#author("2020-02-14T23:04:09+09:00;2018-11-16T02:31:56+09:00","","")
#author("2020-02-14T23:05:39+09:00;2018-11-16T02:31:56+09:00","","")
* トル・エレッセア [#b6a76a59]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Tol Eressëa|
|~異訳|トル・エレスセア|
|~その他の呼び名|エレッセア(Eressëa)、離れ島(Lonely Isle)、失われた島(Lost Isle)、西方の島(Isles of the West)|
|~その他の呼び名|エレッセア(Eressëa)、離れ島(Lonely Isle)、失われた島(Lost Isle)|

** 解説 [#Explanation]

[[クウェンヤ]]で''離れ島''の意。単にエレッセアとも呼ばれる。[[エルダマール]]湾に浮かぶ島で、[[アマン]]の一部。[[アヴァルローネ]]の港がある。

*** 離れ島が作られるまで [#x1fbe2fb]

[[二つの木の時代]]、[[中つ国]]から[[アマン]]に[[エルフ]]を移住させることを考えた[[ヴァラール]]の意志を受け、[[ウルモ]]は[[大海]]の真ん中にあったこの島を根こぎにして動くようにし、船の代わりにした。彼は[[ヴァンヤール]]族、[[ノルドール]]族、[[テレリ]]族をこの島に乗せて大海を往復し、エルフ達をアマンへと渡らせたが、[[シリオンの河口]]の浅瀬に乗り上げた時にこの島の東端は分断されて残り、[[バラール島>バラール#Isle]]になった。
しかし島がテレリ族を乗せて大海を西へと航海していた時、エルフを愛する[[オッセ]]の呼びかけを聞いたテレリ族は、[[ウルモ]]に頼んで航海を中断してもらう。その結果この島は、[[エルダマール]]湾にただ一つ浮かぶ「離れ島」になった。

後にアマン本土に移るまで、テレリ族([[ファルマリ]])は長くこの島に留まった。島の中心には[[ガラシリオン]]の実生である[[ケレボルン>ケレボルン(植物)]]の木が植えられた。

*** 中つ国との繋がり [#z0c5e1a1]

[[第一紀]]が終わった後は、[[中つ国]]から渡ってきた多数の[[ノルドール]]族、[[シンダール]]族がトル・エレッセアに住んだ。[[第二紀]]では、この島のエルフは[[ヌーメノール人]]と友好を結び、時折、動植物や金銀宝石の贈り物を携えて船で[[ヌーメノール]]を訪れた([[ニムロス>ニムロス(植物)]]もそうしてヌーメノールに持ち込まれた)。だがヌーメノールで[[王党派]]の勢力が強まると、エルフの船は滅多にヌーメノールに現れず、来てもヌーメノールの西岸を密かに訪れるようになり、ついには来訪が絶えた。
ヌーメノール人が[[アマン]]に攻め込んだことで[[世界の変わる日]]が起こると、トル・エレッセアはアマンの地とともに[[世界の圏外>世界の圏]]に移された。

[[第三紀]]が終わった後に中つ国を離れた[[エルロンド]]や[[ガラドリエル]]も、この島に住んだといわれる。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)この頃