* ホビットの冒険 [#f9fef7cf]
** 概要 [#r0269b25]

|~カテゴリー|関連物|
|~スペル|The Hobbit : There and Back Again|

** 解説 [#ub653e1d]

『[[指輪物語]]』の前作(前史)にあたる小説。[[ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]によるThe Hobbit : There and Back Againの、[[瀬田貞二]]氏翻訳による[[岩波書店]]から出版中の日本語版。
元来は、トールキンが自分の子供達向けに作った話である。だがトールキンは友人に勧められてこの本を出版。好評のため、続編を望む声が彼のもとに寄せられた。そこでトールキンが続編として書いたのが『[[指輪物語]]』である。

*** 映画化 [#y6f836c8]

1977年には、ランキン・バスによってTV映画用にアニメ化されている。

実写版は、[[ニュー・ライン・シネマ]]及びMGM製作、[[ピーター・ジャクソン]]制作総指揮によって映画化され、2012年から全2部作で公開されることが発表された((当初は2010年からの公開予定だったが延期))。監督は[[ギレルモ・デル・トロ]]が担当。2部作のうち前編は原作を土台にし、後編はオリジナルの話になるという。
すでに、前作『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』にて[[ガンダルフ]]を演じた[[イアン・マッケラン]]、[[ゴラム(ゴクリ)>ゴクリ]]を演じた[[アンディ・サーキス]]が出演することが決まったと伝えられている。また[[フロド・バギンズ]]を演じた[[イライジャ・ウッド]]、[[サムワイズ・ギャムジー]]を演じた[[ショーン・アスティン]]、[[レゴラス]]を演じた[[オーランド・ブルーム]]、[[アラゴルン]]を演じた[[ヴィゴ・モーテンセン]]、[[サルマン]]を演じた[[クリストファー・リー]]、[[ガラドリエル]]を演じた[[ケイト・ブランシェット]]も出演を希望しているが、実現するかは不明。
すでに、前作『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』にて[[ガンダルフ]]を演じた[[イアン・マッケラン]]、[[ゴラム(ゴクリ)>ゴクリ]]を演じた[[アンディ・サーキス]]、[[エルロンド]]を演じた[[ヒューゴ・ウィーヴィング]]が出演することが決まったと伝えられている。また[[フロド・バギンズ]]を演じた[[イライジャ・ウッド]]、[[サムワイズ・ギャムジー]]を演じた[[ショーン・アスティン]]、[[レゴラス]]を演じた[[オーランド・ブルーム]]、[[アラゴルン]]を演じた[[ヴィゴ・モーテンセン]]、[[サルマン]]を演じた[[クリストファー・リー]]、[[ガラドリエル]]を演じた[[ケイト・ブランシェット]]も出演を希望しているが、実現するかは不明。

一方で、[[クリストファー・トールキン]]は映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』の利益分配が不当であるとして提訴し、利益が支払われるまで『ホビットの冒険』映画化を差し止めるよう求めている。これは、利益の保護というよりも映像化の阻止が主目的であると思われる。

*** ストーリー [#c851fd27]

[[ホビットの冒険/ストーリー]]を参照。

*** 版について [#e65f1d36]

ホビットの冒険は[[ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]によって、第4版まで修正が行なわれた。第1版では、(『[[指輪物語]]』の序章にあるとおり)「ビルボとゴクリのなぞなぞ遊びでビルボが勝ったため、ゴクリがビルボに指輪を贈り物として渡した」というように書かれている。
第2版以降では、(『指輪物語』に準じて)「ゴクリが落とした指輪を、ビルボが拾った」という表記に修正されている。さらに第3版、第4版と細かい修正が行われ、特に『指輪物語』の世界観にそぐわない描写やセリフなどが変更されている。
日本語版『ホビットの冒険』として出版されているものは第2版を底本としている。日本語で'The Hobbit'の第4版を読みたければ、[[山本史郎]]訳による『[[ホビット ゆきてかえりし物語]]』を見る必要があるが、こちらの翻訳は古くからの『指輪物語』のファンには評判が悪い。そのため、日本の古くからのファンはこの[[瀬田貞二]]氏による翻訳のみを正当なものと認識している事が多い。

*** 日本語版の版 [#y203e892]

#amazon(4001140594,left)
#amazon(4001140586,left)
ソフトカバー版。[[寺島龍一]]による挿絵入り。
#amazon(,clear)


#amazon(4000264648,left)
#amazon(400026463X,left)
「物語コレクション」版。挿絵はない。
#amazon(,clear)


#amazon(4001156792,left)
「オリジナル」版。横組みになっている。表紙がトールキンのイラストになっているほか、トールキン本人による挿絵が収録されている。
#amazon(,clear)

** 外部リンク [#o6088ee1]

- [[The Hobbit: The Official Movie Blog:http://www.thehobbitblog.com/]]

** コメント [#s7787e1d]

- 岩波少年文庫版の寺島龍一氏によるゴクリは、指輪物語のそれより体が大きい気がする・・・・ -- A3
- ↑日本版に限らず、ゴクリをでかい怪物みたいに描いた挿絵はけっこう多いみたいですね。まあ情報が少なかったので仕方がないですが。 
- ↑だって、物語の中でビルボをあわよくば食べちゃおう、ってくらいの怪(人)物なんだから、大きく思われてもしょうがないでしょう。 -- カイト
- 瀬田貞二氏が「エルフ」を「妖精小人」と翻訳してしまったがため挿絵のエルフ達はドワーフと同じ位の身長に描かれている。しかしながら時代が流れるにつれてエルフ族は徐々に身長が小さくなる傾向があるのであながち間違いとも言えない。 -- 大きい羊
- 指輪物語を読む気があるなら、これを先に読んだほうがいいと思う。世界に入りやすくなるし、ビルボやドワーフに親しみが湧きます。
- 賛成。読んだとき、より深遠で背景の広大な物語の存在を予感させるところが随所にあります。そのあと、指輪物語を読み始めるときのわくわく感といったら・・・ --  &new{2007-10-25 (木) 00:23:44};
- 2010・11年に2部構成でピーター・ジャクソン監督により映画化決定、だそうです。「ザ・ホビット」という題名になりそうとのこと。 -- TOKO &new{2007-12-19 (水) 19:18:41};
- ぜひガンダルフはイアン・マッケランに演じてほしい。 --  &new{2007-12-28 (金) 19:02:34};
- ビルボはイライジャだったりして? -- who &new{2008-01-03 (木) 18:45:53};
- 挿入部をビルボの昔話を聞く想定にして、ロードに出てきたホビットたちをだしてほしい!裂け谷でアラゴルンを闇の森でレゴラスをだしてほしい! -- はるみ &new{2008-02-05 (火) 23:42:35};
- ドワーフの数は13人も要らない気がする。トーリン・バーリン・キーリ・フィーリ・グローイン・ボンブールぐらいで丁度いい。 -- yk &new{2008-02-16 (土) 21:24:55};
- ↑キャスト予算を節減して、その分スマウグの映像効果につぎこむ、と。 --  &new{2008-02-17 (日) 00:33:05};
- IMDbで見てみると、ガンダルフはやはりイアン・マッケランのようです。 --  &new{2008-05-02 (金) 10:13:43};
- rumored となっていますから、まだ確定ではないのでは? -- ↑↑ &new{2008-05-10 (土) 18:50:50};
- スランドゥイル=オーランド・ブルーム? -- ホビット &new{2008-12-21 (日) 17:13:09};

#comment


トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS