#author("2018-12-13T20:56:03+09:00","","")
#author("2018-12-15T16:50:08+09:00","","")
* サルマン [#e322834f]
#contents
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Saruman|
|~異訳|サルーマン|
|~その他の呼び名|白のサルマン (Saruman the White) &br; 白の賢者 (the White) &br; 白の使者 (White Messenger) &br; [[白の手]](White Hand) &br; クルニーア (Curunír) &br; クルモ (Curumo) &br; クルニーア・ラーン (Curunír 'Lân) &br; 指輪作りのサルマン (Saruman Ring-maker) &br; 多彩なるサルマン (Saruman of Many Colours) &br; シャーキー (Sharkey)|
|~種族|[[マイアール]]([[イスタリ]])|
|~性別|男|
|~生没年|不明~†[[第三紀]]3019年|

** 解説 [#Explanation]

''白のサルマン''として知られる[[魔法使い(イスタリ)>イスタリ]]の一人。[[シンダール語]]では''クルニーア''、[[クウェンヤ]]では''クルモ''と呼ばれた。名はいずれも「技巧者(skilled one)」の意((「[[ナン・クルニーア]]」が「魔法使いの谷(Wizard's Vale)」と訳されている例など、[[人間]]が呼ぶところの「[[魔法使い]]」の意味とも一部重なっている可能性がある。))。
その正体は[[サウロン]]と戦う[[中つ国]]の民を援助するため、[[ヴァラール]]によって送り込まれた[[マイア]]であり、元々は[[アウレ]]に仕えていた。サルマンは、イスタリの中で最も早く中つ国にやってきた。
その正体は[[サウロン]]と戦う[[中つ国]]の民を援助するため、[[ヴァラール]]によって送り込まれた[[マイア>マイアール]]であり、元々は[[アウレ]]に仕えていた。サルマンは、イスタリの中で最も早く中つ国にやってきた。

彼は多くの者から[[イスタリ]]の長と見なされており、サウロンの脅威に対抗するために結成された[[白の会議]]の議長も務めた。
中つ国では[[アイゼンガルド]]に居を構え、[[指輪学>力の指輪]]とサウロンの手管を研究していた。黒く重い杖を持ち、[[ルーン文字>キアス]]の「S」および[[白の手]]を自らの印とする。

>「しかしながら、かれは賢者の最長老じゃ。また[[わが集団>イスタリ]]の長であり、[[会議>白の会議]]の主催者である。その知識は深いが、それとともに自尊心もいや増し、どのような口出しも悪く取るのじゃ。[[エルフの指輪>力の指輪]]のことなら偉大な指輪も些細なものも、その伝承をきわめるのが、かれのつとめじゃ。」((『[[指輪物語]] [[旅の仲間]]』「過去の影」 ガンダルフの言葉。))

>大きなマントにくるまった老人で、マントの色は何色とも判じかねました。何故なら、かれらの目の動きにつれ、あるいはかれの身動きにつれて、色が変わるからでした。かれの顔は面長で、秀でた額を持ち、深い暗い目は測り難く底知れなかったのですが、今はまじめで優しげな、そしていくらか疲れた様子を帯びていました。かれの髪と顎鬚は白く、唇と両耳の周りにだけまだ黒いものが房になって残っていました。((『[[二つの塔]]』「サルマンの声」 和睦を求めてガンダルフとセオデンの一行の前に姿を現した時のサルマンの様子。))

先述のように、本来サルマンは[[自由の民]]を助けるためにやってきた白の賢者であった。
だがやがて力と知識を求めるあまり堕落し、自ら[[一つの指輪]]を手にすることによって、サウロンに取って代わり[[中つ国]]を支配することを目指すようになる。

*** 第三紀のサルマン [#third]

>「かつてはかれもその名声通り偉大だった。その知識は深く、その思考力は鋭く、その手は驚くほど熟練していた。そしてかれは人々の心を支配する力を持っていた。」((『[[二つの塔]]』「漂着物」 [[アラゴルン二世]]の言葉。))

[[イスタリ]]の内、最初に[[中つ国]]に上陸したのがサルマンであった。彼は[[青の魔法使い>イスリン・ルイン]]とともに中つ国の[[東方>リューン]]まで旅をしたが、戻って来たのはサルマン一人であったという。
サルマンは多くの者達から[[イスタリ]]の長と見なされており、2463年にはじめて召集された[[白の会議]]において、[[ガンダルフ]]が議長の推薦を辞退すると、代わって議長に選ばれた。

かつてサルマンは賢者達の中で最も[[ゴンドール]]と親密であり、[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]に保管されている伝承や記録に精通していた。
2759年にはゴンドールの[[執政]][[ベレン>ベレン(エガルモスの息子)]]より[[オルサンク]]の鍵を与えられ、[[アイゼンガルド]]を租借して居城とする。彼は、[[大侵略]]と[[長い冬]]で疲弊していた、[[フレアラフ]]王の統治する[[ローハン]]の民を助けるなど、ゴンドール、ローハンの同盟者として働いた。

イスタリと白の会議の長として、彼は[[指輪学>力の指輪]]および[[サウロン]]の手管を究明することを専らとしており、このために白の会議はサウロンを出し抜くことに成功したこともあったという。ガンダルフの再三の[[ドル・グルドゥア]]攻撃要請には反対の立場を表明し続けていたが、2941年にはとうとう同意してサウロンを[[闇の森]]から追い出すことに成功した(ただしこれには底意があったことが後に明らかになる)。

*** サルマンの堕落 [#corruption]

>「かれはかつては偉大だった。おいそれと手が振り上げられない高貴な者だった。かれは堕ちた。そしてその救済はわたしたちの力には及ばぬ。」((『[[王の帰還]]』「ホビット庄の掃蕩」 [[フロド>フロド・バギンズ]]の言葉。))

[[イスタリ]]の最高位である白の賢者として、サルマンは元来は高貴な者であったが、[[ガンダルフ]]に対する密かな妬みや恐れから次第に自尊心の虜となり、堕落していった。
ガンダルフが[[キーアダン]]より[[ナルヤ]]を授けられたことに気付いたのが、[[中つ国]]におけるその始まりであると言われている。
[[サウロン]]と[[力の指輪]]についての知識を深めていったことも堕落の危険につながっていた。サウロンの技を究明するにつれてそれに驚嘆していったサルマンは、ついにはその模倣者に成り下がり、[[一つの指輪]]を自分自身で用いることを望むようになった。

内心で[[白の会議]]を裏切る者となった彼は、一つの指輪を手に入れるための策を弄し、2851年には[[あやめ野]]一帯の捜索を開始する。その時[[イシルドゥア]]の遺骨と、[[エレンディルミア]]を発見している。一方で2939年には、サウロンもあやめ野付近の捜索を行っていることを知って驚愕するが、白の会議には報告しなかった。
ガンダルフによる[[ドル・グルドゥア]]攻撃の提案を2851年に却下したのも、サウロンを放置すればそれに引き寄せられた一つの指輪を発見できるかもしれないと考えたためであった。だが2941年になると、力を増したサウロンが[[アンドゥイン]]の捜索を行うことを妨げるため、ドル・グルドゥア攻撃に同意した。サルマンはこの攻撃で大きな役割を果たしたが、既に白の会議は時機を逸しており、サウロンのドル・グルドゥア放棄と敗走は見せかけにすぎなかった。

2953年にはサルマンはアイゼンガルドに引きこもり、(サウロンの[[バラド=ドゥーア]]を模倣して)[[アイゼンガルド]]の要塞化を推し進め、[[人間]]や[[オーク]]([[ウルク=ハイ]])からなる軍事力の構築に腐心するようになる(そのために[[ファンゴルンの森>ファンゴルン]]の木々を伐採し、[[エント]]の怒りを買うことになった)。
このように元来備わっていたはずの資質や良識に基づく知識や技能を捨てて、サウロンの技と知識を模倣していったサルマンは、彼自身それと気付かず大きく力を減じていった。

一方でガンダルフを妬み恐れたサルマンは、ガンダルフが[[ホビット]]と[[ホビット庄]]に多大なる関心を示していることを間者の情報によって知ると、[[ブリー郷]]とホビット庄への浸透を始め、手先の[[ごろつき]]達を送り込むようになった。
また、[[ガンダルフ]]が[[パイプ草]]を嗜んでいることを初めは馬鹿にしていたが、やがて自分でもその楽しみに気づくと密かに嗜むようになる。サルマンはパイプ草を調達するために[[袴帯家]]や[[オソ・サックビル=バギンズ]]所有の農園と取引を始め、これはオソの息子[[ロソ>ロソ・サックビル=バギンズ]]の代へと引き継がれて禍根を残すことになった。

3000年頃、サルマンはそれまであえて使わなかったオルサンクの[[パランティーア]]を使用。すると[[ミナス・モルグル]]のパランティーアを持つサウロンの目に捕らえられてしまい、さらに堕落することになる。サルマンはサウロンに対して、表向きは従っているように見せ掛けながら、実際は一つの指輪を手に入れ、その力により自分がサウロンに取って代わろうとしていた。

*** 指輪戦争におけるサルマン [#c16268ee]

>そこでわしはかれの長衣に目をやり、さっきまでは白く見えたその長衣がまことは、さまざまな色糸で織られ、かれが体を動かす度に、目を迷わすほど色が変わり、きらきら光るのに気づいた。 &br; 『白の方がよかった。』と、わしはいった。 &br; 『白か!』かれは嘲笑った。『最初はそれでもよかろう。白布は染められる。白いページには字が書ける。白い光は砕かれる。』 &br; 『そうなれば、もう白ではない。』と、わしはいった。((『[[旅の仲間]]』「エルロンドの会議」 オルサンクにてサルマンの裏切りが発覚した瞬間のガンダルフの視点。))

[[指輪戦争]]が始まるまでに、サルマンは[[ローハン]]の[[グリマ(蛇の舌)>グリマ]]を間者として取り込む一方で、[[褐色人]]と同盟を結び、ローハンを攻略する準備をしていた。
[[大いなる年]]の7月には[[ラダガスト]]を騙して[[ガンダルフ]]を[[アイゼンガルド]]までおびき寄せ、彼を自らの陣営に取り込もうと試みる。この時サルマンは自らを''指輪造りのサルマン''、''多彩なるサルマン''と称し、もはや白の衣ではなく様々な色糸で煌めく衣を纏い、手に指輪を嵌めているのをガンダルフに目撃されている。
ガンダルフの籠絡に失敗すると、サルマンはガンダルフを[[オルサンク]]の頂上に幽閉する。だがガンダルフは、(良かれと思った)ラダガストより派遣された[[グワイヒア]]により救出され、サルマンの[[白の会議]]への裏切りが露呈することになった。

その後サルマンは公然と[[一つの指輪]]を手に入れるべく行動を開始し、[[モルドール]]と連絡してローハンへの侵略を開始する。翌年2月には[[アイゼンの浅瀬の合戦]]が行われる。この合戦でローハンの王子[[セオドレド]]は討ち死にし、[[エドラス]]からの援軍はグリマの讒言に阻まれた。浅瀬での第二の合戦において、アイゼンガルドの大軍勢はいまだ浅瀬を守っていた[[エルケンブランド]]らを蹴散らし、[[角笛城]]へと攻撃を加えた。

その一方でサルマンは指輪を手に入れるため、大河へ[[ウルク=ハイ]]の手勢を差し向けて[[ホビット]]を捕えてくるよう命じていた。一隊はモルドールより派遣された部隊とともに[[パルス・ガレン]]にて[[指輪の仲間]]を襲撃し、[[ボロミア]]を打ち倒して[[メリー>メリアドク・ブランディバック]]と[[ピピン>ペレグリン・トゥック]]を捕えることに成功した。アイゼンガルドのウルク=ハイはモルドール部隊の意向を強引にねじ伏せ、アイゼンガルドまでホビットを連行していこうとしたが、一隊はその途上で[[エオメル]]率いる[[騎馬隊>エオレド]]の攻撃を受けて全滅してしまう(詳細は[[ウグルク]]と[[グリシュナッハ]]も参照)。
またグリマは、エドラスを訪れたガンダルフ一行によって間者としての素性を暴かれ、宮廷を追放される。ローハンは復帰した[[セオデン]]の指揮の下アイゼンガルドに抵抗し、[[角笛城の合戦]]が行われた。
一方で、サルマンにはまったく予想外なことに、取り逃がしたホビット二名がきっかけとなって[[エント]]が一大蜂起し、エントと[[フオルン]]の大軍によってアイゼンガルドはあっけなく陥落してしまう。角笛城を攻撃した大軍勢も、ローハン軍の頑強な抵抗にあった末にガンダルフが呼び集めたエルケンブランドの援軍によって打ち破られ、敗走したところを待ち構えていたフオルンによって全滅させられた。

こうしてほとんどの力を失ったが、サルマンはなおも[[オルサンク]]に立てこもったため、エントはアイゼンガルドの要塞を打ち崩して水没させ、サルマンを塔に閉じ込めた。交渉へやってきたガンダルフとセオデンの一行に対しては、彼らからの和議の条件を拒み、わずかに残った声の魔力を弄して籠絡を試みるも、ことごとく失敗に終わる。白の賢者となったガンダルフはサルマンを[[賢人団>イスタリ]]と[[白の会議]]から追放し、その杖を折る。さらにその直後、グリマによってパランティーアまで失うこととなった。
こうして双方に裏切りの露呈したサルマンは、モルドールからの報復を恐れながら、逃げることもできない立場に追い込まれた。

*** サルマンの最期 [#j3ca2dfe]

[[指輪戦争]]が続く内はそのまま塔に閉じ込められていたが、[[サウロン]]が滅ぼされた後の8月、ついにサルマンは[[木の鬚]]を説き伏せて[[グリマ]]とともにオルサンクを脱出する。そこで旅を終えて帰路についていたかつての[[指輪の仲間]]の一行と行き合ったサルマンは、自分の破滅を招いたホビットへの復讐として、かねてから[[ごろつき]]を浸透させていた[[ホビット庄]]へ先回りし、庄を荒廃させることを思いつく。サルマンはフロド達が帰郷する前までに、ごろつきの頭目''シャーキー''としてホビット庄の自然や集落を荒らした。

だが[[水の辺村の合戦]]においてごろつき達は、帰還したフロドら[[旅人たち]]の活躍によって敗北する。サルマンは半ばこの結末を予期していたようであり、最後は恐らく報復として自分も殺されるのを覚悟の上で、隠し持っていたナイフでフロドを刺し殺そうとした。
だがナイフは、フロドの[[ミスリルの胴着]]によって防がれる。サルマンはホビット達に取り押さえられ、[[サム>サムワイズ・ギャムジー]]は剣を抜いたが、それでもフロドはサルマンを殺すのを止め、彼が救済されることを願って命を助け、ホビット庄から追放することにする。
サルマンはこの情けに、敬意と怒りを感じながら去ろうとしたが、その直後、奴隷のように自分に付き従わせて虐げていた[[グリマ]]の手によって刺し殺された。

最期の瞬間、その霊魂は靄となって立ち上り、西方を仰ぎ見たが、そこから吹いてきた冷たい風に吹き払われて消失した。そしてその亡骸は長い年月が一挙に訪れたかのように急速に萎びてしまった。

*** サルマンの声 [#voice]

>耳に快く流れる低い声で、その響き自体に心をとろかす魔力がありました。 … その声はその響きだけで、多くの者の心をとらえるのですが、その声にすっかり征服された者にとって、その呪縛の力はそこから遠く離れても続き、いつもそのものやわらかな声が耳に囁き促すのを聞くのでした。しかし冷静でいられる者は一人もいません。声の持ち主が自らその声を制している限り、その声の嘆願と命令を理性と意志の努力なしにはねつけることのできる者は一人もいないのです。((同上))

サルマンは元来、さまざまな深遠なる技に熟達していたが、[[サウロン]]の手管を模倣する代償にそれらを失っていった。彼が最後まで保持していたのが''声''の力であった。彼の魔力が衰えた後ですら、サルマンが話すことは説得力ある道理がかなったものに思われ、よほど意志の強い者でない限り、サルマンの言うことに納得して従ってしまった。
しかしそれも堕落が進行するにつれて衰え、最期には[[小さい人>ホビット]]たちを脅しひるませることしかできなくなっていた。

*** 多数の名の意味 [#oa61a46a]

:サルマン (Saruman)|[[北方の人間>北方の自由の民]]が付けた名前で、「老練なる者(Man of Skill)」の意。[[古英語]]で技(skill)、狡知(cunning)、計略(cunning device)を意味する'''searu''', '''saru'''を含んでいる。
:クルニーア (Curunír)|[[シンダール語]]で「熟練者(Man of Skill)」、「技長けたる者(Man of Craft)」、「老練なる智慧者(The one of cunning devices)」の意。これを翻訳したものがサルマンである。
:クルモ (Curumo)|[[クウェンヤ]]における名で、意味はクルニーアと同じ。[[マイア]]としての名前と思われる。
:クルモ (Curumo)|[[クウェンヤ]]における名で、意味はクルニーアと同じ。[[マイア>マイアール]]としての名前と思われる。
:白のサルマン (Saruman the White)|[[イスタリ]]の最高位である''白の賢者''であることを意味する呼び名と考えられ、その名の通り白い衣に身を包んでいた。シンダール語では''クルニーア・ラーン(Curunír 'Lân)''。
:指輪作りのサルマン (Saruman Ring-maker)|[[ガンダルフ]]を籠絡しようとした際に自称したもの。サルマンの研究には[[力の指輪]]の製法も含まれており、ガンダルフは彼が指に指輪をはめているのを目撃している。
:多彩なるサルマン (Saruman of Many Colours)|ガンダルフを籠絡しようとした際に自称したもの。その名の通り白の衣を捨て、虹色の衣を身にまとうようになった。
:シャーキー (Sharkey)|[[オーク語]]で「老人」を意味するシャーク(sharkû)に由来する呼び名と考えられる。[[アイゼンガルド]]では配下から'''愛情のしるし'''にこう呼ばれていたらしく、[[ホビット庄]]を乗っ取った[[ごろつき]]達もこの名で呼んでいた。

*** 画像 [#x7d95160]

&ref(SarumanbyJohnHowe.jpg,,35%,ジョン・ハウ作画によるサルマン);

** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#Lotrmovie]

|~俳優|[[クリストファー・リー]]|
|~日本語吹き替え|[[家弓家正]]|
#amazon(B000MUHIN0)
原作では、[[サウロン]]とは対抗した勢力を打ち立てようとしたが、映画ではサウロンの配下と化した形になっている。

『[[ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還]] [[劇場公開版(コレクターズ・エディション)>コレクターズ・エディション]]』では、[[エント]]による[[アイゼンガルド]]破壊後は「すでに無力」として放置される。
『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 [[スペシャル・エクステンデッド・エディション]]』では原作同様に、[[オルサンク]]にて[[ガンダルフ]]達とサルマンが会話するシーンがある。だが最期は原作と異なり、その場で[[グリマ]]にナイフで刺され、オルサンクの頂上から落下し、水車の残骸の杭に体を貫かれた末、水車が回って水の下に沈み、死亡した((この死に方は「魔法使いは3回殺さないと死なない」という伝承を元にしているとオーディオコメンタリーで語られている。))。

*** 画像 [#g33d6aea]

&ref(vlcsnap-00011.jpg,,25%,『ロード・オブ・ザ・リング』におけるサルマン);

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

|~俳優|クリストファー・リー|
|~日本語吹き替え|家弓家正(思いがけない冒険)/[[大木民夫]](決戦のゆくえ)|

原作には登場していないが登場。
『思いがけない冒険』では、[[ガンダルフ]]と[[トーリン二世]]たちの動きに気がつき、[[裂け谷]]に[[ガラドリエル]]も呼び寄せて[[白の会議]]を開き、ドワーフの行動に懸念を示す。
『決戦のゆくえ』では[[エルロンド]]とともに、[[ドル・グルドゥア]]にいたガンダルフとガラドリエルの救援に現れ、[[ナズグール]]と戦っている。その後、東方へ去った[[サウロン]]を自分が追う旨の発言をしている。
原作設定ではドル・グルドゥア攻撃の時には既にサルマンの堕落は始まっていたが、映画メイキングなどによると、この時点のサルマンは堕落する前とのこと。

『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』から引き続き『ホビット 思いがけない冒険』でもサルマンの吹き替えを担当していた[[家弓家正]]が2014年9月に死去したため、『決戦のゆくえ』では[[大木民夫]]が吹き替えを担当することになった。
俳優の[[クリストファー・リー]]は三作の撮影を終えた後、2015年6月7日に死去。本作が遺作となった。

*** 画像 [#vfafbccd]

&ref(vlcsnap-00077.jpg,,25%,『ロード・オブ・ザ・リング』におけるサルマン);

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#LotRO]

サルマンは[[力の指輪]]の研究によって得た知識によって、自分用の指輪を作ろうとしている。
その行為を阻止するため、冒険者達が[[オルサンク]]に侵入するクエストがある。

&ref(ScreenShot00497.jpg,,10%,『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるサルマンと、オルサンクのパランティーア); 

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   編集編集 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS