#author("2020-06-16T21:56:47+09:00;2019-08-30T00:07:08+09:00","","")
#author("2020-11-28T15:23:08+09:00;2020-11-28T13:44:49+09:00","","")
* エレド・ルイン [#t9b8102d]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Ered Luin|
|~その他の呼び名|青の山脈(Blue Mountains) &br; 青の山脈(Mountains of Lune)((直訳すれば「[[ルーン]]の山脈」。旧訳では「月よみ山脈」)) &br; エレド・リンドン(Ered Lindon) &br; 西方山脈(Western Mountains)((『[[終わらざりし物語]]』によると、[[第二紀]]の[[エリアドール]]の[[人間]]の呼び名。))|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で''青の山脈''の意。[[エリアドール]]と[[リンドン]]を東西に隔てる山脈。「リンドンの山脈(Mountains of Lindon)」の意である''エレド・リンドン''とも呼ばれる(([[中つ国]]に帰還した[[ノルドール]]が付けた名。彼らが[[リンドン]]と呼ぶ[[オッシリアンド]]から初めてこの山脈を見たため。))。

[[上古]]には[[ベレリアンド]]の東の境界となっていた山脈で、[[ドルメド]]山近くの山脈の東側には[[ドワーフ]]の[[ノグロド]]と[[ベレグオスト]]の都市があった。だが[[怒りの戦い]]によるベレリアンドの崩壊によって山脈の多くが水没し、残った部分も[[ルーン湾]]によって南北に分断された。ノグロドとベレグオストは滅び、エレド・ルインのドワーフの多くは[[カザド=ドゥーム]]へ移住した((『[[追補編>指輪物語/追補編]]』の[[第二紀]]の年表によると、第二紀40年頃。))が、山脈にあるドワーフの鉱山はその後の時代も採掘が続けられ、『[[追補編>指輪物語/追補編]]』の追補Aによるとドワーフは山脈の東側、特にルーン湾より南の地方に住み続けた。
[[上古]]には[[ベレリアンド]]の東の境界となっていた山脈で、[[ドルメド]]山近くの山脈の東側には[[ドワーフ]]の[[ノグロド]]と[[ベレグオスト]]の都市があった。だが[[怒りの戦い]]によるベレリアンドの崩壊によって山脈の多くが水没し、残った部分も[[ルーン湾]]によって南北に分断された。ノグロドとベレグオストは滅び、エレド・ルインのドワーフの多くは[[カザド=ドゥーム]]へ移住したが、山脈にあるドワーフの鉱山はその後の時代も採掘が続けられ、『[[追補編>指輪物語/追補編]]』の追補Aによるとドワーフは山脈の東側、特にルーン湾より南の地方に住み続けた。

[[第三紀]]2802年には[[スマウグ]]によって[[エレボール(はなれ山)>エレボール]]を追われ、[[エリアドール]]を放浪していた[[スライン二世]]と[[トーリン・オーケンシールド>トーリン二世]]が山脈に落ち着いて[[館>トーリンの館]]を築き、放浪していた他の[[ドゥリンの一族]]もそこに集って住むようになった。だがエレボールの[[山の下の王国>エレボール#Kingdom]]が再建されると、多くの者がそちらに移住した。

『[[終わらざりし物語]]』の[[ガラドリエル]]に関する原稿では、[[第二紀]]の初期には山脈の東側([[ノグロド]]と[[ベレグオスト]]の古い館があった場所で、[[ネヌイアル]]湖の近く)にそれなりの数の[[ドワーフ]]がいたとされている(ただしドワーフの大半は[[カザド=ドゥーム]]へ移住した)。

『[[The Peoples of Middle-earth>The History of Middle-earth/The Peoples of Middle-earth]]』によると、[[ドワーフ]]の七人の父祖のうちの二人([[火の鬚族]]と[[広腰族]]の父祖)が目覚めた場所はこの山脈の北部であったという。

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#LotRO]

[[ルーン湾]]より北のエレド・ルインの東部が実装されており、北寄りには[[トーリンの館]]、ゴンダモン(Gondamon)をはじめとした[[ドワーフ]]の拠点、南寄りにはケロンディム(Celondim)、ドゥイルロンド(Duillond)をはじめとした[[エルフ]]の居住地がある。トーリンの館の東には、廃墟となったかつてのエルフの避難所[[エゼリオン]]がある。

[[第三紀]]2400年頃、[[エゼリオン]]は[[ゴブリン]]、[[トロル]]と同盟した、[[ドルハンド]]のドワーフによって攻撃を受け、荒廃した。攻撃は撃退されたがこの戦いでエゼリオンは荒廃した。生き残ったエルフは、戦死者を悼んでエゼリオンを平穏の中に安置することにし、ケロンディムとドゥイルロンドという都市を造ってそちらに移住した。
ケロンディムにはエルフの港、ドゥイルロンドにはワイン園などがある。

***領域 [#q62cc416]

-Falathlorn 
-Falathlorn Homesteads 
-Haudh Lin  
-Kheledûl 
-Limael's Vineyard 
-Low Lands 
-Rath Teraig 
-Refuge of Edhelion 
-Thorin's Gate 
-Thorin's Hall Homesteads 
-Vale of Thrain

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)