#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2017-12-01T12:47:02+09:00","","")
#author("2020-07-21T22:10:43+09:00;2020-07-21T18:42:17+09:00","","")
* トル・シリオン [#o1365d2c]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Tol Sirion|
|~その他の呼び名|トル=イン=ガウアホス(Tol-in-Gaurhoth) &br; サウロンの小島(Sauron's isle, the isle of Sauron)|
|~その他の呼び名|トル=イン=ガウアホス(Tol-in-Gaurhoth)|

** 解説 [#Explanation]

[[エレド・ウェスリン(影の山脈)>エレド・ウェスリン]]と[[ドルソニオン]]の間の谷間を流れる[[シリオン]]川の中にある島。

*** トル・シリオンとして [#a61ea034]

[[フィンロド]]は[[シリオンの山道]]の防衛の為にこの島に[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(トル・シリオン)]]の塔を築いた。フィンロドが[[ナルゴスロンド]]に移住した後は弟の[[オロドレス>オロドレス(フィナルフィンの息子)]]によって防衛され、[[モルゴス]]の軍が山道を抜けるのを長らく防いでいた。この島を取り巻くシリオンの流れには、水の神[[ウルモ]]の力が潜んでいたため、難攻不落の地と化していたからである。だが[[ダゴール・ブラゴルラハ]]の二年後に[[サウロン]]に攻められてついに陥落した。

*** トル=イン=ガウアホスとして [#h16997fa]

[[サウロン]]に奪われて後は「巨狼の島(Isle of Werewolves)」を意味する''トル=イン=ガウアホス''と呼ばれるようになり、[[モルゴス]]のための物見の塔にされた[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(トル・シリオン)]]から、[[巨狼]]の主である[[サウロン]]がこの地を監視するようになった。
ここの土牢に、サウロンによって[[フィンロド]]と[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]らが囚われた。フィンロドはベレンを庇って巨狼と相討ちになったが、ベレンは[[ルーシエン]]と[[フアン]]に救出され、[[サウロン]]は敗退してその魔力で支えられていた塔や砦は崩れ去り、地下牢も日に曝され、悪霊達も逃げ去った。

***フィンロドの墓所として [#vc82a478]

サウロンが敗れ去った後、[[フィンロド]]の遺体は[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]と[[ルーシエン]]の手でこの島の丘の頂に埋葬された。これによってこの島は再び清められ、[[ベレリアンド]]が水没する日まで汚されることなく残ったという。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)