* ルーシエン [#u54efe0f]
** 概要 [#g7267683]

|~カテゴリー|人名|
|~スペル|Lúthien|
|~その他の呼び名|[[ティヌーヴィエル]]|
|~種族|[[エルフ]]([[シンダール]])と[[マイア]]の血を引く|
|~性別|女|
|~生没年|~[[第一紀]]|
|~親|[[シンゴル]](父)、[[メリアン]](母)|
|~兄弟|無し|
|~配偶者|[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]|
|~子|[[ディオル>ディオル(ベレンの息子)]](息子)|

** 解説 [#k73e7f30]

[[第一紀]]、[[シンダール・エルフ>シンダール]]の王[[シンゴル]]と、[[マイア]]の[[メリアン]]の間に生まれた娘。[[ティヌーヴィエル]]と呼ばれる。[[中つ国]]のあらゆる者の中で、最も美しい存在といわれる。
[[ドルソニオン]]から脱出した[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]と、[[ドリアス]]で出会って恋に落ちる。だが[[人間]]を蔑視するシンゴルは、二人が結婚することを認めて欲しくば、[[シルマリル]]を取ってくるようにとベレンに要求する。そのためベレンは旅立ったが、彼が[[サウロン]]に囚われたことを知ったルーシエンは、[[ドリアス]]を抜け出してベレン救出に向かった。
途中彼女は[[ケレゴルム]]に捕らえられるが、猟犬[[フアン]]に助けられて脱出。フアンと共に[[サウロン]]と戦ってこれを撃退、ベレンを救出した。
ルーシエンは、[[シルマリル]]探索の旅を再会したベレンに同行し、ベレン、フアンと共に、[[アングバンド]]の[[モルゴス]]の前まで行った。彼女は歌によってモルゴスとその召使を眠らせ、その隙にベレンがモルゴスの王冠から[[シルマリル]]を奪った。
その後ベレンの[[シルマリル]]は、[[カルハロス]]にベレンの腕ごと奪われる。だが、ベレンの偉業を知った[[シンゴル]]は、ベレンとルーシエンの婚約を認めた。
だがカルハロスを狩るためにベレンが出陣して死ぬと、ルーシエンも己が不死の命を捨てて、[[中つ国]]を去る。彼女は[[ヴァラール]]に慈悲と憐れみを請い、ベレンを蘇らせてもらって、二人で中つ国に戻った。ベレンとルーシエンは[[トル・ガレン]]にて僅かな時を夫婦として過ごし、そこで2人の息子[[ディオル>ディオル(ベレンの息子)]]が生まれている。

** コメント [#uae384c8]

- PJ版アルウェンはこの人のイメージ? -- 夢喰い魚
- ルーシエンとアルウェンはそっくり。アルウェンはエルロンドをそのまま女にしたような感じ。エルロンドとエルロスは双子。
要するに、ルーシエンに似た方が、他に3人もいらっしゃるんですねぇ。なかなか凄い話。 -- Windy
- エルロンドとエルロスが似ていたという説はどこにも書いてありませんでしたが?(エルロンドの息子たちにはその描写あり) -- ハルバラド
- よくわからんが、双子=似ているなのでは? -- 原作は読んでません
- 追補版の「アラゴルンとアルウェンの物語」に、始めてアルウェンに会ったアラゴルンがアルウェンを「ティヌヴィエル! ティヌヴィエル(ルーシエンの別名)」と呼びかけ、アルウェンが「なぜその名で呼ぶのですか?」と尋ねるとアラゴルンは「ルーシエンだと思ったのです」と答える。それに対してアルウェンは「そうおっしゃる方はいままでにも大勢おいでです」と答えている。アルウェンは自他ともに認めるルーシエン似の「中つくにのあらゆる者の中で、最も美しい存在」だったのでしょう -- 原作好き &new{2007-07-11 (水) 20:22:25};
- 原作だとルーシエンが「動」、アルウェンは「静」って感じだね。映画ではアルウェンがルーシエン化したが(笑) --  &new{2007-07-18 (水) 02:10:42};

#comment

トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS