* 上級王 [#mceb3622]
** 概要 [#b40c16df]
#author("2020-01-13T17:04:57+09:00;2019-09-28T21:40:58+09:00","","")
* &ruby(じょうきゅうおう){上級王}; [#mceb3622]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|歴史・事件|
|~カテゴリー|[[役職・組織・団体]]|
|~スペル|High King|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#m6003d2d]
** 解説 [#Explanation]

[[ヴァンヤール]]族、[[ノルドール]]族、[[テレリ]]族にそれぞれ上級王がいて、諸王の上に君臨していた。初代はそれぞれ[[イングウェ]]王([[ヴァンヤール]])、[[フィンウェ]]王([[ノルドール]])、[[エルウェ・シンゴルロ>シンゴル]]王([[テレリ]])。[[イングウェ]]王は全ての[[エルフ]]の[[上級王]]でもあった。死亡した場合は血縁のものに引き継がれた。
[[ノルドール]]の王位は[[フィンウェ]]から長男の[[フェアノール]]そこから次男の[[フィンゴルフィン]]へ、次はその長男の[[フィンゴン]]、次が次男[[トゥアゴン>トゥアゴン(フィンゴルフィンの息子)]]、そして最後は[[フィンゴン]]の息子[[ギル=ガラド]]に継がれた。ギル=ガラドが[[中つ国]]における最後の上級王となった。
諸王の上に君臨する、より高位の王のこと。

** コメント [#he14b276]
*** エルフの上級王について [#uee354b0]

- ノルドールの上級王、病死の無いエルフとはいえ全員が戦死ですね。 -- 砲身
[[ヴァンヤール]]族、[[ノルドール]]族、[[テレリ]]族にそれぞれ上級王がいて、諸王の上に君臨していた。初代はそれぞれ[[イングウェ]]王([[ヴァンヤール]])、[[フィンウェ]]王([[ノルドール]])、[[エルウェ・シンゴルロ>シンゴル]]王([[テレリ]])。[[イングウェ]]は全ての[[エルフ]]の上級王でもあった。

#comment
[[ノルドール]]の王位は[[フィンウェ]]から長男の[[フェアノール]]のものとなった。フェアノールの長男[[マイズロス]]は、[[中つ国]]で[[フィンゴン]]に救われたことの謝礼と、[[アラマン]]での裏切りの謝罪として、王権をフェアノールの弟[[フィンゴルフィン]]へ譲った。フィンゴルフィンの次はその長男の[[フィンゴン]]、次が次男[[トゥアゴン>トゥアゴン(フィンゴルフィンの息子)]]、そして最後は[[ギル=ガラド]]に継がれた。ギル=ガラドが[[中つ国]]における最後の上級王となった。

*** ドゥーネダインの上級王について [#ncf7fd4e]

[[ヌーメノール]]の没落を逃れた[[ドゥーネダイン]]は、[[中つ国]]に[[アルノール(北方王国)>アルノール]]と[[ゴンドール(南方王国)>ゴンドール]]を建国したが、アルノールを治める[[エレンディル]]がこれら[[亡国の民の王国]]全体の上級王であった。

[[最後の同盟]]の戦いでエレンディルが戦死すると、その長男[[イシルドゥア]]は父の跡を継いでアルノール王位(すなわち上級王位)に即くことを宣言したが、北方へ帰る途上[[あやめ野]]において頓死した。[[ゴンドール]]は年長の[[メネルディル]]が王となる一方、[[アルノール]]は幼年の[[ヴァランディル>ヴァランディル(イシルドゥアの息子)]]が王となったことで、両国は実質的に別個の王国として分裂することになった。
しかしアルノール王が元来はドゥーネダインの上級王であったという事実は忘れ去られず、[[北方王国]]最後の王[[アルヴェドゥイ]]はこの故事を示して空位となったゴンドールの王位を主張したが、時の[[執政]][[ペレンドゥア]]らに拒否された。
[[南北両王国の統一>亡国の民の王国#ReunitedKingdom]]が成し遂げられるのは、[[アラゴルン二世(エレスサール王)>アラゴルン二世]]の即位を待つこととなる。

*** アルノールの上級王について [#nc111482]

[[アルノール]]は[[アルセダイン]]・[[ルダウア]]・[[カルドラン]]の三国に分裂したが、アルセダインでは七代目の王[[アルゲレブ一世]]以降、ほかの二国では[[イシルドゥア]]の血筋が絶えたことをもってアルノール全土の主権を主張し、名前の頭にAr-をつけるようになった。これも一種の上級王位と言える。

*** その他の用法 [#cd3ba6bf]

『[[シルマリルの物語]]』では[[フェアノール]]が[[長上王]][[マンウェ]]のことを「[[アルダ]]の上級王(High King of Arda)」と呼ぶ場面がある。

『[[終わらざりし物語]]』「アルダリオンとエレンディス」において、[[ノルドール]]の上級王[[ギル=ガラド]]が[[ヌーメノール]]王の[[タル=メネルドゥア]]へ宛てた親書の宛名は「[[アルメネロス]]の上級王(High King at Ar­menelos)」だった。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)