#author("2019-05-04T00:06:39+09:00","","")
#author("2019-05-04T00:59:31+09:00","","")
-ゴンドールの統治権を持つ16代目の執政オロドレス(Orodreth)については、[[オロドレス(ベレクソール一世の息子)]]を参照してください
----
* オロドレス [#q4e238e1]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Orodreth|
|~その他の呼び名|ナログの主(Lord of Narog)|
|~種族|[[エルフ]]([[ノルドール]])|
|~性別|男|
|~生没年|~†[[第一紀]](495)|
|~親|[[フィナルフィン]]([[アングロド]]の可能性あり。[[後述>#h6b88eb6]])|
|~親|[[フィナルフィン]](父)(父は[[アングロド]]の可能性あり。[[後述>#h6b88eb6]])|
|~兄弟|[[フィンロド]](兄)、[[アングロド]](弟)、[[アイグノール]](弟)、[[ガラドリエル]](妹)|
|~配偶者|不明|
|~子|[[フィンドゥイラス>フィンドゥイラス(オロドレスの娘)]](娘)([[ギル=ガラド]]も息子であった可能性あり。[[後述>#h6b88eb6]])|

** 解説 [#Explanation]

[[フィナルフィン]]の次男。[[フィンロド]]、[[アングロド]]、[[アイグノール]]、[[ガラドリエル]]の兄弟。[[フィンドゥイラス>フィンドゥイラス(オロドレスの娘)]]の父。

[[フェアノール]]が[[ノルドール]]を扇動し、[[モルゴス]]に復讐するため[[中つ国]]へ帰還しようとした時、オロドレスは慎重姿勢を取る[[フィナルフィン]]の側についていたが、結局フェアノール達と共に中つ国へ帰還する。

オロドレスは、[[ナルゴスロンド]]が造営されて[[フィンロド]]がそちらに移ると、フィンロドに代わって[[トル・シリオン]]の[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(トル・シリオン)]]防衛を引き受けた。
だがオロドレスは[[サウロン]]に攻撃されてナルゴスロンドに撤退する。その後、フィンロドが[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]と共に旅立つと、フィンロドに代わってナルゴスロンドを治めるようになった。しかし実際には、ナルゴスロンドの民心を掌握していた[[ケレゴルム]]と[[クルフィン]]が、ナルゴスロンドを支配していた。

しかしベレン救出に向かった[[ルーシエン]]によって[[トル=イン=ガウアホス]]が解放され、その地に捕らえられていたナルゴスロンドの民が帰還すると、ベレンを支持していたフィンロドの正当な後継者であるオロドレスはナルゴスロンドの実権を取り戻し、ケレゴルムとクルフィンをナルゴスロンドから追放した。

やがて[[トゥーリン]]がナルゴスロンドにやってくると、オロドレスは彼を重用するようになる。オロドレスはトゥーリンの意見をいれて、ナルゴスロンドの民はそれまでの隠れ忍ぶ戦いから、堂々と出陣する戦いを行うようになった。だがその結果、ナルゴスロンドの存在と所在地はモルゴスの知るところとなり、攻撃を受けてしまった。オロドレス自身は、[[トゥムハラド]]の合戦で最前線にて討ち死にした。

*** 血縁についての設定 [#h6b88eb6]

『[[The Peoples of Middle-earth]]』によると、『[[シルマリルの物語]]』の元になった原稿よりも後に[[ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]が書いた原稿では、オロドレスは[[アングロド]]の息子であり、子供にはフィンドゥイラスだけではなく[[ギル=ガラド]]もいたことになっている。同書で[[クリストファー・トールキン]]は、こちらの設定の方が正しいであろうとしているが、どちらを正史とするかについてファンの間では意見が分かれている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   編集編集 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS