#author("2020-03-05T03:47:25+09:00;2019-12-02T17:14:29+09:00","","")
#author("2020-03-05T03:52:08+09:00;2019-12-02T17:14:29+09:00","","")
* フィンロド [#c0702359]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Finrod|
|~その他の呼び名|フェラグンド(Felagund) &br; 信義篤きフィンロド(Finrod the faithful) &br; 人間の友(Friend of Men) &br; ノーム(Nóm)|
|~その他の呼び名|フェラグンド(Felagund) &br; 信義&ruby(あつ){篤};きフィンロド(Finrod the faithful) &br; 人間の友(Friend of Men) &br; ノーム(Nóm)|
|~種族|[[エルフ]]([[ノルドール]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[二つの木の時代]](1300)~†[[第一紀]](465)|
|~生没年|[[二つの木の時代]](1300)~†[[第一紀]](465)年|
|~親|[[フィナルフィン]](父)、[[エアルウェン]](母)|
|~兄弟|[[オロドレス>オロドレス(フィナルフィンの息子)]]、[[アングロド]]、[[アイグノール]](弟)、[[ガラドリエル]](妹)|
|~配偶者|なし|
|~子|なし|

** 解説 [#Explanation]

[[フィナルフィン]]と[[エアルウェン]]の長男。弟に[[オロドレス>オロドレス(フィナルフィンの息子)]]、[[アングロド]]、[[アイグノール]]が、妹に[[ガラドリエル]]がいる。従兄弟の中では[[トゥアゴン>トゥアゴン(フィンゴルフィンの息子)]]と特に親しかった。

*** 中つ国帰還への参加 [#x37cfe02]

フィンロドは父[[フィナルフィン]]や弟妹たちと共に、[[ノルドール]]の[[中つ国]]帰還に参加する。だが[[フェアノール]]の一党が[[中つ国]]へ渡るための船を奪おうとして犯した[[アルクウァロンデ]]の[[テレリ]]族への[[同族殺害]]と、そのために[[マンドスの宣告]]が下されたのを見聞きした父[[フィナルフィン]]は単独で引き返した。
それでもフィンロドと弟妹たちは、従兄弟である[[フィンゴルフィン]]の息子たちを見捨てることを拒んでなおも進軍を続け、[[フェアノール]]一党が自分達だけで奪った船を用いて中つ国へと渡り、[[アラマン]]に置き去りにされた後も、フィンロドと弟妹たちの一党は、フィンゴルフィンとその息子たちの一党と共に[[ヘルカラクセ]]を横断し、中つ国帰還を果たした。

*** ノルドールのベレリアンド定住における貢献 [#eb8be0d7]

フィンロドは[[ベレリアンド]]において、彼の母[[エアルウェン]]の伯父にあたる[[ドリアス]]の王[[シンゴル]]や、[[ファラス]]の領主[[キーアダン]]と友好関係を築き、[[ノルドール]]と[[シンダール]]の橋渡し役をこなした。また、[[ブリソンバール]]と[[エグラレスト]]の港の改修を援助し、[[バラド・ニムラス]]の塔を築くなどの事業を行った。自身は[[シリオンの山道]]の防備のために築いた[[トル・シリオン]]の[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(トル・シリオン)]]に住まっていたが、後にこの地は弟の[[オロドレス>オロドレス(フィナルフィンの息子)]]に委ね、自身は新たに建造した[[ナルゴスロンド]]へ移った。

*** ナルゴスロンドの建造 [#o0481742]

フィンロドは[[トゥアゴン>トゥアゴン(フィンゴルフィンの息子)]]と共に[[シリオン]]の川辺を旅した際に、夢の中で[[ウルモ]]より啓示を受け、[[シンゴル]]の[[メネグロス]]の館を模倣した隠れた要塞都市を造ることを考える。フィンロドが[[シンゴル]]にこの意図を打ち明けると、シンゴルは彼に[[ファロス高地]]の洞窟のことを教えた。フィンロドは[[ドワーフ]]の協力を受けて、洞窟に[[ナルゴスロンド]]を築き、この洞窟宮を中心とする領国の王となった。そのためフィンロドは洞窟を切り拓く者、すなわち''フェラグンド''と呼ばれた。またドワーフによって[[ナウグラミーア]]の頸飾りが彼のために作られ、フィンロドは[[ナルゴスロンド]]の全ての財宝にも増してこれを大切にしていた。
フィンロドは生涯独身で子を持たなかったが、'''予もまたある誓言をなすだろう。それを成就し、暗闇に入ってゆくには、自由でなければならぬ。それに、わが王国には息子に継がせるべきものは何一つ残らないであろう'''((『[[シルマリルの物語]]』「第十五章 ベレリアンドのノルドール族のこと」))と理由を[[ガラドリエル]]に話し、自身とナルゴスロンドの運命を予言した(だが[[アマン]]にいた時は、フィンロドは[[アマリエ]]を愛していた)。

*** 人間の友として [#f7884e38]

フィンロドは、[[青の山脈>エレド・ルイン]]を越えて[[オッシリアンド]]に到来した最初の[[人間]]たち(後の[[ベオルの族]])に初めて出会った[[ベレリアンド]]の[[エルフ]]となる。ベオルの族はフィンロドを愛し、[[フィナルフィン王家>フィナルフィン#house]]に忠誠を尽くした。ベオルの族の始祖[[ベオル]]はフィンロドに終生仕えた。
またフィンロドは、[[ハレスの族]]が[[シンゴル]]から[[ブレシル]]の森に住まう許しを得られるよう助力した。

*** バラヒアへの誓いと、ベレンとの旅における死 [#c34991b0]

フィンロドは、[[ダゴール・ブラゴルラハ]]の合戦で敵に包囲されたところを[[バラヒア>バラヒア(ブレゴールの息子)]]によって救われたため、以後バラヒアとその一族が危急に瀕した際には必ず助けるという誓言を立て、その証として[[自らの指輪>バラヒアの指輪]]をバラヒアに与えた。
その後、[[シンゴル]]から[[ルーシエン]]との結婚の条件として[[シルマリル]]を要求された[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]が、[[バラヒアの指輪]]を手に[[フィンロド]]を頼って[[ナルゴスロンド]]にやってくると、フィンロドは誓言を守って、[[モルゴス]]の元へと向かうベレンと行動を共にしようとする。しかし[[フェアノールの息子たち]]である[[ケレゴルム]]と[[クルフィン]]を恐れたナルゴスロンドの民のほとんどはフィンロドを見捨て、[[エドラヒル]]を頭とした十人の忠臣だけがフィンロドに付き従った。フィンロドはエドラヒルの進言を受け、ナルゴスロンドの王位を弟の[[オロドレス>オロドレス(フィナルフィンの息子)]]に託して旅立った。
彼らは途中で出会った[[オーク]]の装備を奪うと、フィンロドの魔法でオークの姿に変装し、モルゴスの勢力圏である[[シリオンの山道]]を通り抜けようとする。だが正体を見抜いたサウロンの命によって一行は[[トル=イン=ガウアホス]]のサウロンの許に連行されてしまう。フィンロドはサウロンと歌で戦うが敗れ、一行は土牢に囚われた。サウロンは一行の意図を探るために脅迫し、投獄した彼らを一人ずつ[[巨狼]]に喰わせた。サウロンは、フィンロドが一行の指導者だと推測していたため、フィンロドは最後まで殺さないようにしておいた。やがて巨狼がベレンを食べに来た時、フィンロドは力の限りを尽くして自らの縛めを破り、ベレンを守って巨狼と相討ちになった。

>「わたしはこれから[[大海]]のかなた、[[アマンの山脈>ペローリ]]のかなた、[[時なき館>マンドスの館]]に赴き長い休息につく。わたしの姿が再び[[ノルドール]]の間に見られるのは遠い先のことであろう。恐らくわれら両人は、それぞれの種族の運命が異なる故に、幽明いずれにあろうと再び相会うことはなかろう。では、さらばじゃ!」((『[[シルマリルの物語]]』「第十九章 ベレンとルーシエンのこと」ベレンに別れを告げるフィンロドの最期の言葉))

[[マンドスの館]]に来たフィンロドはそこから出て、父の[[フィナルフィン]]と共に[[エルダマール]]の樹々の下を逍遥しているという。

*** 多数の名の意味 [#r3058619]

:フェラグンド(Felagund)|[[ナルゴスロンド]]を築いたことで得た名。[[クズドゥル]]で「洞窟を切り拓く者(Hewer of Caves)」の意味のフェラク=グンドゥ(felak-gundu)に由来する。『[[シルマリルの物語]]』本文中では''洞窟宮の王''(Lord of Caves)と訳される。
:ノーム(Nóm)|[[ベオルの族]]が彼らの言葉で呼んだ名で、「智慧(Wisdom)」の意味。[[ノーミン]]の項も参照。

以下の名前及びその説明は『[[The Peoples of Middle-earth>The History of Middle-earth/The Peoples of Middle-earth]]』の「The Shibboleth of Fëanor」による。
:Findaráto(フィンダラート)|父[[フィナルフィン]]が与えた[[父名>エッシ]]。[[クウェンヤ]]の名だが[[テレリ語]]の語形であり、よりクウェンヤらしい形はArtafindë(アルタフィンデ)。"find"は髪の意味でここでは祖母の[[インディス]]から受け継がれた金髪を指す。"aráto"は恐らく高貴(noble)の意味。初めは弟の[[アングロド]]と同じくAráto(アラート)だったが、区別の為に"find-"の語が加えられた可能性がある。後世では主にこの名の[[シンダール語]]形である''フィンロド''(Finrod)の名で呼ばれる。
:Findaráto(フィンダラート)|父[[フィナルフィン]]が与えた[[父名>エッシ]]。[[クウェンヤ]]の名だが[[テレリ語]]の語形であり、よりクウェンヤらしい形はArtafindë(アルタフィンデ)。"find"は髪の意味でここでは祖母の[[インディス]]から受け継がれた金髪を指す。"aráto"は恐らく高貴(noble)の意味。初めは弟の[[アングロド]]と同じくAráto(アラート)だったが、区別の為に"find-"の語が加えられた可能性がある。
後世では主にこの名の[[シンダール語]]形である''フィンロド''(Finrod)の名で呼ばれる。
:Ingoldo(インゴルド)|母[[エアルウェン]]が与えた[[母名>エッシ]]。フィナルフィンの母名と同じ。兄弟姉妹からは大抵この名で呼ばれた。[[シンダール語]]化はされなかったが、された場合の形はAngoloð(アンゴロズ)。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)