#author("2018-07-07T13:12:25+09:00","","")
#author("2018-12-15T16:40:50+09:00","","")
* イシルドゥア [#b49ae53a]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Isildur|
|~異訳|イシルデュア|
|~種族|[[人間]]([[ドゥーネダイン]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第二紀]]3209~†[[第三紀]]2(享年234)。在位第二紀3320~第三紀2(123年間)|
|~親|[[エレンディル]](父)|
|~兄弟|[[アナーリオン]](弟)|
|~配偶者|妻|
|~子|[[エレンドゥア>エレンドゥア(イシルドゥアの息子)]]、[[アラタン]]、[[キアヨン]]、[[ヴァランディル>ヴァランディル(イシルドゥアの息子)]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

|>|>|~[[ゴンドール]]の王|h
|建国|CENTER:第2代&br;(エレンディルとの共同統治)&br;''イシルドゥア''&br;[[第二紀]]3320~[[第三紀]]2&br;[[アナーリオン]]&br;[[第二紀]]3320~3440|CENTER:第3代&br;[[メネルディル]]&br;2~158|
|~|CENTER:初代&br;[[エレンディル]]|~|

|>|>|~[[アルノール]]の王|h
|CENTER:初代&br;[[エレンディル]]&br;[[第二紀]]3320~3441|CENTER:第2代&br;''イシルドゥア''&br;3441~[[第三紀]]2|CENTER:第3代&br;[[ヴァランディル>ヴァランディル(イシルドゥアの息子)]]&br;10~249|

[[エレンディル]]の長子で[[アナーリオン]]の兄。[[ヌーメノールの没落>アカルラベース]]を逃れた[[忠実なる者]]の指導者の一人であり、弟アナーリオンと共に[[ゴンドール]]を創建した事実上の初代の王。
父の[[ナルシル(折れたる剣)>アンドゥリル]]を使って[[サウロン]]の指を切断し、[[一つの指輪]]を奪い取った人物。

*** ニムロスの救出 [#t1d01e50]

イシルドゥアは[[ヌーメノール]]の[[忠実なる者]]の指導者である[[アマンディル]]の孫であった。

当時ヌーメノールで影響力を増していた[[サウロン]]は、[[二つの木]]の光を記念するものである[[ニムロスの木>ニムロス(植物)]]を伐り倒すよう、執拗に王[[アル=ファラゾーン]]に勧めていた。
アマンディルから二つの木の物語を聞かされたイシルドゥアは、ニムロスを救おうと決意。[[アルメネロス]]の王宮に変装して忍び込むと、ニムロスの実を取って番人に襲われながらも逃げ延びた。彼は重傷を負ったが、救い出した実が芽吹き、最初の葉が開くにつれて回復した。
この直後にニムロスはサウロンの進言を容れたアル=ファラゾーンによって伐り倒されてしまったため、イシルドゥアはニムロスを救ったことになり、この一件は彼の名を高からしめる勲として後々まで記憶された。

[[中つ国]]に植えられたニムロスの実生から生じたのが、[[ゴンドール]]の[[白の木]]である。

*** ゴンドールの創建王 [#e1395c5f]

[[ヌーメノール]]が没落すると、[[忠実なる者]]たちは9隻の船で[[中つ国]]に逃れた。イシルドゥアが率いる3隻と、弟[[アナーリオン]]が率いる2隻の船は[[ペラルギア]]に漂着。兄弟は大河[[アンドゥイン]]を遡ったところに南方王国[[ゴンドール]]を築いた。
一方、4隻の船を率いた父[[エレンディル]]は北方王国[[アルノール]]を築いた。アルノールとゴンドールは[[亡国の民の王国]]として一体のものだと見なされており、ゴンドールの王権は[[上級王]]たるエレンディルが二人の息子に南方王国の統治を委ねた共同統治とされた。兄弟の玉座は、[[オスギリアス]]の王宮に隣り合って置かれた。

イシルドゥア自身は[[影の山脈]]の膝下にある[[ミナス・イシル]]を居城とし、そこにヌーメノールから持ち来たった[[白の木]]を植える。
また[[エレヒ]]には黒い石を据え、[[白の山脈]]の山中に暮らしていた[[山々の人間>死者の軍勢]]を配下に引き入れる。(だが後に山々の人間は召集に応えなかったため、イシルドゥアの呪いを受けて[[死者の軍勢]]となった)
また[[エレヒ]]には黒い石を据え、[[白の山脈>エレド・ニムライス]]の山中に暮らしていた[[山々の人間>死者の軍勢]]を配下に引き入れる。(だが後に山々の人間は召集に応えなかったため、イシルドゥアの呪いを受けて[[死者の軍勢]]となった)

*** 最後の同盟の戦い [#ha4908c4]

しかし[[サウロン]]もまた没落を逃れて[[モルドール]]に帰還しており、[[ゴンドール]]は復活したサウロンの攻撃を受ける。
[[ミナス・イシル]]は陥落して[[白の木]]は焼かれたが、イシルドゥアは妻子と共に白の木の実生を携えて脱出し、[[アルノール]]の父[[エレンディル]]の許へ急を知らせに赴いた。

[[最後の同盟]]が結ばれると、[[裂け谷]]に末子[[ヴァランディル>ヴァランディル(イシルドゥアの息子)]]を預けて同盟軍と共にモルドールへ進軍。[[ダゴルラド]]の戦いと[[バラド=ドゥーア]]の包囲戦を生き延び、[[滅びの山]]の山腹で二人の上級王[[エレンディル]]と[[ギル=ガラド]]が[[サウロン]]と最後の戦いを行い、共に倒れるのを見届ける。イシルドゥアは倒れた父エレンディルの剣[[ナルシル]]の折れた柄本で、サウロンの指から[[一つの指輪]]を奪い取った。

共に戦いを見届けた[[エルロンド]]と[[キーアダン]]は、指輪を滅びの山の火中に投ずることを勧めたが、イシルドゥアは戦いで死んだ父[[エレンディル]]と弟[[アナーリオン]]の「贖いの品」として、これを自分のものにすることを宣言した。

*** ゴンドールにおける戦後処理 [#y1656043]

父と弟が死んだため、イシルドゥアは[[アルノール]]と[[ゴンドール]]を統べる[[上級王]]となったことを宣言し、[[エレンディルミア]]を身につける。
イシルドゥアは弟[[アナーリオン]]を偲び、[[白の木]]を弟の居城であった[[ミナス・アノール]]に移植する。さらに父[[エレンディル]]の亡骸を[[ハリフィリアン]]に設けた墓所に葬った。
加えて、獲得した[[一つの指輪]]を王家重代の宝器として伝承するべく、その外見と銘文を記した巻物を製作する(だがこれはずっと後になって[[サルマン]]と[[ガンダルフ]]に発見されるまで忘れ去られた)。

これら戦後処理が終わると、イシルドゥアは南方王国の統治を弟の子[[メネルディル]]に委ね、自らは父の王国を継ぐべく北方[[アルノール]]に向けて旅立った。

*** あやめ野の凶事 [#ce6706b3]

一度は[[一つの指輪]]に魅せられてそれを自分のものにしたイシルドゥアだが、時と共にその存在が自分の中で大きなものとなり、もはや自分の意志では制御できないものになったことに気づくと、指輪を賢者達に委ねるべきであったと後悔する。そのため[[裂け谷]]で[[エルロンド]]の助言を乞うべく、北回りのルートで[[アルノール]]へ凱旋しようとした。

しかし一行は[[あやめ野]]で[[オーク]]の残党に襲撃される。
一つの指輪がオークの猛攻を招いていることに気づいたイシルドゥアは、一つの指輪を身に帯びて単身脱出しようとしたが、[[アンドゥイン]]の河中で指輪は彼を裏切って指から抜け落ちる。そのため岸に上がったところをオークに発見されて射殺された。

イシルドゥアの亡骸は発見されず、彼が身に帯びていた[[エレンディルミア]]も失われた。
またこの凶事で彼の上の息子達[[エレンドゥア>エレンドゥア(イシルドゥアの息子)]]、[[アラタン]]、[[キアヨン]]も落命したため、[[北方王国]]は裂け谷に留まっていた末子で幼年の[[ヴァランディル>ヴァランディル(イシルドゥアの息子)]]が継ぐことになった。

*** イシルドゥアの遺体 [#q22cd57e]

[[第四紀]]になって[[エレスサール王>アラゴルン二世]]の一行が[[オルサンク]]を捜索した際、隠し部屋からイシルドゥアが最後に身に付けていたはずの[[エレンディルミア]]と、[[一つの指輪]]を収めて首にかけていた鎖つきの小箱が発見された。これは[[サルマン]]が一つの指輪を求めて[[あやめ野]]を捜索していて遺体と共に発見したものだと思われるが、遺体の方はサルマンがイシルドゥアを侮辱するために炉で焼き捨てたのではないかと考えられている。

*** 略歴 [#bf589a5a]

-[[第二紀]]3209年 生誕
-3219年 10歳。弟[[アナーリオン]]誕生
-3255年 46歳。[[アル=ファラゾーン]]即位
-3262年 53歳。[[サウロン]]が[[ヌーメノール]]へやってくる。この頃、[[ニムロス>ニムロス(植物)]]の実を救う
-3299年 90歳。息子[[エレンドゥア>エレンドゥア(イシルドゥアの息子)]]誕生
-3319年 110歳。[[ヌーメノール]]滅亡、[[忠実なる者]]達は9隻の船で逃れる
-3320年 111歳。アナーリオンと共に[[ゴンドール]]を創建(父は[[アルノール]]を創建)
-3339年 130歳。息子[[アラタン]]誕生
-3379年 170歳。息子[[キアヨン]]誕生
-3429年 220歳。[[モルドール]]と開戦。[[ミナス・イシル]]が陥落し、北方の父の許へ赴く
-3430年 221歳。息子[[ヴァランディル>ヴァランディル(イシルドゥアの息子)]]誕生。[[最後の同盟]]が結ばれる
-3434年 225歳。同盟軍[[霧ふり山脈]]を越え、[[ダゴルラド]]の合戦で勝利。[[バラド=ドゥア]]包囲戦始まる
-3440年 231歳。アナーリオン討死
-3441年 232歳。[[ギル=ガラド]]、エレンディル、サウロンが倒れるのを目撃。[[折れたる剣]]でサウロンから[[一つの指輪]]を奪う
-[[第三紀]]2年 234歳。[[ミナス・アノール]]に[[白の木]]の苗を移植、ゴンドールを[[メネルディル]]に引き渡し、自身は[[父の王国>アルノール]]を継ぐため北方へ向かう。[[あやめ野]]の凶事

** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#Lotrmovie]

|~俳優|ハリー・シンクレア(Harry Sinclair)|
|~日本語吹き替え|[[吉田裕秋]]|
#amazon(B0002ZGVOM)
人物像の描かれ方や、[[一つの指輪]]との関係などは大幅に省略されており、[[人間]]の弱さの象徴のような描かれ方になっている。

&ref(vlcsnap-00024.jpg,,25%,『ロード・オブ・ザ・リング』におけるイシルドゥア);&ref(vlcsnap-00013.jpg,,25%,『ロード・オブ・ザ・リング』におけるイシルドゥア);

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#LotRO]

&ref(ScreenShot00697.jpg,,10%,『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、最後の同盟の戦いでのイシルドゥア);

**ゲーム『[[シャドウ・オブ・ウォー]]』における設定 [#u818e611]

あやめ野で落命したあと、遺体は[[バラド=ドゥーア]]へ運ばれる。そこでまだ自分の姿を取り戻していないサウロンに[[九つの指輪]]の一つを嵌められたことでイシルドゥアは蘇り、強制的に[[ナズグール]]にされた。
自らも死人を蘇らせる能力を持ち、主人公[[タリオン]]の前に立ちはだかるが、最後はバラド=ドゥーアでの戦いに破れ、指輪による呪縛から解放された。

***備考 [#ze5d9e9e]

類似した設定として、[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]ではイシルドゥアと同じくゴンドール王である[[エアルヌア]]が幽鬼と化し、[[モルディリス]]の名を与えられている。また、[[ICE>Iron Crown Enterprises]]設定では魔王の正体は[[ヌーメノール]]の王子[[エル=ムーラゾール]]とされている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   編集編集 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS