このページは蛇の舌より転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

グリマ

概要

カテゴリー人名
スペルGríma*1
異訳グリーマ
その他の呼び名蛇の舌(Wormtongue)*2、蛇(Worm)
種族人間ロヒアリム
性別
生没年不明~†第三紀3019年11月3日
ガルモド(父)

解説

蛇の舌と呼ばれる。
セオデン王の相談役だったがサルマンに買収されて裏切り者となり、アイゼンガルドの利益となるようにローハンを誘導していた。グリマはセオデンに毒の言葉(或いは本物の毒物?)を注ぎ込んで彼の気力を萎えさせて健康を害し、エドラスの実権を握ったが、大いなる年ガンダルフによって正体を暴かれて追放された。その後は凋落したサルマンに影のように付き従った。

また足許には賢人めいた青白い顔に瞼の重たくかぶさる目をした、しなびた男が一人、階段に腰を下ろしていました。*3

王の相談役

ガンダルフによるとこやつも元来こうであったわけではない。かつては人間だったこともあり、この者なりに殿にご奉公をしたこともある*4という。

だが『終わらざりし物語』によると第三紀3014年頃より術策を弄してセオデンの健康を損ね、彼が自らの助言に依存するように仕向けはじめる。そしてアイゼンガルドの脅威を過小評価してローハンが行動を起こすことを妨げるとともに、セオドレドエオメルといった有力者たちが宮廷から排除されるよう絶えず王に働きかけた。
アイゼンの浅瀬の合戦でセオドレドが殺されると、グリマはエルケンブランドからの援軍要請を握りつぶし、加えてエオメルへの不信感を王に植え付ける。

そのため翌3019年に領内に侵入したウルク=ハイを討伐するためエオメルが自らの一存でエオレドを出動させると、グリマは王の命に背く行動だとしてこれを非難。さらにエオメルがグリマを斬ろうとしたため、反逆罪の咎で彼を投獄させることに成功した。
グリマはサルマンが勝利した暁には、エオウィンを我が物にしようと目論んでおり、絶えず彼女につきまとい毒の言葉を囁きかけていた(エオメルが宮廷で剣を抜いたのもこれに気付いたためであった)。
加えてヘルグリムをはじめとした貴重品をくすねて自らの櫃の中に隠し貯めていた。

指輪戦争

しかし大いなる年3019年の3月2日、エドラスを訪れたガンダルフによってセオデンは蘇生され、グリマはアイゼンガルドへの内通を暴かれる。そこで実権を取り戻したセオデンにより、合戦に同行して忠義を示すか、ローハンを追放されるかの選択肢を与えられると、後者を選んでアイゼンガルドへ逃亡した。

しかしグリマが到着した時、アイゼンガルドは既にエントによって破壊されてサルマンは敗北しており、もはや行き場のないグリマはサルマンとともにオルサンクに閉じ込められることを余儀なくされる。
ガンダルフとセオデンの一行がサルマンと談判するためにオルサンクを訪れると、グリマはその真価を知らずにパランティーアを塔から投げ落とした。パランティーアは、サルマンとガンダルフの頭すれすれを落ちていったが、アラゴルンあいつはあなた(ガンダルフ)とサルマンのどちらをより憎んでるのか自分でも心を決めかねていたんですよ。*5と推察している。

そのままサルマンと共に塔に閉じ込められていたが、サウロンが没落するとサルマン共々塔を脱出。そしてサルマンに付き従って物乞いをして歩くようになる。故郷へ凱旋する途中の指輪所持者らの一行に出会った時、サルマンから虐待されるグリマを見たガンダルフは彼から離れて自由になるよう薦めたが、グリマは主人への恐怖のため、憎しみを抱きながらもサルマンから逃れることができなかった。

サルマンが旅人たちへの復讐のためホビット庄に赴いて袋小路屋敷を占拠すると、彼に命じられて眠っていたロソ・サックビル=バギンズを刺し殺す(さらにサルマンの示唆によると、空腹のあまりその死体を食べたらしい)。
水の辺村の合戦の後、フロドは再び彼に、サルマンの束縛から離れて自由になるよう薦め、グリマも喜んでそれに応じる様子を見せた。だがサルマンによってロソ殺害を暴かれ、足蹴にされたことで、とうとうグリマはサルマンの喉首を掻き切って彼を殺す。そしてフロドが止める間もなく、ホビットの射手によって射殺された。

備考

終わらざりし物語』の一説によると、ガンダルフアイゼンガルドに捕らわれて脱出した後、グリマはガンダルフを追う黒の乗手と遭遇している。そこでグリマは黒の乗手に脅され、ホビット庄のことを話してしまった。こうしてホビット庄の存在を知った黒の乗り手は、その地へ向かうことになった。
ただしクリストファーによるとこれは時系列的に無理がある話であり、後の草稿では黒の乗手と遭遇したのはグリマではなくサルマン配下の別の男となっている。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

原作では裏切りが知られた後、ガンダルフの言葉もあり、戦いで改めて忠誠を示すか、すぐエドラスから立ち去るかの二択をセオデンに示される。一方映画では、セオデンに斬り捨てられそうになったところをアラゴルンが止め、アラゴルンが差しだした手に唾を吐いて逃げ出している(この時アラゴルンのバラヒアの指輪に気付いた形となっている)。

その後、角笛城の合戦が始まる前にオルサンクに辿り着き、サルマン角笛城の弱点や、アラゴルンのバラヒアの指輪についての情報をもたらしている。
劇場公開版では『二つの塔』にしか出番がないが、『王の帰還 エクステンデッド・エディション』では、オルサンクの頂上で背後からサルマンを刺す。その直後レゴラスの矢を受けて死亡。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるグリマと、ガンダルフに癒やされる前のセオデン e2953a26d02c0b8b243e1082d7820273.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 第三紀においては人間がアイヌアを滅ぼした非常に珍しい出来事だね。 -- 2012-01-24 (火) 21:31:44
  • 映画だとレゴラスガグリマを殺す理由が曇ってるんだよなぁ。 原作とのつじつまあわせとしか思えないの。 -- 2012-12-12 (水) 23:08:56
    • あそこは誰に殺させるか困ったそうですね。けっきょくあの距離で射殺せるのはレゴラスしかいなくて、やむを得ずレゴラスに白羽の矢が立ったらしい。 -- 2012-12-13 (木) 01:00:22
      • なるほど、そういう裏事情があったとは。 個人的には映画のグリマは救ってほしかったです。 -- 2012-12-13 (木) 22:46:10
  • グリマにセオデンが呼びかけるあのシーンは結構来るな -- 2014-06-01 (日) 11:52:13
    • 映画のグリマは最後の最後でサルマンの呪縛から抜け出せそうだったのにLEGOラスのせいで。。。 -- 2014-06-03 (火) 10:11:36
      • 空気の読めない殺人マシーンから逃れられる者はいない・・・ -- 2014-07-28 (月) 01:15:05
      • セオデンをあんな目に合わせておいて五体満足というのは甘すぎる。妥当な結果ですね。 -- 2015-02-14 (土) 09:58:12
    • 改心したところで、飛び降りる以外の方法でどう逃げればいいのか -- 2016-10-16 (日) 02:13:23
      • ブラック企業(上司)から離れられない心理だな -- 2016-10-16 (日) 23:36:23
      • オークとかモルゴスの創造物はみんなそうだろうな。というかグリマのあの状況は心理的側面以前に物理的に逃げる手段が無い -- 2016-10-17 (月) 00:27:51
      • 「グリマ!降りてこい!」(鬼畜) -- 2016-10-18 (火) 09:23:11
      • 普通にあそこまで登ってきた道をまた引き返せばいいだけですから、「飛び降りる以外物理的に逃げる手段がない」なんてことはないと思いますが。 -- 2016-10-18 (火) 13:34:55
      • 映画の塔の屋上は、出入り口っぽい場所が無さそうだし、ガンダルフさえグワイヒアが必要だったくらいなんで、サルマン様の魔法以外では脱出できないのかも。 -- 2016-10-18 (火) 15:04:39
  • アルフリドと被るこの人が映画でセオデン王に斬られていたら、排水溝も知られることなく戦いが少し有利になっていたのでは。 -- 2015-02-18 (水) 15:36:42
    • アルフリド -- 2015-02-18 (水) 20:36:08
    • 皆グリマとアルフリドが似てるって言うけど前者は眉毛がなく後者は眉毛が濃い -- 2015-02-18 (水) 20:37:28
      • 眉毛つながりそうで両さんぽいね、セコさと眉毛だけ…。 -- 2015-02-18 (水) 23:15:05
      • 両さんはあんな小物じゃねえよな -- 2015-02-19 (木) 21:29:12
      • 悪行を働いた罰として、ニワトリに変身させられたことを逆恨みした両さんが、冥王たちを引き連れて、至福の地を襲撃するんですね。 -- 2015-02-19 (木) 23:48:33
      • 「両津のバカはどこだ!出てこい!!」「一つの指輪を捨てる旅に出ると言ってました!」 -- 2017-04-24 (月) 02:07:33
    • あくまでも映画での話ですからね。 原作では、到着したのは、エントのオルサンク破壊の後ですからね。 -- 2016-10-16 (日) 05:15:23
  • グリマ=アルフリドの孫説か。面白いな。だとするとけっこう遠くまで逃げたんだなw -- 2015-02-18 (水) 21:35:06
    • 映画では時間が短縮されているから、没になったけどね。 -- 2015-12-16 (水) 14:50:06
    • 原作の彼は、へたれ成分があるからアルフリドと被って、憎めないところがあるんだよね。 映画版では、そういうのがないから、単に気持ち悪いキャラだけど。 -- 2016-06-24 (金) 04:24:45
  • 映画での死に方は原作とは違っていたけれど、最後セオデンが人間らしい言葉をかけてあげて救われた気分。 -- 2015-02-20 (金) 14:53:19
  • 映画限定だがサルマンが招集した軍団を見て涙をこぼすシーンが好き。小物が大いなる力(悪だけど)に触れて感極まった感があって。 -- 2015-06-17 (水) 12:39:35
  • この世界の未婚の人間は基本みんな童貞だろうけど、コイツから漂う童貞臭は抜きん出てる -- 2017-02-08 (水) 20:15:03
    • たとえ現代に生きていてもずっと童貞だろうな -- 2017-02-08 (水) 21:47:19
  • LotROのグリマは血色良いなあ。やはり映画の方がグリマらしい。 -- 2017-06-02 (金) 06:41:31
  • Amazonプライムで『二つの塔』を見てるんだけど、グリマの唾吐きシーンがカットされてる…。たった2秒かそこらなのに、何故だ。 -- 2017-10-01 (日) 22:26:49
    • 単に汚いからかと。 特にモノ食っているときは勘弁してもらいたい。 -- 2018-02-23 (金) 10:00:45
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 古英語で「見せかけ、欺き」の意
*2 古英語で蛇の舌(snake-tongue)の意味のwyrm-tungaを現代化した形
*3 指輪物語 二つの塔』「黄金館の王」
*4 同上
*5 同上「サルマンの声」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-23 (金) 10:00:46 (297d)