#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2018-01-30T11:19:17+09:00","","")
#author("2021-04-24T16:26:53+09:00;2021-04-24T06:26:18+09:00","","")
* ソロンドール [#k6a222b0]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Thorondor|
|~その他の呼び名|大鷲の王(King of Eagles, Lord of Eagles)|
|~種族|[[大鷲]]|
|~性別|男|
|~生没年|不明|
|~子|不明(子孫に[[グワイヒア]])|

** 解説 [#Explanation]

名は「大鷲の王」の意。
[[中つ国]]にやってきた[[マンウェ]]の使いの[[大鷲]]で、翼の全長は30尋((原語ではthirty fathoms))(約55メートル)に及んだという。その巣は[[エホリアス]]の[[クリッサイグリム]]にあり((『[[終わらざりし物語]]』「トゥオルおよびかれがゴンドリンを訪れたこと 」では、[[モルゴス]]が強力になる以前は[[サンゴロドリム]]にも住んだとされているが、註釈で[[クリストファー・トールキン]]はこの設定は廃案になったとしている。))、配下の大鷲たちと共に[[ゴンドリン]]を守り、外の世界の情報を[[トゥアゴン>トゥアゴン(フィンゴルフィンの息子)]]にもたらした。
[[中つ国]]にやってきた[[マンウェ]]の使いの[[大鷲]]で、翼の全長は30尋((原語ではthirty fathoms))(約55メートル)に及んだという。その巣は[[エホリアス]]の[[クリッサイグリム]]にあり、配下の大鷲たちと共に[[ゴンドリン]]を守り、外の世界の情報を[[トゥアゴン>トゥアゴン(フィンゴルフィンの息子)]]にもたらした。
ソロンドールは[[マイズロス]]を救出しようとした[[フィンゴン]]を助けて二人を[[ミスリム]]に連れていく。また[[フィンゴルフィン]]と[[グロールフィンデル]]が倒された時にはその遺体を運び去った。さらに敵に包囲された[[フーリン>フーリン(ガルドールの息子)]]と[[フオル]]を救出して[[ゴンドリン]]へと連れて行っている。
[[怒りの戦い]]では天空の大鳥たちを率いて、[[エアレンディル>エアレンディル(トゥオルの息子)]]と共に空から戦いに参じた。

[[グワイヒア]]はソロンドールの子孫と言われている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)