#author("2018-12-09T17:06:04+09:00","","")
#author("2019-07-07T14:30:46+09:00","","")
* 半オーク [#ged23551]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|half-orcs|
|~その他の呼び名|オーク人間(Orc-men)|

** 解説 [#Explanation]

[[人間]]のような[[オーク]]のこと。人間よりもオークのように見える者と描写されている。通常のオークと異なり、[[太陽]]の光に耐性がある。[[アイゼンガルド]]の[[サルマン]]の軍勢に多く見られ、またサルマンが[[ホビット庄]]や[[ブリー郷]]に送り込んだ[[ごろつき]]の中にもそれらしい者が見られた。
[[アイゼンガルド]]の[[サルマン]]の軍勢の中に見られた、[[人間]]とも[[オーク]]ともつかない者達のこと。人間並に背が高く、土気色の肌と[[いやな目つき>南から来た男#c1215e4e]]をしている。おそらく[[太陽]]の光に耐性もあった。
サルマンが[[ホビット庄]]や[[ブリー郷]]に送り込んだ[[間者>南から来た男]]や[[ごろつき]]の中にもそれらしい者が見られた。
[[ウルク=ハイ]]との関係は不明だが、同一の者として扱われていると思しき箇所もある。

[[木の鬚]]などは彼らが、[[サルマン]]によって堕落させられた人間か、妖術によってオークと人間の血が掛け合わされて作られたものではないかと推察していたが、正確なところはわからない。[[アイゼンガルド]]の[[ウルク=ハイ]]と同一の者である可能性もある。
*** オーク人間(orc-men)、ゴブリン人間(goblin-men) [#h93634f8]

[[ギャムリング]]はアイゼンガルドの軍勢の中に半オークとゴブリン人間がおり、彼らはサルマンがよからぬ技を使って生み出した存在だと述べている。
『[[終わらざりし物語]]』の「[[アイゼンの浅瀬の合戦]]」によるとアイゼンガルドの軍勢には[[ウルク]]の他にオーク人間と呼ばれる者たちがおり、[[セオドレド]]はオーク人間の一人に斬り殺された。

これらオーク人間、ゴブリン人間は半オークの別称と思われるが、正確な関係は不明。

*** 『[[The History of Middle-earth]]』での記述 [#e8b1351a]

『[[Morgoth's Ring>The History of Middle-earth/Morgoth's Ring]]』に収録された[[オーク]]に関する草稿の一つによると、かつて[[モルゴス]]の支配下にあった[[人間]]はオーク並みの存在に堕落し、オークと番って子を成した。そのことを知った[[サルマン]]はオークと人間を交配させ、大きく狡猾な人間オーク(Men-orcs)と不実で下劣なオーク人間(Orc-men)を生み出したという。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)


トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS