このページはペレグリンより転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。リンクは転送先ページに貼るようにお願い致します。

ペレグリン・トゥック

概要

カテゴリー人名
スペルPeregrin Took
その他の呼び名ピピン (Pippin)
ピップ (Pip)
小さい人族の王子 (Prince of the Halflings)
エアニル イ フェリアンナス (Ernil i Pheriannath)
種族ホビット
性別
生没年ホビット庄暦1390年(第三紀2990年)~不詳*1。セイン職1434~1484(50年間)
パラディン・トゥック二世(父)、エグランタイン・バンクス(母)
兄弟パール(姉)、ピンパネル(姉)、ペルヴィンカ(姉)
配偶者ロング・クリーヴのダイアモンド
ファラミア・トゥック(息子)

解説

ホビット庄セイン
第31代
パラディン・トゥック二世
1415~1434
第三紀3015~第四紀13
第32代
ペレグリン・トゥック一世
庄暦1434~1484
第四紀13~63
第33代
ファラミア・トゥック一世
1484~?
63~?

指輪の仲間の一人のホビット。本名はペレグリンだが、この名を覚えている者は友人達の中でも少なく、もっぱらピピンやピップと呼ばれていた。
指輪の仲間の四人のホビットの中では唯一の未成年。少々迂闊者な性格で、ガンダルフからは「ばか者トゥック(Fool of a Took)」、「トゥックの阿保息子(tom-fool of a Took)」等と叱責されることもあるが、どんな逆境でもへこたれない軽快さの持ち主。

パラディン・トゥック二世とエグランタイン・バンクスの息子。メリーことメリアドク・ブランディバックとは父方の従兄弟。フロドの母方の祖母の兄の曾孫、つまりフロドよりも1世代下で、22歳の年少。

旅の仲間

後にセインとなるパラディン・トゥック二世の息子として生まれる。
子供の頃からビルボ・バギンズを慕って袋小路屋敷に出入りしていた親戚たちの一人で、ビルボの別れの宴にも家族揃って招待された。

フロド・バギンズの親しい友人の一人であり、フロドが密かにホビット庄から旅立つつもりでいるのに気付くと、メリアドクから指輪の秘密を打ち明けられて陰謀団を結成、フロドを一人で行かせないように策を練った。彼らはフロドが堀窪へ引っ越すのを手伝い、ペレグリンとサムワイズ・ギャムジーは堀窪への旅に同行してフロドから目を離さないように努めた。そして堀窪で「陰謀」を明らかにしてからは、親族としての絆と友情からあくまでフロドの危険な旅に同行する覚悟であることを告げた。

フロドがエルロンドの会議で正式に指輪所持者として認められ、使命を帯びてモルドールに向かうことが決まった後も、ペレグリンとメリアドクはホビット庄に返されるところだったのを頑固に反対し、ガンダルフの口添えもあって指輪の仲間の一員として旅を続けることを許された。
だが迂闊者のペレグリンはモリアを通過中、休憩していた番人の詰所で、出来心から井戸に大石を投げ込むという失態をしでかしてしまう。おそらくはこれが原因となって一行はオークなどに襲撃されてしまった。

パルス・ガレンでは、メリアドクと共にウルク=ハイに捕らえられる。しかしペレグリンはオークの隙をついて密かに手の縄を切って外し、また自分たちの生存を示すためにエルフのマントのブローチを道に落とすといった機転を発揮した。そのままアイゼンガルドまで連行されるところだったが、ローハン騎馬軍団がオーク達を包囲した隙を突き、メリアドクと共にグリシュナッハを騙して脱出に成功した。
逃げ込んだファンゴルンの森木の鬚に出会い、サルマンの裏切りを話してエントによるアイゼンガルド攻撃のきっかけを作った。またこの時エント水を飲んだため、メリアドクと共に後にホビット最高記録をしのぐ高身長となる。

ゴンドールの衛士

ペレグリンはオルサンクから投げ落とされたパランティーアを拾い上げたことでこの石に魅了され、ドル・バランガンダルフの隙をついて石を覗き込み、サウロンに尋問されてしまう。幸運にもサウロンがペレグリンを詳しく追及しなかったため、重要な情報が敵に漏れるのは避けられた。さらにオルサンクのパランティーアに「ホビット」が応答したことは結果としてサウロンの戦略を混乱させることになった。
ガンダルフはここで生じたわずかな隙を活かすため、急ぎミナス・ティリスへ向かうことにし、(パランティーアから遠ざける意味からも)ペレグリンを自分に同行させた。

ペレグリンはミナス・ティリスでデネソール二世に謁見。彼から尋問を受けたペレグリンは、不意に沸き起こった自尊心とボロミアへの恩からから、デネソールに奉公を願い出る。これは頑なになっていたデネソールの心をわずかに開かせ、ペレグリンは奉公を嘉納されて城塞の近衛兵として彼に仕えることになった*2
そこで近衛兵のベレゴンドや、彼の息子のベアギルと親交を結ぶ。さらに都の住民からは、北の地からゴンドールを加勢に来た「小さい人族の王子」(シンダール語でエアニル・イ・フェリアンナス)であるとあらぬ噂を立てられた*3
ペレグリンはデネソールの近侍として次第に狂気に陥っていくその姿を見つめることになり、デネソールが負傷したファラミアもろとも焼身自殺を図ろうとした時には、ベレゴンドとガンダルフにそのことを知らせて、ファラミアが救出されるきっかけを作った。

その後は西軍の一員として黒門の戦いに参加。山トロルの部隊と戦い、倒れたベレゴンドを助けるため塚山出土の剣によってトロルの首領を打ち倒す。そのままトロルの死体の下敷きになって気を失ってしまったが、ギムリによってホビットの裸足が突き出ていることを発見されて救出された。
コルマルレンの野の栄誉礼ではゴンドールの衛士として宴の給仕を務め、フロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーに再会。エレスサール王の戴冠式と結婚式にも参列した。

ホビット庄の掃蕩では大スミアルに籠城する父パラディンらに水の辺村蜂起の報せを届け、水の辺村の合戦ではメリアドク・ブランディバックと共に指揮官として重要な役割を果たした。その後、その丈高い姿と異国の武者装束、堂々とした立ち振舞はホビット庄で評判となり、名士として知られるようになった。
フロド中つ国を去る時には、ガンダルフにそのことを知らされて灰色港に駆けつけ、サムワイズ、メリアドクと共にフロドを見送った。

セイン・ペレグリン

ペレグリンはロング・クリーヴのダイアモンドと結婚し、二人の間には息子のファラミアが生まれた。
やがてトゥック家の家長となったペレグリンはセインの職を受け継いだ。

多くの著作を残したメリアドクとは違い、ペレグリン自身は本を一冊も書かなかったが、彼の下で形成された大スミアルの蔵書にはエアレンディルに関するものや、第一紀第二紀にまつわる伝承が広汎に収集されており、ゴンドールの史料の写しも数多く収蔵されていた。この文庫の資料と、メリアドクが裂け谷から得たと思われる資料を基に、大スミアルで「西国年代記(代々の物語)」が編纂されたと考えられている。

老後は息子に家督を譲るとメリアドク・ブランディバックと共にローハンに赴き、エオメル王を看取った。その後二人はゴンドールで短い余生を過ごしたが、この時ペレグリンは西境の赤表紙本の写本であるセイン本エレスサール王に献上した。亡くなった二人はラス・ディネンに葬られた。エレスサール王が崩御すると、二人の棺は王の傍らに並べ置かれたと言われる。

略歴

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

俳優ビリー・ボイド
日本語吹き替え飯泉征貴

デネソール二世は自尊心故か、(原作とは異なり)ローハンに救援を求めるためのエレド・ニムライスに連なる連絡用の烽火台を点火していなかった。そこでガンダルフの指示によって、ミンドルルインの最初の炎を点じている。
ミナス・ティリスでもらう鎧は、ファラミアが子供の頃使っていたものという設定が追加されている(エクステンデッド・エディション)。
原作にはなかった、デネソール二世の前で歌を歌うシーンが追加された。またベレゴンドが映画に登場しない分、ファラミア救出におけるペレグリンの役割が大きくなっている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるペレグリン・トゥック 『ロード・オブ・ザ・リング』におけるペレグリン・トゥック 『ロード・オブ・ザ・リング』におけるペレグリン・トゥック

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における裂け谷でのメリアドク・ブランディバックとペレグリン・トゥック 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるミナス・ティリスでのペレグリン・トゥック

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 28歳というのは人間でいうと(3/5倍して)17歳くらい? -- 2010-12-04 (土) 19:13:43
  • 「指輪」を通じて歴史に関わった2人とは異なり、メリーとともに「戦争」を通じて歴史に関わった人、かな。 -- 2012-06-06 (水) 23:11:32
  • メリーは元々聡明さが見え隠れしていたから大丈夫だと思うが、果たしてこの男は当主としての責任を・・・・・どうだろうか? -- 2012-08-16 (木) 18:28:59
    • 全体的にドジ役でもメリーとは違ったところで機転を利かせる描写が結構あったから何とかなったと信じたい -- 2012-09-15 (土) 17:30:37
      • トロルの首領に立ち向かう勇気もありますしね。 -- 2012-09-15 (土) 17:46:26
    • 映画ではおバカキャラが強調されてると思うが、原作ではそれほどおバカではないことが判る。 -- 2013-11-23 (土) 06:58:50
  • 相撲の技を身に着けているそうだが、原典ではなんてなってんでしょ -- 2012-10-28 (日) 13:16:46
    • wrestling tricksだった気がします -- 2013-05-18 (土) 00:21:13
      • tricksってところがいかにもピピン…組み付くと見せて足を払うとか、力まかせではない、柔道っぽいのが似合いそう -- 2014-12-25 (木) 22:18:49
  • ビルボにしろピピンにしろ、トゥックの血はほんとにアクティビティだな…。 -- 2013-05-18 (土) 12:04:16
    • ピピンは「ホビットの冒険」におけるビルボ的な立ち位置だったんじゃないでしょうか。おっちょこちょいでトラブルメーカーだけど要所要所で活躍してる、機転を利かせて仲間たちを救う、その心意気で目上の者達の心を打つなど、わりと共通点が多い気がします。 -- 2013-06-28 (金) 12:46:14
      • 彼の行為は期せずして中つ国の歴史を変えるきっかけとなっている。モリアでの石落とし、パランティアの覗き見、デネソールへの奉公とそこから生起するファラミア救出。どれも衝動的なものでプラスとマイナスを含むのだが事態を大きく動かしている。メリーの魔王撃破ほど派手な武勲ではないが、すごく重要な役割を果たしてる。 -- 2018-04-29 (日) 03:47:28
  • 顔立ちといい性格といいビルボに一番DNAが近いのはこいつだ -- 2013-09-11 (水) 01:57:19
    • 確かに性格は似てますねえ -- 2015-01-28 (水) 21:35:51
  • ビリーボイドはホビット決戦の行方にカメオ出演していませんでしたか? 気のせい? -- 2015-01-28 (水) 17:58:51
    • 今日初めてエンディングのthe last goodbyeがビリーボイドということに気づいた -- 2017-10-20 (金) 18:25:11
  • セインの息子で後にセインになったのなら、ゴンドール人が勘違いで付けたエアニル・イ・フェリアンナスの名はむしろ正しかったことになる -- 2015-06-26 (金) 04:27:54
  • メリーの弟分って感じだけどメリーよりも主人公っぽさがある -- 2017-02-14 (火) 23:45:25
    • メリーは一人息子気質が強く出ているので、あまり兄貴分には見えない。ピピンは末っ子気質丸出し -- 2017-10-13 (金) 20:22:00
  • 作中でピピンがやらかした行為の中で、本当にダメだったのってモリアで井戸に死体落とした事だけだと思う。原作では石だったけど -- 2018-01-31 (水) 02:28:15
    • しかしあれがなかったら、ガンダルフが白にならなかったかも。 -- 2018-01-31 (水) 07:29:53
      • ガンダルフ「お前それバルログの前でも言える?」 -- 2019-01-05 (土) 18:27:48
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 ホビット庄暦1484年(第四紀63年)にメリアドク・ブランディバックと共にホビット庄を去ってゴンドールに赴き、短い余生を過ごした後に死去
*2 デネソール二世は、ガンダルフが自分に対するスパイとしてペレグリンを送り込んだと後に発言しているが、最初からそう疑っていたのか、ファラミアの重傷とパランティーアがもたらした狂気故にそう考えるようになったかははっきりしない
*3 これはデネソール二世と長い密談を持ったこと、ペレグリンの話すホビット庄西方語には「尊敬」を表す二人称代名詞が失われており、デネソールを含むあらゆる身分の人に「親しみ」を表す代名詞で呼びかけたことから高い身分の人物と誤解されたことに因る

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-05 (土) 18:27:48 (111d)