#author("2020-08-08T02:43:04+09:00;2011-05-20T08:21:16+09:00","","")
#author("2021-09-07T18:55:51+09:00;2011-05-20T08:21:16+09:00","","")
* バル=エン=ダンウェズ [#jb1e1db4]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Bar-en-Danwedh|
|~その他の呼び名|バル=エン=ニビン=ノイグ(Bar-en-Nibin-noeg)、エハド・イ・セドリン(Echad i Sedryn)|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で「購いの家(House of Ransom)」の意。[[ミーム]]が[[アモン・ルーズ]]にある隠された洞窟の住処を、自分の身の代として[[トゥーリン]]らに明け渡したとき、ミームが付けた名。元は「[[小ドワーフ]]の家(House of the Pitty-dwarves)」の意であるバル=エン=ニビン=ノイグと呼ばれていた。
[[シンダール語]]で「購いの家(House of Ransom)」の意。[[ミーム]]が[[アモン・ルーズ]]にある隠された洞窟の住処を、自分の身代として[[トゥーリン]]らに明け渡したとき、ミームが付けた名。元は「[[小ドワーフ]]の家(House of the Pitty-dwarves)」の意であるバル=エン=ニビン=ノイグと呼ばれていた。
トゥーリンは[[ベレグ>ベレグ(ドリアス)]]の助言に従い、ここに[[ガウアワイス]]の新参者は入れなかったため、シンダール語で「信義篤き者の野営地(Camp of the Faithful)」の意のエハド・イ・セドリンとも名付けられた。

この地は、[[オーク]]への身の代として再びミームによって売り渡され、結果トゥーリンはオークに囚われることになる。
この地は、[[オーク]]への身代として再びミームによって売り渡され、結果トゥーリンはオークに囚われることになる。

** コメント [#Comment]
- 内部はどのようになっているだろうか? -- ホビット &new{2008-08-15 (金) 17:06:53};

#pcomment(,,,,,,reply)