#author("2019-09-16T22:15:54+09:00","","")
#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2019-09-19T03:50:37+09:00","","")
* ノルドールのランプ [#m7037a63]
** 概要 [#e1922269]

|~カテゴリー|[[物・品の名前]]|
|~スペル|lamps of the Noldor|
|~その他の呼び名|フェアノールのランプ (Fëanorian lamps)|

** 解説 [#zc1018f9]

[[ノルドール]]族が使うことで名高い、青い光を放つランプ。
白い水晶を網でくるんでつり下げたもので、水晶からは澄んだ青い光が発せられ、風にも水にも消えることがない。
[[ヴァリノール]]でおそらく[[フェアノール]]により作られたもので、その仕組みはノルドール自身も知らないという。

『[[終わらざりし物語]]』「トゥオルおよびかれがゴンドリンを訪れたこと」では、[[ノルドールの門>アンノン=イン=ゲリズ]]で[[トゥオル]]と出会った[[ゲルミア>ゲルミア(アングロドの民)]]と[[アルミナス]]がこのランプを所持していた。
註では「[[ナルン・イ・ヒーン・フーリン]]」の初期の草稿において、[[グウィンドール]]もこのランプを持っており、その光で[[トゥーリン]]は自分が殺したのが[[ベレグ>ベレグ(ドリアス)]]であることを知るといった形で登場することが述べられている。

** コメント [#of6d7702]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)