* 上級王 [#mceb3622]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|歴史・事件|
|~スペル|High King|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#Explanation]

***エルフの上級王について [#uee354b0]

[[ヴァンヤール]]族、[[ノルドール]]族、[[テレリ]]族にそれぞれ上級王がいて、諸王の上に君臨していた。初代はそれぞれ[[イングウェ]]王([[ヴァンヤール]])、[[フィンウェ]]王([[ノルドール]])、[[エルウェ・シンゴルロ>シンゴル]]王([[テレリ]])。[[イングウェ]]王は全ての[[エルフ]]の[[上級王]]でもあった。死亡した場合は血縁のものに引き継がれた。
[[ノルドール]]の王位は[[フィンウェ]]から長男の[[フェアノール]]そこから次男の[[フィンゴルフィン]]へ、次はその長男の[[フィンゴン]]、次が次男[[トゥアゴン>トゥアゴン(フィンゴルフィンの息子)]]、そして最後は[[フィンゴン]]の息子[[ギル=ガラド]]に継がれた。ギル=ガラドが[[中つ国]]における最後の上級王となった。

***ドゥーネダインの上級王について [#ncf7fd4e]

[[ヌーメノール]]の没落を逃れた[[ドゥーネダイン]]たちは、[[中つ国]]に[[エレンディル]]を王として[[アルノール(北方王国)>アルノール]]を、エレンディルの二人の息子[[イシルドゥア]]と[[アナーリオン]]を王として[[ゴンドール(南方王国)>ゴンドール]]を建国したが、エレンディルはドゥーネダイン全てとその住む土地を支配する上級王でもあった。
最後の同盟の戦いでエレンディルが戦死すると、イシルドゥアはアルノールの王位(すなわち上級王の位でもある)に即くことを宣言し、ゴンドールの統治を先に戦没したアナーリオンの子[[メネルディル]]に任せアルノールに向かったが、[[あやめ野]]において上の三人の息子ともども頓死した。跡を継いだのはまだ若年の[[ヴァランディル>ヴァランディル(イシルドゥアの息子)]]であったため、アルノールとゴンドールは実質的に二つの別個の王国となった。
しかし、アルノール王がドゥーネダインの上級王であるという理念は忘れ去られず、アルノールの嫡流である[[アルセダイン]]王国の王[[アルヴェドゥイ]]はゴンドールの王[[オンドヘア]]とその息子たちがともに亡くなると、この論法と自らがオンドヘアの娘[[フィーリエル]]の夫であることを理由としてゴンドールの王位に名乗り出た、が[[執政]]の[[ペレンドゥア]]らに拒否され南北両王国の統一はならなかった。
統一が成し遂げられるのは、[[アラゴルン二世]]を待つこととなる。

***アルノールの上級王について [#nc111482]

[[アルノール]]は[[アルセダイン]]・[[ルダウア]]・[[カルドラン]]の三国に分裂したが、アルセダインでは七代目の王[[アルゲレブ一世]]以降、ほかの二国では[[イシルドゥア]]の血筋が絶えたことをもってアルノール全土の主権を主張し、名前の頭にAr-をつけるようになった。これも一種の上級王位と言える。


** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)

トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS