[[ルーシエン]]

-PJ版アルウェンはこの人のイメージ? -- 夢喰い魚
-ルーシエンとアルウェンはそっくり。アルウェンはエルロンドをそのまま女にしたような感じ。エルロンドとエルロスは双子。要するに、ルーシエンに似た方が、他に3人もいらっしゃるんですねぇ。なかなか凄い話。 -- Windy
--エルロンドとエルロスが似ていたという説はどこにも書いてありませんでしたが?(エルロンドの息子たちにはその描写あり) -- ハルバラド
---よくわからんが、双子=似ているなのでは? -- 原作は読んでません
---なぜか人口に膾炙していますが、エルロンドとエルロスが双子との記述はないようです。 --  &new{2009-08-04 (火) 02:09:00};
---カストルとポルックス(一方は神、もう一方は人間、の双子)からの連想でしょうか。 --  &new{2010-12-04 (土) 18:02:20};
---二人は双子でしょう。HoMEで twin と書かれているようですし。ただ、邦訳だけだと混乱しますね。なぜなら、追補編ではエルロスが兄と書いてあるのに、シルマリルではエルロンドが兄と書いてあるから。でも実は、原著では brother としか書いてなくて、elder とも younger とも書いてない。 --  &new{2012-04-23 (月) 21:18:26};
--シンゴルはテレリ族だから銀髪、メリアンは不明としても、アルウェンのように黒髪ではないでしょう。 --  &new{2010-12-04 (土) 17:59:19};
---マイアのメリアンの血を引いていますから純血のテレリではありません。 後のアルウェンがルーシエンに似ていると自他共に認めている訳ですから。 メリアンが黒髪の女性の姿をとっていれば、ルーシエンもエルフの父よりも母の影響を強く受け継いだことでしょう。 --  &new{2012-01-15 (日) 20:02:04};
-追補版の「アラゴルンとアルウェンの物語」に、始めてアルウェンに会ったアラゴルンがアルウェンを「ティヌヴィエル! ティヌヴィエル(ルーシエンの別名)」と呼びかけ、アルウェンが「なぜその名で呼ぶのですか?」と尋ねるとアラゴルンは「ルーシエンだと思ったのです」と答える。それに対してアルウェンは「そうおっしゃる方はいままでにも大勢おいでです」と答えている。アルウェンは自他ともに認めるルーシエン似の「中つくにのあらゆる者の中で、最も美しい存在」だったのでしょう -- 原作好き &new{2007-07-11 (水) 20:22:25};
-原作だとルーシエンが「動」、アルウェンは「静」って感じだね。映画ではアルウェンがルーシエン化したが(笑) --  &new{2007-07-18 (水) 02:10:42};
-なんだかシルマリル奪還って、ベレンよりもルシエンが活躍しているようにしか思えない。 --  &new{2007-12-13 (木) 03:04:15};
--同感です。べレンがしたのはシルマリルを抉り取ってモルゴスを起こしただけとしか・・・。 -- 惟 &new{2009-08-26 (水) 22:34:38};
---ルーシエンへの愛のため、彼女を置いて一人死地に向かったベレンの勇気が、ルーシエンの中のマイアの力を呼び起こしたわけなので、ベレン抜きであの偉業は成し得なかったわけです。まぁ、要は「恋人達の愛」の力ですよ。どちらか一人だけの力、ではなくてね。ラブラブ天○拳。 --  &new{2009-08-27 (木) 08:33:39};
--ルーシエンの歌の能力は凄まじいものがありますね。 サウロンはおろか、モルゴスまで眠らせてしまうのですから。 彼女の能力をうまく活用すれば、モルゴスに対する最終兵器になりえたかもしれませんね。 --  &new{2012-01-15 (日) 19:57:24};
---歌と言うよりも彼女の口から発せられる言葉自体に力があったのかもね。 脅しの言葉を投げかけられたサウロンはアングバンドに戻らず、ドルソニオンに引きこもってしまうし、自分の歌を聴けとモルゴスに言ったら素直に従ってしまうし。 少なくとモルゴスに組している者に対しては言葉の拘束力は絶大である。 --  &new{2012-01-15 (日) 20:49:36};
---サウロンも後でしまったと思っただろう。 その時点で逃走したとしても自ら、アングバンドへ向かって、急を知らせれば済む話だし、ミナス・ティリスも別に攻められて奪われたわけじゃないから、知らせた後、戻れば済む話。 早い話、ルーシエンの言葉によって、惑わされ闇雲に逃げ回った為にシルマリルを奪われる結果につながった事を主のモルゴスに責められるのを恐れて、アングバンドに戻れなかったのだろう。 後のサルマンも言葉に力があったが彼女に比べれば児戯に等しく思える。 --  &new{2012-01-16 (月) 21:26:41};
---サウロンはメリアンと魔術・意志で競ってた程の力の持ち主なのにねぇ。その娘に敗れてしまうとは、愛の力は偉大ということなのかねぇ。 --  &new{2012-01-17 (火) 00:06:58};
---愛の力というよりは、教授の思い入れの力といった方が・・・・・・。 --  &new{2012-03-05 (月) 18:04:10};
-誰か、この人の身長について言及されている箇所をご存知の方は居られませんでしょうか?(中つ国の存在として最も丈高きシンゴル王の娘で、その後の背の高いヌメノール人の祖となった彼女の背丈も相当高いと想像できますので……ベレンとの身長差はどれくらいだったか知りたいのです) -- 「ど」の字 &new{2008-10-22 (水) 10:30:50};
--丈高きというのは「偉大な」とか「目立っていた」とか文章上の一表現ではないかなと自分は思います。 --  &new{2012-08-06 (月) 19:08:17};
-ルーシエンってエルフなのかマイアなのか分からん。エルロンドみたく、どちらの種族になるか選択する必要は無かったのかな? で、最後は人間として死んだの? --  &new{2012-08-02 (木) 22:22:25};
--半エルフ半マイアというところでしょうか。ベレンの為に躊躇なく人間になる道を選んだと思います。そして、人間として死んだんじゃありませんかね。でなかったらマンドスを歌で説得下尾下 --  &new{2012-08-02 (木) 23:43:28};
--ルーシエンは本文中エルフ扱いになってますね。思うに、マイアのメリアンはシンゴルと結婚するにあたりエルフ様の肉体を纏っていた可能性が高いでしょうから、ルーシエンは少なくとも肉体的には完全にエルフだったのだと思います。エルの長子/乙子の関係にあるエルフと人間とは違い、アイヌアはまた別枠でしょうから、混血してもアイヌアの運命に引き込まれたり選択の余地が生じたりはしないのではないかと。 --  &new{2012-08-07 (火) 04:13:56};


トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS