#author("2018-11-02T17:29:42+09:00","","")
#author("2018-11-02T20:28:25+09:00","","")
-実写映画版については[[ロード・オブ・ザ・リング]]を参照してください。
-アニメ映画版については[[ロード・オブ・ザ・リング 指輪物語]]を参照してください。
-ラジオドラマ版については[[BBC RADIO COLLECTION The Lord of the Rings]]を参照してください。
----
* &ruby(ゆびわ){指輪};&ruby(ものがたり){物語}; [#c9ab2b21]
#contents
----
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[書籍・資料等]]|
|~スペル|The Lord of the Rings|
|~その他の呼び名|指輪の王の没落と王の帰還(the Downfall of the Lord of the Rings and the Return of the King)(([[西境の赤表紙本]]に記されていた原題))|

** 解説 [#Explanation]

[[ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]教授による、『[[ホビットの冒険]]』の続編として書かれた小説。[[中つ国]][[第三紀]]の[[指輪戦争]]の事が記されている。

児童文学として人気が出た『ホビットの冒険』の続編を希望されたトールキンは、当初は前作の主人公であった[[ビルボ・バギンズ]]を主役にして雰囲気も前作と同様の、単純な童話を想定して書き始めた。だが何度も書き直すうちに構想がどんどん膨らみ、やがてはトールキンが以前から形作っていた神話体系([[シルマリルの物語]]の一部)も大きく組み込まれ、壮大な物語へと成長。1937年から1949年の間に断続的に執筆され、1954年~1955年にかけ全3巻の小説として出版された。
トールキン自身としてはこれは一続きの物語であり、分冊および各巻にサブタイトルを付すことは3部作(Trilogy)だと誤解されることになると反対的だったが、最終的には出版社の意向が通り現行の形となった。また、当初トールキンは『[[シルマリルの物語]]』も連続した物語であるとして、これも同時に発売することを希望していたが、とても完成が間に合わないとしてやはり見送られ、内容のごく一部が『[[追補編]]』に収録された形となった。

『指輪物語』はamazon.comで行われた「過去1000年で最高の本」アンケートのトップになった。これは大袈裟としても、『指輪物語』は20世紀最高の文学作品の一つとして認知されており、各巻ごとに約1億5000部を売り上げた。これは20世紀に執筆された小説としては最高記録である(([[Wikipedia:ベストセラー本の一覧]]))。またその結果、それまではおとぎ話の妖精に過ぎなかった[[エルフ]]や[[ドワーフ]]という種族のイメージを現在の形に一般化し、近代ファンタジー文学(そしてそのイメージをもとにしたゲームなど)の世界観の基礎を築いたという点は、誰もが認めるところである。

***目次 [#gc057b90]

全三部+追補編で構成されており、各部がさらに上下に分かれる。それぞれの巻の目次は各項目を参照。

-本編
--[[旅の仲間]]
--[[二つの塔]]
--[[王の帰還]]
-[[追補編]]

*** 巻頭詩 [#s35921c3]

>三つの指輪は、空の下なるエルフの王に、&br; 七つの指輪は、岩の&ruby(やかた){館};のドワーフの君に、&br;九つは、死すべき&ruby(さだめ){運命};の人の子に、&br; 一つは、暗き&ruby(みくら){御座};の冥王のため、&br;影横たわるモルドールの国に。&br; 一つの指輪は、すべてを統べ、&br; 一つの指輪は、すべてを見つけ、&br; 一つの指輪は、すべてを捕らえて、&br;  くらやみのなかにつなぎとめる。&br;影横たわるモルドールの国に。

*** ストーリー [#e5e31b75]

[[ビルボ・バギンズ]]の[[前回の冒険>ホビットの冒険]]から60年後。111歳の長寿を迎えたビルボは、[[盛大な誕生会>ビルボの別れの宴]]の席上で別れの挨拶を述べ、突如として文字通り姿を消してしまう。後継者である[[フロド・バギンズ]]のもとには、ビルボが前の冒険で手に入れた「魔法の指輪」が残された。
それから更に17年が経ち、しばらく音沙汰がなかった[[魔法使い]]の[[ガンダルフ]]が久しぶりにフロドを訪ねてくる。ガンダルフは、ビルボが残した魔法の指輪が、実は[[冥王]][[サウロン]]の「全てを統べる''[[一つの指輪]]''」であることを告げる。もしこの指輪が冥王の手に戻れば、[[中つ国]]は暗黒に包まれる。

そのためフロドは、一つの指輪を無に帰することができる唯一の場所である[[滅びの山]]を求めて旅に出る。フロドと[[仲間たち>指輪の仲間]]の前途には、数々の出会いと別れ、冥王の下僕である[[指輪の幽鬼]]の影、そして[[中つ国]]の[[自由の民]]を巻き込む[[指輪戦争]]が待ち受けていた。

詳細なストーリーについては以下を参照。

-[[旅の仲間/ストーリー]]
-[[二つの塔/ストーリー]]
-[[王の帰還/ストーリー]]

*** 標題紙のテングワール [#z48fe806]

&ref(LotR_title_tengwar.jpg,,20%,『指輪物語』標題下部);

>v westmarč by jhon ronald reuel tolkien herəin iz set forþ
ð historī %%%v%%% wor %%%v%%% riŋ nd ð return %%%v%%% kiŋ az seen by ð hobbits.
>of Westmarch by [[John Ronald Reuel Tolkien>ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]] herein is set forth the history of [[the War of the Ring>指輪戦争]] and the return of the King as seen by [[the hobbits>ホビット]].

訳し方については、[[フェアノール文字>フェアノール文字#titlepage]]の項を参照。

*** 翻訳について [#n43f5736]

この本は(それ以前に出版された『[[ホビットの冒険]]』を含めて)「[[ホビット]]が[[西方語]]で書いた''[[西境の赤表紙本]]''を、トールキンが英語に翻訳した」という形で書かれている。
そのためホビットにとって馴染みのある言葉は英語で表記され、ホビット語と歴史的関連のある[[ローハン語]]は[[古英語]]で表記されている。その一方で、ホビットにはわからない[[エルフ語]]などは、別の言語としてそのまま記述されている。

ゆえにトールキンは各国語に翻訳するときも、英語で表記されている部分はその国の言語に全て翻訳し、その他の言語はそのまま残すように指示している。
日本語版の『指輪物語』は可能な限りこの意をくみ取り、[[瀬田貞二]]によって(現在小説風にするなら英語を片仮名で表記するであろう所も)独特の日本語に翻訳して表記されている。

** 日本語版書籍 [#f22103d9]

トールキン生誕100周年に合わせ、イギリスでは[[アラン・リー]]の挿し絵が入った版の発行が行われたが、それにあわせて日本でも訳の修正などが行われた[[新版]]が発売された。現在発行されているのはこの新版である。

*** 文庫版 [#w5fdecf0]

#amazon(4566023710)
#amazon(4566023826)

[[旅の仲間]]4巻、[[二つの塔]]3巻、[[王の帰還]]2巻、[[追補編]]1巻の全10巻(追補編は他より遅れて出版された。全9巻セットには、追補編は含まれていない)。表紙は[[アラン・リー]]のイラストで、[[寺島龍一]]によるモノクロの挿絵入り。
[[旧版]]では全6巻で、追補編は一部が省略されていた。

#amazon(,clear)

*** 愛蔵版 [#f071d8d1]

#amazon(4566023613)

[[旅の仲間]]、[[二つの塔]]、[[王の帰還]]各2巻、[[追補編]]1巻の全7巻。表紙は[[アラン・リー]]のイラストで、[[寺島龍一]]によるモノクロの挿絵入り。
[[旧版]]では全6巻だった。

#amazon(,clear)

*** カラー愛蔵版 [#y4b58447]

#amazon(4566023532)

[[旅の仲間]]、[[二つの塔]]、[[王の帰還]]各1巻の全3巻([[追補編]]は『王の帰還』内に収録)。表紙は他の版の扉ページにもある[[一つの指輪]]のロゴマークで、[[アラン・リー]]によるカラーの挿絵入り。
トールキン生誕100周年記念として、[[新版]]で新たに出版された。

#amazon(,clear)

*** オーディオブック版 [#AudioBook]

[[大川透]]、[[森田順平]]によるリーディング(巻ごとに異なる)で、audiobook.jpにて[[旅の仲間]]上巻、下巻が発売中、以降の巻も[[追補編]]まで順次発売予定(([[指輪物語 特集ページ - audiobook.jp:https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZF26M+C6SHMA+3CJQ+BW0YB&a8ejpredirect=https%3A%2F%2Fpages.audiobook.jp%2Fspecial%2Fyubiwa%2Findex.html%3Fa8%3DgXUI7X-RfowDjo4tp9GomrGIpR.clRGDC9GM-oFwhM1RfoUrGoUEGp4S2pkt4tiGBMOpwAUoBXUIns00000015623001]]))。
-[[新版 指輪物語〈1〉/旅の仲間〈上〉:https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZF26M+C6SHMA+3CJQ+BW0YB&a8ejpredirect=https%3A%2F%2Faudiobook.jp%2Fproduct%2F238470]]
-[[新版 指輪物語〈2〉/旅の仲間〈下〉:https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZF26M+C6SHMA+3CJQ+BW0YB&a8ejpredirect=https%3A%2F%2Faudiobook.jp%2Fproduct%2F240760]]

** 他のメディアへの展開 [#r6685298]

*** ラジオドラマ化 [#ade8e7d7]

イギリスで[[BBC RADIO COLLECTION The Lord of the Rings]]が製作され、放送された。CD化もされている。

*** 映画化 [#pe88a4ad]

1978年にアニメ映画として『[[ロード・オブ・ザ・リング 指輪物語]]』が制作された。だが、多くの原作ファンにとって、この映画は満足のいく出来ではなかった。また、この映画の続編の形式で、1980年にTV番組アニメ『[[The Return of The King]]』が放映された。
『指輪物語』の世界観の壮大さ、多彩な幻想的表現などにより、長らく「映画化は不可能」と言われ続けていたが、CG技術の発達がそれを可能にする。
2001年から2003年にかけて実写映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』三部作が公開された。

また、『指輪物語』の記述の一部を原作にして制作された非営利映画『[[The Hunt for Gollum]]』『[[Born of Hope]]』がある。

*** テレビドラマ化 [#pe88a4ad]

2017年、アマゾン・スタジオがドラマ化の権利を獲得し、テレビドラマ化が決定した([[Lord of the Rings TV Series]])。複数シーズンの契約であり、映画『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』の前日譚となる予定。また、さらなるスピンオフシリーズの可能性も契約には含まれている模様である。

*** ゲーム化 [#b8e47643]

『指輪物語』を直接題材にしたゲームは、特に英語圏で多く発売されている。古い物になると、日本ではスタークラフト社が日本語化して発売した『指輪物語 第1章 旅の仲間』『指輪物語 第2章 二つの塔』が比較的良く知られている(『王の帰還』は発売中止)。

映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』公開に合わせ、[[エレクトロニック・アーツ]]より「映画のゲーム化」という形で、多数のゲームが発売された。その後ゲーム化権は[[WB Games]]が獲得し、[[ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング]]、[[Guardians of Middle-Earth]]、[[シャドウ・オブ・モルドール]]、[[LEGO The Lord of The Rings]]、[[シャドウ・オブ・ウォー]]などが発売されている。
一方で、Turbineからは「原作のゲーム化」という形で『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』のサービスが2007年より行われている(その後Turbineはワーナーに買収されるが、さらにStanding Stone Gamesとして独立)。

テーブルトークロールプレイングゲームととしては、[[Iron Crown Enterprises]](ICE)から『[[指輪物語ロールプレイング]](MERP)』が発売され、邦訳版も出たほか、ICEは原作を拡張する形で多数の設定を追加した。その後ICEは『指輪物語』関連の権利を手放しており、発売終了。Cubicle7社は新たに『[[The One Ring Roleplaying Game]]』を発売しているが、こちらは未邦訳。

またこれら正規のライセンスを得て制作されたものの他にも、『指輪物語』は様々な形でゲームとして登場した。『指輪物語』の世界を題材とした、[[Moria]]や[[Angband]]というゲームがフリーソフトとして公開されているほか、『ダンジョンズ&ドラゴンズ([[Wikipedia:ダンジョンズ&ドラゴンズ]])』などに始まるゲーム文化に多大な影響を与えている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   編集編集 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS