#author("2019-11-06T06:48:16+09:00","","")
#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2019-11-04T14:43:57+09:00","","")
* ウォマワス・ドラス [#gf4f5d02]
** 概要 [#ne8cc7c7]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Wômawas Drûs|
|~その他の呼び名|ウォマウ国(Wômaw Realm)|

** 解説 [#qe427a34]

[[ICE>Iron Crown Enterprises]]設定に登場する、[[中つ国]]の遥か東方、[[赤の山脈>オロカルニ]]の東側に位置する大国。[[ハムール]]の出身地で、[[第二紀]]にこの地に飛来した[[龍]]を崇拝する教団によって生まれた国であり、竜ウトゥムコドゥール(Utumkodur)の庇護の下、勢力を拡大。一時は[[ヌーメノール]]に対抗する東方世界の最強国となったが、君主であるコムール一世(後の[[ハムール]])がサウロンの配下の[[ナズグール]]と化して以降、モルドールへの恭順と離反を繰り返すようになり、第三紀の中頃には分裂した。

***領土 [#cfdfa867]
主要な地名 

-The core-Lands
--Cuivac Wômaw
--Góak
--Móak
--Wôm Shryac
-Aegan
-V'shrang
-Islands of Romenear
--Kosth Leer
--Rôlfandas
--Thuriac Codya
--Uiven
-Haen
-Helcar Sael
-Kael
-Karn Ord

**第二紀 [#xac7a0fc]

[[第二紀]]の初頭、[[第一紀]]の大戦を戦った[[竜]]の生き残りであるウトゥムコドゥール(Utumkodur)が[[オロカルニ]]の北に飛来した。この竜は元々、[[モルゴス]]が[[アヴァリ]]を牽制するために東方へと差し向けたとされるが、モルゴスの敗北によってその意志から自由の身となった彼女は、やがてアヴァラダン(Avarandan)と総称される極東の人間たちの信仰を集め、その見返りとして彼らに知恵や秘術を授けるようになった。
龍を崇拝する人々は間もなく[[ウォマウ]]と呼ばれる民として統一された。彼らを束ねる皇帝はヒオンヴァラ(Hionvara)、別名を龍の王(Dragon Lord)と呼ばれ、その国家ウォマワス・ドラスは中つ国の北東地域の大半を支配する巨大な帝国へと成長した。
最終的にウトゥムコドゥールは[[エルフ]]の女王モルミレスール(Mormiresûl)に殺されるが、ウォマウは東岸地域における覇権を確立させ、以後何千年にも渡ってその覇権を保持し続けることになった。

同じ頃、ウォマワス・ドラスの勢力に対抗しうる力を持っていたのは遥か西方の国の民である[[ヌーメノール人]]だけであった。第二紀900年の初め、西方より訪れた[[ドゥーネダイン]]の航海者たちはウォマウ領内に初めて交易の拠点を築いた。その後650年の間に、東方における彼らの影響は増大し続け、南東の島々に築いた植民地を要塞化し、ウォマウの支配を脅かした。

第二紀1140年頃、[[バルログ]]の生き残りであるムアール(Muar)が風の山脈に飛来し、[[ドワーフ]]の国ルーリーク(Ruuriik)を滅ぼした。時の王コルスール四世(Corthul IV)はムアールの怒りが自国に向けられるのを恐れ、大量の朝貢品を贈って友好を示した。

***コムール一世の没落 [#y5d386f7]

1844年、コムール一世が父王タヌール(Tanul)の後を継ぎ即位した。
第二紀1744年にウォマワス・ドラスの都ラエグ・ゴアク(Laeg Goak)に生まれたコムールは7歳の時に母クレア・シェイ(Klea-shay)を亡くしており、父王の側近のエルフ、ダルダリアン(Dardarian)の養育を受けていた。当初はエルフの魔術を積極的に学び、政治や軍事の強化に努めたコムールだったが、次第にダルダリアンの讒言を受けて暴政を敷くようになり、人心が離れていった。

ヌーメノールの脅威が迫っていた事もあり、在位150年目の1994年頃には王への忠誠心を捨てて離反しようとするヒオン(諸侯)が相次いだ。
これに怒り、同時に恐れをなしたコムールは古い同盟者であるダルダリアンに助けを求めた。[[オロカルニ]]西麓の湖に浮かぶ日の出の島(Isle of Sunrises)でダルダリアンと再会したコムールは、彼女の治める国ヘルカルス(Helkanen)との盟約を結ぶのに同意。この連合はヌーメノール側にも承認され、あからさまな侵略行為は止んだ。ドゥーネダインはしばらくの間は交易に専念した。

しかし、この行動がコムールの没落を招く結果となった。第二紀1996年、密かに[[サウロン]]に仕えていたダルダリアンから、コムールは恋人の証として贈り物を受け取った。これは人間に与えられるべく作られた[[九つの指輪]]のうちの一つであり、コムールは[[指輪の王>サウロン]]の不滅の奴隷と化してしまった。

1997年、コムールの従兄弟アオーン(Âon)の下に反体制派の諸侯が集結、ヌーメノール人の支援を受けて蜂起した。血塗られた権力闘争でコムールを支持する何十人もの家臣が粛清され、ウォマワス・ドラスは混乱状態に陥った。民衆の支持を失い、宮廷でも孤立無援の状態に陥って7か月後、コムールはラエグ・ゴアグから逃亡、アオーンが新たな皇帝となった。国内には廃位された王の身に起こっていたことの真相を知る者は殆どいなかったが、この交代劇によりウォマウは影の支配を免れた。しかし、憎悪を募らせたコムールはいつの日か復讐を果たすことを誓い、それは数千年の後に実現されることとなる。

***第三紀 [#i4be7ed8]

コムールが去った後も、冥王の脅威が完全に去ったわけではなかった。領内ではダルダリアンの配下であるウルガリン(Ulgarin)の教団べラエン=アン=ヴォルイル(Belaen-an-Voryl)が収賄や脅迫などあらゆる手段でウォマウの民にサウロンへの信仰心を植え付けようと試み、南方の隣国ロカス=ドラス(Lôchas Drûs)では依然として、もう一人のナズグールである[[ドワル]]の一族による支配が続いていた。また、西方世界でサウロンに仕える傍ら、[[ハムール]]はサウロンがヌーメノールの虜囚となっている間などを利用してしばしば東方に舞い戻り、サウロンを信奉する勢力を使って自らの旧領を奪回しようと試みた。これらの脅威は、[[最後の同盟]]との戦いにサウロンが敗れて力を失い、同時にその配下の幽鬼たちが姿を消したことでようやく取り除かれた。

数千年後、サウロンが再び中つ国に姿を現し、[[死人占い師]]として[[ドル・グルドゥア]]になりを潜めるのと同時に、ナズグールも故国へと帰還を果たす。ハムールは風の山脈(Wind Mountains)のマン(Mang)とサルト(Sart)に要塞を築き、そこを拠点にかつて自分を追放したウォマワス=ドラスに揺さぶりをかけ始めた。そして[[第三紀]]2400年の冬にウォマウ軍を打ち破ったハムールはゴアクに帰還して祖先の旧領を奪回した。

西方で[[指輪戦争]]が始まったのと同じ頃、東方でもサウロンのめいによって大侵略が開始される。ウォマウの民は風の山脈の[[ドワーフ]]達と同盟を結び、侵略軍を撃退した

** 画像 [#xd9084c3]

&ref(womawas.gif,,15%,);

**外部リンク [#x4ad380f]

** コメント [#e5c1a37e]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)