#author("2021-09-21T17:20:48+09:00;2020-04-21T22:28:59+09:00","","")
#author("2021-12-02T04:58:52+09:00;2021-10-29T10:40:58+09:00","","")
* ウトゥムノ [#f540d546]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Utumno|
|~異訳|ウツムノ|
|~その他の呼び名|ウドゥン (Udûn)((ウトゥムノの[[シンダール語]]形。[[モルドール]]には[[同名の地名>ウドゥン]]があった。))|

** 解説 [#Explanation]

>生身の命を持つ者の中で、ウトゥムノの地下深く降りていった者がどこにいるというのだろう。あるいは、メルコールの暗い意図を探った者が、どこにいるというのだろう。((『[[シルマリルの物語]]』「エルフたちの到来と虜囚となったメルコールのこと」))

[[クウェンヤ]]で「地獄(Underworld)」の意。
[[灯火の時代]]に[[中つ国]]北方に作られた[[メルコール(モルゴス)>モルゴス]]の最初の地下大城砦。[[鉄山脈]]を防壁としてその背後に築かれた。メルコールはここに拠って長いあいだ暗闇の[[中つ国]]を支配していた。

[[二つの木の時代]]に[[クイヴィエーネン]]で[[エルフ]]族が目覚めると、メルコールは彼らに害をなした。[[エレッセア>トル・エレッセア]]の賢者達に信じられているところによると、メルコールは捕らえたエルフをウトゥムノに連行しておぞましい拷問を加え、[[オーク]]へと変貌させたという。
そのことを知った[[ヴァラール]]はエルフを守るために[[力の戦い]]を起こした。ウトゥムノは長い戦いの末に陥落し、徹底的に破壊された。

後に中つ国に舞い戻ったモルゴスは、ウトゥムノの前哨基地であった[[アングバンド]]を新たに根拠地とするようになったため、[[第一紀]]以後の歴史にはウトゥムノは登場しない。
後に中つ国に舞い戻ったモルゴスは、ウトゥムノの前哨基地であった[[アングバンド]]を新たに本拠地とするようになったため、[[第一紀]]以後の歴史にはウトゥムノは登場しない。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)