#author("2019-07-18T16:53:17+09:00","","")
#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2019-01-05T23:19:56+09:00","","")
-この星となった人物エアレンディル(Eärendil)については[[エアレンディル(トゥオルの息子)]]を参照してください。
-ゴンドール5代目の王エアレンディル(Eärendil)については[[エアレンディル(ケメンドゥアの息子)]]を参照してください。
----
* エアレンディルの星 [#v97e9173]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[天文]]|
|~スペル|Star of Eärendil|
|~その他の呼び名|宵の明星(Evening Star) &br; ギル=エステル(Gil-Estel) &br; いと高き望みの星(Star of High Hope) &br; [[西方国]]のフラムミフェア(Flammifer of Westernesse)(([[ビルボ・バギンズ]]が[[裂け谷]]で作った[[エアレンディルの歌]]に出てくる表現。'''Flammifer'''はラテン語))|

** 解説 [#Explanation]

[[エアレンディル>エアレンディル(トゥオルの息子)]]が額に[[シルマリル]]を結びつけ、[[ヴィンギロト]]に乗って天空を航海する星となった姿。この星の輝きはシルマリルの輝きである。
[[中つ国]]では、ヴィンギロトが虚空に向かう時と虚空から帰ってくる時、つまり明け方と宵の時間の空に見ることができる。我々の世界で「明けの明星」または「宵の明星」つまり''金星''として知られているのが、この星である。
この星がはじめて天空に昇った時、[[モルゴス]]に制圧されつつあった[[ベレリアンド]]の[[自由の民]]はこれをよき印と受け取り、'''もはや絶望することはなかった'''という。それゆえ[[シンダール語]]では「[[望み>エステル]]の星(Star of Hope)」の意であるギル=エステルと呼ばれた。

[[エダイン]]は[[ヌーメノール]]へ移り住む時、エアレンディルの星に導かれて航海した。
[[アルノール]]王が帯びる[[エレンディルミア]]はエアレンディルの星を象徴するという。

[[ガラドリエル]]が[[フロド・バギンズ]]に与えた[[玻璃瓶]]には、エアレンディルの星の光が込められている。

>「そなたの周りを夜が包む時、これはいっそう明るく輝きましょう。暗き場所で、他の光がことごとく消え去った時、これがそなたの明かりとなりますように。」((『[[指輪物語]] [[旅の仲間>指輪物語/旅の仲間]]』「さらば、ロリアン」 [[玻璃瓶]]を[[フロド>フロド・バギンズ]]に与える際の[[ガラドリエル]]の言葉))

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)