#author("2019-04-02T18:53:38+09:00","","")
#author("2019-04-02T23:37:43+09:00","","")
* 半オーク [#ged23551]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|half-orcs|
|~その他の呼び名|オーク人間 (Orc-men)、ゴブリン人間 (goblin-men)|

** 解説 [#Explanation]

[[アイゼンガルド]]の[[サルマン]]の軍勢の中に見られた、[[人間]]とも[[オーク]]ともつかない者達のこと。人間並に背が高く、土気色の肌といやな目つきをしている。おそらく[[太陽]]の光に耐性もあった。
[[アイゼンガルド]]の[[サルマン]]の軍勢の中に見られた、[[人間]]とも[[オーク]]ともつかない者達のこと。人間並に背が高く、土気色の肌といやな目つき((原語はsquint-eyedで普通は斜視の意味。))をしている。おそらく[[太陽]]の光に耐性もあった。
サルマンが[[ホビット庄]]や[[ブリー郷]]に送り込んだ[[間者>南から来た男]]や[[ごろつき]]の中にもそれらしい者が見られた。
アイゼンガルドの[[ウルク=ハイ]]との関係は不明。

[[ギャムリング]]は「サルマンがけしからん技を使ってつくり出した」存在だと述べている。アイゼンガルドの[[ウルク=ハイ]]との関係は不明だが、同一の者として扱われている箇所もある。
[[ギャムリング]]はアイゼンガルドの軍勢の中にいる半オークとゴブリン人間(goblin-men)を「サルマンがけしからん技を使ってつくり出した」存在だと述べている。

『[[終わらざりし物語]]』によると、[[アイゼンの浅瀬の合戦]]ではアイゼンガルドの軍勢に[[ウルク]]と共にオーク人間(Orc-men)と呼ばれる者たちがおり、[[セオドレド]]はオーク人間の一人に斬り殺された。

*** 『[[Morgoth's Ring]]』での記述 [#e8b1351a]

[[トールキン]]が残した[[オーク]]に関する草稿の一つによると、[[モルゴス]]の支配下にあった[[人間]]はオーク並みの存在に堕落し、オークと番って子を成した。そのことを知った[[サルマン]]はオークと人間を交配させ、大きく狡猾な人間オーク(Men-orcs)と不実で下劣なオーク人間(Orc-men)を生み出したという。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)


トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS