#author("2019-07-07T14:50:36+09:00","","")
* ルーシエン [#u54efe0f]
** 概要 [#g7267683]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|人名|
|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Lúthien|
|~その他の呼び名|[[ティヌーヴィエル]]|
|~種族|[[エルフ]]([[シンダール]])と[[マイア]]の血を引く|
|~異訳|ルシアン、ルシエン|
|~その他の呼び名|[[ティヌーヴィエル]]、美しきルシアン(Lúthien the Fair)|
|~種族|[[エルフ]]([[シンダール]])と[[マイア>マイアール]]の血を引く|
|~性別|女|
|~生没年|~[[第一紀]]|
|~生没年(1)|[[二つの木の時代]](1200)頃~[[第一紀]](467)|
|~生没年(2)|[[第一紀]](469)~(503)|
|~親|[[シンゴル]](父)、[[メリアン]](母)|
|~兄弟|無し|
|~配偶者|[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]|
|~子|[[ディオル>ディオル(ベレンの息子)]](息子)|

** 解説 [#k73e7f30]
** 解説 [#Explanation]

[[第一紀]]、[[シンダール・エルフ>シンダール]]の王[[シンゴル]]と、[[マイア]]の[[メリアン]]の間に生まれた娘。[[ティヌーヴィエル]]と呼ばれる。[[中つ国]]のあらゆる者の中で、最も美しい存在といわれる。
[[星々の時代]]、[[シンダール・エルフ>シンダール]]の王[[シンゴル]]と、[[マイア>マイアール]]の[[メリアン]]の間に生まれた一人娘。[[ティヌーヴィエル]]と呼ばれる。[[中つ国]]のあらゆる者の中で、最も美しい存在といわれた(その姿は、彼女自身の子孫である[[アルウェン]]に非常に似ていたという)。
[[ニフレディル]]の花は、[[ネルドレス]]の森にルーシエンが生まれた時に花開いたといわれる。

*** ベレンとの愛物語 [#qe512add]
>ルシアンほどの美しい乙女はこの世が始まって以来今まで一人もいないといわれている。その愛らしさは霧にとざされた北国の地を照らす星々のようであり、その顔にはきらめく光があった。((『[[指輪物語]] [[旅の仲間>指輪物語/旅の仲間]] 上』「十一 闇夜の短剣」 [[アラゴルン二世]]の言葉))

ルーシエンは、[[ドルソニオン]]から脱出して[[ドリアス]]に迷い込んだ[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]と出会って恋に落ちる。だが[[人間]]を蔑視するシンゴルは、二人が結婚することを認めて欲しくば[[シルマリル]]を取ってくるよう、ベレンに要求する。そのためベレンは旅立ったが、彼が[[サウロン]]に囚われたことを知ったルーシエンは、[[ドリアス]]を抜け出してベレン救出に向かった。
途中彼女は[[ケレゴルム]]に捕らえられるが、猟犬[[フアン]]に助けられて脱出。フアンと共に[[サウロン]]と戦ってこれを撃退、ベレンを救出した。
ルーシエンは、[[シルマリル]]探索の旅を再開したベレンに同行する。彼女はベレン、フアンと共に、[[アングバンド]]の[[モルゴス]]の王座の前まで行った。ルーシエンは歌によってモルゴスとその召使を眠らせ、その隙にベレンがモルゴスの王冠から[[シルマリル]]を奪った。
その後ベレンの[[シルマリル]]は、彼の腕ごと[[カルハロス]]に食いちぎられて奪われる。だが、ベレンの偉業を知った[[シンゴル]]は、ベレンとルーシエンの婚約を認めた。
しかしカルハロスを狩るために出陣したベレンが死ぬと、ルーシエンも己が不死の命を捨てて[[中つ国]]を去る。彼女は[[ヴァラール]]に慈悲と憐れみを請い、ベレンを蘇らせてもらって、二人で中つ国に戻った。ベレンとルーシエンは[[トル・ガレン]]にて僅かな時を夫婦として過ごし、そこで2人の息子[[ディオル>ディオル(ベレンの息子)]]が生まれている。その後[[ルーシエン]]は死んだ。彼女のみが、[[エルフ]]の中でただ一人「本当に死んだ」([[マンドスの館]]に行かなかった)とされている。
*** ベレンとの恋とシルマリルを求める旅路[#qe512add]

** コメント [#uae384c8]
ルーシエンは、[[ドルソニオン]]から脱出して[[ドリアス]]に迷い込んだ[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]と出会って恋に落ち、ベレンは彼女に[[ティヌーヴィエル]]の名を与えた。だが[[人間]]を蔑視するシンゴルは[[ダイロン]]から二人の逢瀬のことを知らされると激怒し、ルーシエンとの結婚を認めて欲しければ[[モルゴス]]の[[鉄の冠]]にある[[シルマリル]]の一つを取ってくるよう、ベレンに要求した。そのためベレンは旅立ったが、[[トル=イン=ガウアホス]]で[[サウロン]]に囚われた。そのことを[[メリアン]]から知ったルーシエンは、ドリアスを抜け出してベレンの救出に向かおうとするが、彼女が助力を求めたダイロンはそのことをシンゴルに告げたため、ルーシエンはシンゴルによって[[ヒーリロルン]]の木の上に建てられた家に閉じ込められた。ルーシエンは魔法で伸ばした自身の髪の毛で眠りの呪いが込められた長衣を織り上げると、番人を眠らせてヒーリロルンでの軟禁から脱出し、ドリアスを去った。
その後ルーシエンは偶然出会った[[ケレゴルム]]と[[クルフィン]]に騙され、[[ナルゴスロンド]]に囚われた。だがケレゴルムの猟犬[[フアン]]に助けられて脱出。フアンと共に[[トル=イン=ガウアホス]]に向かい、[[巨狼]]の姿となったサウロンと戦ってこれを撃退し、ベレンを救出した。

- PJ版アルウェンはこの人のイメージ? -- 夢喰い魚
- ルーシエンとアルウェンはそっくり。アルウェンはエルロンドをそのまま女にしたような感じ。エルロンドとエルロスは双子。
要するに、ルーシエンに似た方が、他に3人もいらっしゃるんですねぇ。なかなか凄い話。 -- Windy
- エルロンドとエルロスが似ていたという説はどこにも書いてありませんでしたが?(エルロンドの息子たちにはその描写あり) -- ハルバラド
- よくわからんが、双子=似ているなのでは? -- 原作は読んでません
- 追補版の「アラゴルンとアルウェンの物語」に、始めてアルウェンに会ったアラゴルンがアルウェンを「ティヌヴィエル! ティヌヴィエル(ルーシエンの別名)」と呼びかけ、アルウェンが「なぜその名で呼ぶのですか?」と尋ねるとアラゴルンは「ルーシエンだと思ったのです」と答える。それに対してアルウェンは「そうおっしゃる方はいままでにも大勢おいでです」と答えている。アルウェンは自他ともに認めるルーシエン似の「中つくにのあらゆる者の中で、最も美しい存在」だったのでしょう -- 原作好き &new{2007-07-11 (水) 20:22:25};
- 原作だとルーシエンが「動」、アルウェンは「静」って感じだね。映画ではアルウェンがルーシエン化したが(笑) --  &new{2007-07-18 (水) 02:10:42};
- なんだかシルマリル奪還って、ベレンよりもルシエンが活躍しているようにしか思えない。 --  &new{2007-12-13 (木) 03:04:15};
- 誰か、この人の身長について言及されている箇所をご存知の方は居られませんでしょうか?(中つ国の存在として最も丈高きシンゴル王の娘で、その後の背の高いヌメノール人の祖となった彼女の背丈も相当高いと想像できますので……ベレンとの身長差はどれくらいだったか知りたいのです) -- 「ど」の字 &new{2008-10-22 (水) 10:30:50};
ルーシエンは、シルマリル探索の旅を再開したベレンに同行する。彼女はベレンと共に、[[アングバンド]]の[[モルゴス]]の王座の前まで行った。ルーシエンは歌によってモルゴスとその召使を眠らせ、その隙にベレンがモルゴスの[[鉄の冠]]からシルマリルの一つを奪った。
だが城門の前にいた目覚めた[[カルハロス]]にベレンが噛み付かれ、奪い取ったシルマリルはベレンの右手ごとカルハロスに食われてしまった。だがベレンとルーシエンは[[ソロンドール]]に救助されてアングバンドから脱出し、傷とカルハロスの牙の毒によって命を落としかけたベレンをルーシエンは介抱し、命を救った。
ベレンとルーシエンはドリアスに帰還し、二人の偉業を知った[[シンゴル]]は、ベレンとルーシエンの婚約を認めた。

#comment
***ベレンの復活と二人の中つ国への帰還 [#b7a63499]

しかし、[[ドリアス]]に襲来した[[カルハロス]]を狩るために出陣した[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]が死ぬと、ルーシエンの魂も[[マンドスの館]]へ去った。彼女は[[マンドス]]の前で[[イルーヴァタールの子ら]]の悲しみを歌って涙を流し、[[マンドス]]の心は憐憫の情で揺れ動いた。こうしてマンドスは館に留まり続けていたベレンを召し出し、ルーシエンは彼と再会した。ルーシエンは[[マンウェ]]からベレンと別れて[[ヴァリマール]]にこの世の終わりまで住むか、ベレンと同じく[[定命の存在>死すべき運命]]となって彼と共に[[中つ国]]に戻るかの選択を与えられ、後者の運命を選んだ。
中つ国に戻ったベレンとルーシエンは一度ドリアスで[[シンゴル]]と[[メリアン]]に再会した後、[[トル・ガレン]]で夫婦として暮らした。二人の間には息子[[ディオル>ディオル(ベレンの息子)]]が生まれた。

***シルマリルの所有と二人の第二の死 [#tdc0b974]

[[シンゴル]]が[[ノグロド]]の[[ドワーフ]]に殺され、[[メネグロス]]から略奪された[[ナウグラミーア]]に填め込まれた[[シルマリル]]を[[サルン・アスラドの合戦]]でベレンが奪い返すと、彼は[[トル・ガレン]]のルーシエンの許にこれを持ち帰った。こうしてルーシエンは新たなシルマリルの所有者となった。[[ドル・フィアン=イ=グイナール]]の地は束の間ではあったが、シルマリルとナウグラミーアを身に着けたルーシエンの力によって、[[ヴァリノール]]と見紛う程に美しい地となったという。
だが生者必滅の[[中つ国]]の地には輝かしすぎる程に高められたルーシエンの力と美しさは、ベレンとルーシエンの命の終わりを早めたと言われる。やがて二人は共に[[死すべき運命]]によって死んだ。そのため、ルーシエンは[[エルフ]]の中でただ一人「本当に死んだ」([[世界の圏外>世界の圏]]へ去っていった)とされている。

のちにベレンとルーシエンの運命は、[[レイシアン]]という歌に歌われることになった。

*** 画像 [#ac2d511e]

&ref(AlanLee-08-Tinuviel.jpg,,25%,アラン・リー作画によるルーシエン);

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)


トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS