#author("2018-08-27T20:25:27+09:00","","")
* ベオル家 [#wf063042]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[種族]]・[[人名]]|
|~スペル|House of Bëor|
|~その他の呼び名|ベオルの&ruby(やから){族};(People of Bëor)((本文中では「家(House)」が族長の家系とそれに連なる血族、「族(People)」が族長家の直接の血族以外のいわゆる郎党も含む語として使い分けられている))、[[人間]]の最古の家系(the Eldest House of Men)、[[エダイン]]の第一家系(The First House of the Edain)|
|~その他の呼び名|ベオルの&ruby(やから){族};(People of Bëor)((本文中では「家(House)」が族長の家系とそれに連なる血族、「族(People)」が族長家の直接の血族以外のいわゆる郎党も含む語として使い分けられている))、[[人間]]の最古の家系(the Eldest House of Men)、[[エダイン]]の第一家系(The First House of the Edain)、ベオル人(Bëorians)|

[[ベオル]]を始祖とする[[エダイン]]の第一家系。
黒もしくは茶色の髪と灰色の目を持ち、人間の中では最も[[ノルドール族>ノルドール]]と似ていたとされる。[[ベレリアンド]]へ到来する以前から、[[ハドルの族]]とは親しい関係にあった。
黒もしくは茶色の髪と灰色の目を持ち、人間の中では最も[[ノルドール]]と似ていたとされる。[[ベレリアンド]]へ到来する以前から、[[マラハの族>ハドルの族]]とは親しい関係にあった。

ベオルの族は[[人間]]の氏族の中でも最初に[[エレド・ルイン]]を越えて[[ベレリアンド]]に到来し、最初に辿りついた[[オッシリアンド]]の地で、始祖[[ベオル]]とその従者たちは[[ノルドール]]の公子である[[フィンロド]]と出会って彼に親しんだ。
だがオッシリアンドの[[緑のエルフ]]たちは人間の到来を嫌い、フィンロドに使者を送ってベオルの族を立ち退かせるよう要求したため、ベオルの族は[[ゲリオン]]川を越えてさらに西の地に移って定住した。この地は後に[[エストラド]]と呼ばれ、後からベレリアンドに到来した[[ハドルの族]]も、友好関係にあったベオルの族を頼ってこの地に移った。
だがオッシリアンドの[[緑のエルフ]]たちは人間の到来を嫌い、フィンロドに使者を送ってベオルの族を立ち退かせるよう要求したため、ベオルの族は[[ゲリオン]]川を越えてさらに西の地に移って定住した。この地は後に[[エストラド]]と呼ばれ、後からベレリアンドに到来した[[マラハの族>ハドルの族]]も、友好関係にあったベオルの族を頼ってこの地に移った。

[[ノルドール]]の[[上級王]][[フィンゴルフィン]]が[[エストラド]]に到来したエダインに対して歓迎の使者を送ったことで、熱意ある[[エダイン]]の若者たちがノルドールの王侯貴族に仕えるようになり、またノルドールの三王家の王たちが自分たちの領土への移住を許可して後、北方のノルドール族の領土へは沢山のエダインが移住した。
[[エストラド]]に残った者たちの中には、[[エルダール]]を恐れ、また彼らに仕えるのをよしとしなかった者も多かった。ベオルの曾孫にあたる[[ベレグ>ベレグ(バランの孫)]]はそうした者たちのうち一千を率いて南へと去った。
だがベオルの族の多くは[[エストラド]]から北への道を辿り、[[フィナルフィン王家>フィナルフィン#House]]の統治していた[[ドルソニオン]]へ定住し、[[アングロド]]と[[アイグノール]]に仕えた。
後にベオルの曾孫である[[ボロミア>ボロミア(ボロンの息子)]]はドルソニオンの[[ラドロス]]地方の統治権を与えられている。
だがベオルの族の多くは[[エストラド]]から北への道を辿り、[[フィナルフィン王家>フィナルフィン#House]]の統治していた[[ドルソニオン]]へ定住し、[[アングロド]]と[[アイグノール]]に仕えた。後にベオルの曾孫である[[ボロミア>ボロミア(ボロンの息子)]]はドルソニオンの[[ラドロス]]地方の統治権を与えられた。

だが[[ダゴール・ブラゴルラハ]]の合戦が起きると、最前線で突然の襲撃を受けた[[ドルソニオン]]の地は[[モルゴス]]の火の川に焼き尽くされ、ベオルの族の戦士たちの大多数は彼らの主君である[[アングロド]]と[[アイグノール]]と共に討ち死にした。生き残った者のうち、女子供は族長[[バラヒア>バラヒア(ブレゴールの息子)]]の妻[[エメルディア]]に率いられて[[ブレシル]]や[[ドル=ローミン]]へと逃れたが、男たちは[[バラヒア>バラヒア(ブレゴールの息子)]]に率いられて無宿者となって踏み止まり、[[タルン・アイルイン]]の湖畔を隠れ家として7年以上の間モルゴスの勢力と戦い続けた。
だがついには仲間の裏切りから隠れ家を発見されて全滅し、バラヒアの息子[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]だけが生き延びて[[ドリアス]]へと逃れた。
[[ダゴール・ブラゴルラハ]]の合戦が起きると、最前線で突然の襲撃を受けた[[ドルソニオン]]の地は[[モルゴス]]の火の川に焼き尽くされ、族長の[[ブレゴラス]]を含むベオルの族の戦士たちの大多数は彼らの主君である[[アングロド]]と[[アイグノール]]と共に討ち死にした。生き残った者のうち、女子供は族長[[バラヒア>バラヒア(ブレゴールの息子)]]の妻[[エメルディア]]に率いられて[[ハレスの族]]が住む[[ブレシル]]や、[[ハドル家]]の[[ドル=ローミン]]へと逃れたが、[[バラヒア>バラヒア(ブレゴールの息子)]]に率いられた男たちは[[ドルソニオンの無宿者>ドルソニオンの無宿者たち]]となって踏み止まり、[[タルン・アイルイン]]の湖畔を隠れ家としてモルゴスの勢力と戦い続けた。
だがついには[[サウロン]]の策略により隠れ家を発見されて全滅し、バラヒアの息子[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]だけが生き延びて[[ドリアス]]へと逃れた。

***ベオルの族の有名人物 [#yaa7ce28]
-[[ベオル]]

-[[始祖ベオル>ベオル]]
-[[バラン]]
-[[ベレグ(バランの孫)]]
-[[ボロミア(ボロンの息子)]]
-[[ベレグ>ベレグ(バランの孫)]]
-[[ボロミア>ボロミア(ボロンの息子)]]
-[[ブレゴール]]
-[[バラヒア(ブレゴールの息子)]]
-[[ベレン(バラヒアの息子)]]
-[[ブレゴラス]]
-[[バラヒア>バラヒア(ブレゴールの息子)]]
-[[ベレン・エアハミオン>ベレン(バラヒアの息子)]]
-[[バラグンド]]
-[[ベレグンド]]
-[[エメルディア]]
-[[モルウェン(バラグンドの娘)]]
-[[モルウェン・エレズウェン>モルウェン(バラグンドの娘)]]
-[[リーアン]]

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)


トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS