このページはタウア=ヌ=フインより転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

ドルソニオン

概要

カテゴリー地名
スペルDorthonion
その他の呼び名タウア=ヌ=フイン(Taur-nu-Fuin)、デルドゥーワス(Deldúwath)、トル・フイン(Tol Fuin)

解説

シンダール語で「松の木の国、松の地(Land of Pines)」の意。ベレリアンドの北の辺境に存在した、東西およそ六十リーグ(約290km)の広大な高地*1。名の通り大きな松林がたくさんあり(特に北側と西側)、寒々しい高地にはエレド・ウェスリンの山々よりも高い裸の岩山が聳え、それらの麓には多くの湖があった。北側はアルド=ガレン(アンファウグリス)の平原から緩やかな斜面が高地へと続いていたが、南側はエレド・ゴルゴロスと呼ばれる急な断崖になっていた。エレド・ゴルゴロスの西端にはディンバールへ下るアナハの山道があった。

ノルドールの帰還後その民の一部が住み着いており、アングロドアイグノールが北の斜面を防衛していた。ベオルの族も後にこの地に定住し、ボロミアはドルソニオン北東部のラドロスの統治権を与えられた。
ダゴール・ブラゴルラハの際にモルゴスの火の川によって北側の斜面の森が焼き尽くされ、その後に育った根が絡まり合い黒く捻じ曲った樹々に覆われると、迷い込んだ者は恐ろしい幻影に追い回されて、しまいには狂死する恐ろしい迷いの森となった。そのためこの森はシンダール語で「夜闇の森(Forest under Night, Forest under Nightshade)」の意であるタウア=ヌ=フイン、あるいは「夜闇の恐怖(Horror of Night-shadow)」の意であるデルドゥーワスと呼ばれ、オークですらよほどの必要に迫られなければ近寄らなくなった。

バラヒア率いるドルソニオンの無宿者たちは高地の東にあるタルン・アイルインの湖畔を隠れ家として踏みとどまり、モルゴスの勢力に対して抵抗を行った。
ベレグがオークに拉致されたトゥーリンを探してやってきた際にタウア=ヌ=フインの森でグウィンドールを発見した。その後救出されたトゥーリンが誤ってベレグを殺してしまうと、ベレグの遺体はトゥーリンとグウィンドールによってタウア=ヌ=フインに埋葬された。

ドルソニオンの名は『指輪物語』の木の鬚の歌にも登場し、その中ではドルソニオンに存在したオロド=ナ=ソーンという山に言及している。
終わらざりし物語』の付属の地図とクリストファー・トールキンの解説によると、ベレリアンドの崩壊後も一部はトル・フインという島となって残っている。

画像

トールキンが描いたタウア=ヌ=フイン
上掲の水彩画はトールキンが1928年にTaur-na-Fuinの森でベレグがFlindingを発見する場面を描いたものである(後に森の名はTaur-nu-Fuinに、Flindingはグウィンドールに改名される)。
この絵はトールキンの同意を得て「ファンゴルンの森(Fangorn Forest)」に改題され、1974年のトールキン・カレンダーに収録された。

コメント

コメントはありません。 Comments/ドルソニオン?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 unfinished index』'Dorthonion, land of pines, a highland on north borders of Beleriand'

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-09 (日) 17:31:20 (612d)