莫大な富を獲得した。
だがいずれにせよそれはサウロンの悪意のこもった指輪であるために、ドワーフたちは飽くなき欲望に身を落としたり錯乱したりして、最後には富によって破滅することになった。

やがて七つの指輪はすべて[[サウロン]]に奪われるか、[[龍]]の炎で焼かれて消滅した。
[[ガンダルフ]]の発言(('''しかしそのうち三つはかれが奪いとり、残りは竜どもが焼きつくした。'''『[[指輪物語]] [[旅の仲間>指輪物語/旅の仲間]]』「過去の影」))や、[[ダイン二世]]王のもとを訪れた[[モルドール]]の使者の言葉(('''それを見つけだしてもらえれば、昔ドワーフ諸侯のものであった三つの指輪が、お手前方に戻され、 …'''『[[指輪物語]] [[旅の仲間>指輪物語/旅の仲間]]』「エルロンドの会議」))からすれば、サウロンが取り戻した現存する七つの指輪は、三個であるらしい。

*** ドゥリンの指輪 [#dace7f92]

>「これはそのうちいつか[[お前>スライン二世]]にとって、新しい運命の土台になるかもしれぬ。もっともそういうことはありそうには思えぬが。しかし&ruby(きん){金};を生むには金が必要じゃからな。」((『[[指輪物語]] [[追補編>指輪物語/追補編]]』「ドゥリンの一族」 [[スロール]]が[[スライン二世]]に指輪を譲った時の言葉))

七つの指輪のうち、最後の一つについてはその消息が分かっている。これは[[ドゥリン三世]]が手にして以降[[長鬚族]]の王に継承されてきた指輪だった。[[ドゥリンの民>ドゥリンの一族]]は、この指輪は七つのうちでも最初に作られ、[[グワイス=イ=ミーアダイン]]から直接ドゥリン三世に贈られたものだと信じていた。

[[第三紀]]2770年、[[スマウグ]]によって[[エレボール]]を逐われた[[スロール]]は、放浪の内に絶望し、この指輪を自分の息子の[[スライン二世]]に託したあと、自身は2790年に[[モリア]]に赴き[[アゾグ]]に殺されてしまう。彼はいくぶん正気を失っていたとされるが、これは放浪生活の辛さがたたったとも、指輪の悪影響によるとも言われている。
指輪を受け継いだスラインも次第に黄金への飢えに取り憑かれるようになる。そこでスラインは[[エレボール]]を目指して旅立ったがその途上、2845年に[[闇の森]]で[[サウロン]]の手先の追跡を受けて捕らえられ、[[ドル・グルドゥア]]に連行された上で指輪は取り上げられた。

指輪の正確な所在は王の秘密であったため、ドゥリンの民には指輪はスロールが持ち続け、彼がモリアで死んだ時に同地で失われたと考えられていた。そのため後にモリア再興を志した[[バーリン]]は、失われた指輪を発見したいという望みも抱いていた。

** [[The Lord of the Rings RolePlaying Game]]による設定 [#mab896e9]

ドゥリン家の指輪以外の5つの指輪とその所有者について記述されている

-[[ウーリの一族(火の鬚族)>火の鬚族]]:ドワリ(Dwári),クーリ(Kuri)	
-[[リンナルの一族(広腰族)>広腰族]]:ブルーニ(Brúni),ボール(Bór)	
-[[シンドリの一族(鉄拳族)>鉄拳族]]:ダルシャ(Darsha),ブルディン(Buldin)	
-[[スーリンの一族(堅鬚族)>堅鬚族]]:リームカシ(Riimukäsi),ジャーシマ(Jaasima)	
-[[ヴァールの一族(黒巻毛族)>黒巻毛族]]:イーシン(Isin)

このうち、ダルシャとリームカシに関しては一族で最初に指輪を与えられた王とされている。うち、ダルシャは指輪の力を鉱物や金属を使った秘術の研究、開発に使い、シンドリ家の祈祷師Earth-Readersの祖となったとされる。その指輪は一族最後の王ブルディンが追放された時、一緒に持ち去られたとされるが、その後の行方は知られていない。リームカシの指輪はスーリン家最後の王ジャーシマと共に龍に食べられたという。

残り四つの氏族は、最初の所有者については知られていない。リンナル家の王ブルーニは、指輪の魔力によって富を渇望するようになり、[[アングマール]]の谷に向かい、そこにバラズビザールという都市を築いた。その指輪は[[魔王]]によってバラズビザールが占領され、カルン・ドゥームに改名された時、最後の王ボールの手から奪われたとされる。

ウーリ家の王ドワリは[[第二紀]]の中頃にリンナル王家と争い、命を落としているが、この争いにも、双方に与えられた指輪に込められたサウロンの悪意が作用していたとされる。ドゥリン家に臣従した一族の長クーリは[[灰色山脈]]に龍が飛来した際、脱出する王家や民を守って討ち死にしており、ウーリの指輪もその時に失われたと思われる。

[[一つの指輪]]を失った[[サウロン]]がヴァールの一族の本拠地ナルグブラズを占拠した時、指輪を受け継いでいたヴァール家の王イーシンは、サウロンが既に回収していた別の指輪を介して支配下に置かれた。この指輪はリンナル一族の物とも行方知れずのシンドリ一族の物とも言われるが真実は定かではない。イーシンの指輪の行方も不明瞭だが、[[サルマン]]によってサウロンがナルグブラズから追い出された時、一緒に持ち去られた可能性がある。

[[ヴィグディスの一族(石足族)>石足族]]の指輪については所有者についても指輪の運命についても記述されていないが、ヴィグディス家とヴァール家は長年にわたって激しく対立しており、その元々の原因が何であったのかさえはっきりしないが、この争いにも、互いの憎しみを掻き立てるなど、指輪が影響していたらしい事が示唆されている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)