* サムワイズ・ギャムジー [#s8361073]
** 概要 [#yce5ea1c]

|~カテゴリー|人名|
|~スペル|Samwise Gamgee|
|~その他の呼び名|サム(Sam)|
|~種族|ホビット|
|~性別|男|
|~生没年|[[ホビット庄暦]]1380~不明(第四紀61年((ホビット庄暦1484年))に中つ国を去る)|
|~親|[[ハムファースト・ギャムジー]](父)、[[子善家のベル]](母)|
|~兄弟|[[ハムソン・ギャムジー]](兄)、[[ハルフレッド・ギャムジー]](兄)、[[ディジー・ギャムジー]](姉)、[[メイ・ギャムジー]](姉)、[[マリゴールド・ギャムジー]](妹)|
|~配偶者|[[ローズ・コトン]]([[第三紀]]3020年5月1日)|
|~子|[[エラノール]]、[[フロド>フロド・ギャムジー]]、[[ローズ>ローズ・ギャムジー]]、[[メリー>メリー・ギャムジー]]、[[ピピン>ピピン・ギャムジー]]、[[&ruby(ゴルディロックス){金捲毛};>金捲毛]]、[[ハムファースト>ハムファースト・ギャムジー(サムワイズの息子)]]、[[ディジー>ディジー・ギャムジー]]、[[プリムローズ>プリムローズ・ギャムジー]]、[[ビルボ>ビルボ・ギャムジー]]、[[ルビー>ルビー・ギャムジー]]、[[ロビン>ロビン・ギャムジー]]、[[トルマン>トルマン・ギャムジー]]|

** 解説 [#v93656d8]

サムワイズは[[西方語]]のバンジール(薄馬鹿、単純の意)の訳語。[[ギャムジー]]家の人間で、愛称サム。[[指輪の仲間]]の一人の[[ホビット]]。[[ハムファースト・ギャムジー]]と[[子善家のベル]]の息子。兄と姉に[[ハムソン・ギャムジー]]、[[ハルフレッド・ギャムジー]]、[[ディジー・ギャムジー]]、[[メイ・ギャムジー]]が、妹に[[マリゴールド・ギャムジー]]がいる。
父親の代からバギンズ家に働く庭師のため、[[フロド>フロド・バギンズ]]を「旦那(Master)」と呼んで敬愛する。[[フロド>フロド・バギンズ]]が[[ビルボ>ビルボ・バギンズ]]のように突然どこかに消えてしまわないかと心配して[[フロド>フロド・バギンズ]]のことを見守っていた。そして[[ピピン>ペレグリン・トゥック]]、[[メリー>メリアドク・ブランディバック]]と共に[[フロドの旅]]について行くことになる。
[[ビルボ>ビルボ・バギンズ]]から[[龍]]や[[エルフ]]などに関する色々な伝承を聞き、読み書きもそうして憶える。特に[[エルフ]]に対して大きな憧れを抱き、[[エルフ]]に出会うことが[[サム]]の旅の目的の一つになった。
[[指輪戦争]]後に[[袋小路屋敷]]を継ぐ。[[ローズ・コトン]]と結婚し、[[エラノール]]、[[フロド>フロド・ギャムジー]]、[[ローズ>ローズ・ギャムジー]]、[[メリー>メリー・ギャムジー]]、[[ピピン>ピピン・ギャムジー]]、[[&ruby(ゴルディロックス){金捲毛};>金捲毛]]、[[ハムファースト>ハムファースト・ギャムジー(サムワイズの息子)]]、[[ディジー>ディジー・ギャムジー]]、[[プリムローズ>プリムローズ・ギャムジー]]、[[ビルボ>ビルボ・ギャムジー]]、[[ルビー>ルビー・ギャムジー]]、[[ロビン>ロビン・ギャムジー]]、[[トルマン>トルマン・ギャムジー]]の父親となった。ローズ夫人が他界すると長女の[[エラノール]]に見送られ、最後の[[指輪所持者]]として西方に去ったという。

『[[或る伝記]]』によると彼のモデルは、第一次大戦の時将校だった[[トールキン>ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]に付いていた従卒の兵士ということである。
[[指輪物語]]後半では[[シェロブ]]を[[フロド>フロド・バギンズ]]の[[つらぬき丸]]で刺し倒す。
 [[フロド>フロド・バギンズ]]より12歳の年少。[[メリー>メリアドク・ブランディバック]]より2歳、[[ピピン>ペレグリン・トゥック]]より10歳の年長。
 [[エラノール]]は彼の41歳の、トルマンは62歳の時の子供で、西に去ったときには102歳。

*** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#md1f8677]

|~俳優|[[ショーン・アスティン]]|
|~日本語吹き替え|[[谷田真吾]]|

** コメント [#v5d8c06e]

- 映画版のモリア炭坑での戦闘シーンで、フライパンを武器に闘う彼が素敵。 -- みか
- ↑すみません、モリア「鉱道」、せめて「坑道」と言って。「炭坑」ではドワーフの逆鱗に触れます(笑) -- A3
- 物語は彼によって締めくくられる。ある意味「指輪物語」の真の主人公。 -- はげ夫
- 私も指輪物語を読み終わった後は「サムこそが主人公だったんだ!!」と感動に打ち震えました。というか王の帰還の後半は絶対に彼が主役になっていた話だと思う。そういう話であることに、感動した!!
- モリアでの戦闘シーン、フライパンで戦うサムの台詞は字幕版より吹き替え版の方が好きです。小説では、サムに何度も泣かされました。サムのフロドへの思いの中に「指輪物語」のテーマを感じました。 -- いちみ
- 親愛なるサムワイズ、きみの東北弁が好きだぁ。香り草入り兎肉シチュー私にも作ってくれー。 -- みーこ
- 彼は中つ国におけるトールキンの移し身だったんではないだろうか。 -- Ken-G
- 系図を見ていると、彼の世代以降に急に地主階級と付き合いだしている。ホビットの歴史上有数の出世頭とも言えるかもしれない。 -- カイト
- よく勘違いされるが、サムの話してる言葉は東北弁ではなく百姓言葉である。
- 映画のサムは袋小路屋敷を相続してないっぽい。
- 映画『王の帰還』の滅びの山でフロドを担ぐシーンの「指輪の重荷は負えなくても貴方は背負えます!」にはいつも泣かされます。
サム良い人。。。 -- al
- 7回連続して庄長を勤めたのは、サムが最初で最後ではなかろうか。 -- エグゼクター

#comment


トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS