* ケレブリアン [#hd98da85]
** 概要 [#y0d7106e]

|~カテゴリー|人名|
|~スペル|Celebrían|
|~異訳|ケレブリーアン|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[エルフ]]|
|~性別|女|
|~生没年||
|~親|[[ケレボルン]](父)、[[ガラドリエル]](母)|
|~兄弟|なし|
|~配偶者|[[エルロンド]]|
|~子|[[エルラダン]]、[[エルロヒア]](息子)、[[アルウェン]](娘)|

** 解説 [#h6e9097a]

名は[[シンダール語]]で「銀の姫」の意。[[ケレボルン]]と[[ガラドリエル]]の一人娘。[[エルロンド]]の妻。[[エルラダン]]、[[エルロヒア]]、[[アルウェン]]の母。
アラゴルンが所持している[[緑の石]]の元所持者。ケレブリアンは緑の石をガラドリエルより与えられ、その後アルウェンに譲っている。

ケレブリアンの生年は明確ではないが、[[第二紀]]1350年ごろ、[[ガラドリエル]]が[[エレギオン]]から[[ロスローリエン]]へ訪れた際、共に赴き、その際[[エルロンド]]に一目惚れされて、[[第三紀]]109年に[[エルロンド]]と結婚したと『[[終わらざりし物語]]』に記されている。

しかしケレブリアンは第三紀2509年[[ロスローリエン]]への旅の途中、[[霧ふり山脈]]の[[赤角山道>カラズラス]]で[[オーク]]に捕らえられて拷問を受ける(その際[[オーク]]は[[ケレブリアン]]に口にも出来ぬあらゆる拷問を行い、[[エルフ]]に関する情報を聞き出すことに成功した)。

幸い、[[エルラダン]]、[[エルロヒア]]によって救出され、[[エルロンド]]によって肉体の傷は癒されたが、[[中つ国]]で生きる喜びを失い、夫のエルロンドより一足早く[[西方>アマン]]に去った(別の説ではオークの毒の傷を受けて、それを癒すために西方に渡ったとなっている)。

この事件をきっかけに、[[エルラダン]]、[[エルロヒア]]は[[オーク]]に復讐のための戦いを挑み続けるようになった。

** コメント [#f15fa14f]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)

トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS