#author("2021-12-15T19:31:37+09:00;2021-11-28T23:00:22+09:00","","")
#author("2021-12-15T19:41:50+09:00;2021-11-28T23:00:22+09:00","","")
* タリオン [#d24b462e]
** 概要 [#z5d69ad9]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Talion|
|~その他の呼び名|墓を歩く者(Gravewalker)|
|~種族|[[人間]]([[ゴンドール人]]、[[ナズグール]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]]|
|~親|不明|
|~兄弟|不明|
|~配偶者|ヨーレス(Ioreth)|
|~子|ディアハイル(Dirhael)(息子)|

** 解説 [#mbace8bc]

|~俳優|Troy Baker|
|~日本語吹き替え|白川周作((吹き替えがあるのは『シャドウ・オブ・ウォー』のみ))|

[[ゲーム]]『[[シャドウ・オブ・モルドール]]』『[[シャドウ・オブ・ウォー]]』の主人公。映画にも原作小説にも登場しないオリジナルのキャラクターだが、映画世界観上の人物となっている。

[[北国人]]の子孫である[[ゴンドール人]]。[[ケレブリンボール]]の幽鬼に憑依されたことで、何度殺されても蘇る。そのため''墓を歩く者''とも呼ばれる。[[黒門]]のレンジャー(野伏)としての剣術、隠密行動能力の他、ケレブリンボールの幽鬼の力を使った超人的な戦闘能力、[[オーク]]などの考えを読み、意思を支配する力まで持つ。

武器として長剣のアーファエル(Urfael)、短剣のアチャーン(Acharn)((かつて息子ディアハイルが使っていた長剣が折れたもの))を使う。
ケレブリンボールの能力として弓のアズカル(Azkâr)を操るほか、『シャドウ・オブ・ウォー』ではさらにグレイブの[[アイグロス>アイグロス(武器)]]および槌󠄀のトゥラン(Túrann)(([[ケレブリンボール]]が力の指輪を鍛えたときに使っていたという設定))の幻影も武器として扱う。

*** 『[[シャドウ・オブ・モルドール]]』でのタリオン [#qdaa9542]
[[第三紀]]30世紀中頃、[[サウロン]]の[[モルドール]]帰還前、他の[[ゴンドール]]のレンジャー(野伏)と共に[[黒門]]で警備を行っていたタリオンは、家族や仲間と共に、[[歯の塔]]を住まいにしていた。だがサウロンの軍の襲撃により、妻のヨーレス、息子のディアハイルと共に、“サウロンの黒の手”と呼ばれる黒の総大将に殺されてしまう(映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』の直後にあたる)。
だがタリオンは再び目覚め、モルドールの地にいた。常に彼のそばに現れるエルフの亡霊([[ケレブリンボール]])は、彼らは呪いによって[[アルダ]]に捕らわれてしまったと語った。タリオンはケレブリンボールの力や、かつての仲間の力を借り、モルドールを攻撃。さらにケレブリンボールの幽鬼による恐怖の力で、モルドールの[[ウルク>ウルク=ハイ]]を徐々に支配し、モルドールに内乱を誘発させていった。最終的に[[ウドゥン]]と[[ヌアネン]]の軍団を掌握した後、“黒の手”を探しだし、これを倒す。

*** 『[[シャドウ・オブ・ウォー]]』でのタリオン [#m0f39803]
ケレブリンボールはサウロンに対抗するため、[[サンマス・ナウア]]にて新たな[[力の指輪]]を作り上げる。[[シェロブ]]が見せた幻視によって、まだゴンドールが確保していた[[ミナス・イシル>ミナス・モルグル]]((原作設定と異なり、ミナス・イシル陥落は指輪戦争の数十年前になっている))に攻撃が迫っていることを知った二人はミナス・イシルの救援に向かうが、結局、町は陥落し、町が守っていた[[パランティア>パランティーア]]も[[魔王]]に奪われてしまった。
その後もタリオンは魔王や他の[[ナズグル>ナズグール]]を追い、囚われたミナス・イシルの捕虜を救出するなど、戦いを続けた。また、新たな指輪の力でウルクや[[オログ>オログ=ハイ]]を支配しながら、&ruby(みょうおう){明王};としてケレブリンボールと共にモルドールの各地にある砦を占領していった。
だが、同胞の民を救いたいと願うタリオンと、あくまでサウロン打倒に執着し、味方にも犠牲を強いるケレブリンボールは次第に対立を深めていく。
[[バラド=ドゥーア]]に通じる橋で、ナズグルの一人となった[[イシルドゥア]]を倒したタリオンは、彼を服従させようとする明王の意志に背いてイシルドゥアの魂を解放した。これにより両者の亀裂は決定的となり、ケレブリンボールは[[ガラドリエル]]の懐刀エルタリエル(Eltariel)に指輪を渡して去ってしまった。蘇生能力を失ったタリオンは傷口が裂けて死にかけるが、[[イシルドゥア]]が持っていた[[九つの指輪]]の内の一つを手にして、再び不死の力を手に入れる。九つの指輪を手にした人間は次第にナズグルとなる運命だが、タリオンはそれに抗い続け、家族などの記憶が薄れ行く中で数十年に渡って戦い、モルドールを''影の戦争''と呼ばれる混乱に陥れた。
[[バラド=ドゥーア]]に通じる橋で、ナズグルの一人となった[[イシルドゥア]]を倒したタリオンは、彼を服従させようとする明王の意志に背いてイシルドゥアの魂を解放した。これにより両者の亀裂は決定的となり、ケレブリンボールは[[ガラドリエル]]の懐刀[[エルタリエル]](Eltariel)に指輪を渡して去ってしまった。蘇生能力を失ったタリオンは傷口が裂けて死にかけるが、[[イシルドゥア]]が持っていた[[九つの指輪]]の内の一つを手にして、再び不死の力を手に入れる。九つの指輪を手にした人間は次第にナズグルとなる運命だが、タリオンはそれに抗い続け、家族などの記憶が薄れ行く中で数十年に渡って戦い、モルドールを''影の戦争''と呼ばれる混乱に陥れた。
しかし最後には九つの指輪の力に屈し、ナズグルの一人と化した。ナズグルとなったタリオンは、[[一つの指輪]]を手に入れるため[[ホビット庄]]へと向かい、また[[指輪戦争]]でも魔王の配下として戦った。
[[指輪戦争]]の終盤、[[黒門の戦い]]の最中、[[フロド>フロド・バギンズ]]らによって一つの指輪が破壊され、サウロンとその配下に破滅がもたらされた時、ようやくタリオンは解放され、[[安息の死>死すべき運命]]を得た。

***指輪戦争への影響 [#vf047c1f]

タリオンが[[モルドール]]に引き起こした一連の内紛は、[[指輪戦争]]の開戦時期を大幅に先延ばしにした。タリオンが暗躍する間、ゴンドールは[[ミナス・イシル>ミナス・モルグル]]を失った痛手から立ち直り、自由の民は来るべき戦争に向けて備えることができた。さらに、それがサウロンを滅ぼすための切り札である[[一つの指輪]]の発見や、[[イシルドゥアの世継ぎ>アラゴルン二世]]が成長するまでの時間的猶予を与えた。

***画像 [#q8aab38e]

&ref(Talion.jpg,,10%,タリオン); &ref(20171110000655_1.jpg,,10%,『シャドウ・オブ・モルドール』でのタリオン); &ref(DarkTalion.jpg,,10%,ダークタリオン); &ref(20171110013324_1.jpg,,10%,『シャドウ・オブ・ウォー』での、半ばナズグルとなっているタリオン);

***出典 [#z5ca78d2]

-『[[シャドウ・オブ・モルドール]]』
-『[[シャドウ・オブ・ウォー]]』

#amazon2(B071Z487F1)
#amazon2(B072J2HXW4)
#amazon2(B07G4NYS86)
#amazon2(B00M3PUWVC)
#amazon2(B00M3PUWOY)
#amazon2(B00M3PUX4I)

** コメント [#eb5044e1]

#pcomment(,,,,,,reply)